« 関西百名山・最北端、素晴らしい眺めの「依遅ヶ尾山ハイク」 | トップページ | 秋の風情いっぱいだが汗だくで10月の「三草山ハイク」 »

日本晴れ!「西寺山・とんがり山ハイク」に再チャレンジ

  Dsc07964

日本晴れとなった9月25日水曜日、近くの篠山市今田町の「西寺山・とんがり山ハイク」に出かけた。半年前にも「とんがり山」から「西寺山」を歩いたが、「西寺山」からの下山路で迷い、悪戦苦闘して何とか無事下山できた因縁の山だ。

その後、山仲間Mさんがコースにリボンを付けてわかりやすくしたとの話もあり、まだ「とんがり山」に登った事のないM子さんに同行願って再チャレンジした。

P9250120

【8:30】「四斗谷公民館」の駐車場をお借りする。

Dsc07935

駐車場からは澄み切った青空の下、左手にこれから登る「西寺山」が見える。

Dsc07933

右手には「とんがり山」が見える。 

P9250123

【8:40】出発準備を整え、スタートする。

39efe6a0cedc435cb0cce04352f039ae

今回のコースは前回と逆回りに

四斗谷公民館→井根口池→西寺山→峠→とんがり山→四斗谷公民館

と時計周りに一周した。青線が今回のコースです。

活動距離 約7km

P9250124

道端に白い彼岸花が可憐に咲いていた。

Dsc07939

【8:48】井根口池に立ち寄り、「とんがり山」の雄姿を眺める。ここからの眺めはいつ見ても最高だ。

P9250126

【8:54】さらに下り、道に面したお墓の横から登山道に入る。(前回とは違う場所だ。)

P9250131

Mさんが付けてくれた白いリボンを頼りに歩を進める。

P9250134

沢沿いに荒れ山道をテープを確認しながら進む。かつては良く整備されたコースであったことが伺える。

P9250147

【9:47】沢沿いから斜面に移り、厳しい上り坂を登って支稜に出る。

P9250158

支稜に出ても登りはきつい。眺めもなし、蜘蛛の巣と戦い、テープを頼りに登る。汗が噴出す。

P9250164

【10:30】スタートから1時間50分、標高646m「西寺山」山頂に到着する。周囲は木々に囲まれ、展望無く三角点がポツンと立つのみだ。

P9250171

「とんがり山」に向かってスタートする。テープを頼りにアップダウンを繰り返しながら進む。展望無く、蜘蛛の巣、枝、倒木と悪戦苦闘は相変わらずだ。

P9250176

【11:30】四斗谷から黒石に抜ける峠に到着し、一休み。

P9250187

「白髪岳」に連なる尾根との分岐に着く。

P9250191

「とんがり山」山頂手前の岩場を登る。唯一の難所だ。

P9250192

もう一息!ガンバロー!

Dsc07953

【12:24】「西寺山」から2時間弱で標高620m「とんがり山」山頂に到着する。

Dsc07946

「とんがり山」山頂からは素晴らしい眺望が開けた。西側に見える「西光寺山」。

Dsc07949

東北東方向には峰が続き、その先に見えるのは「白髪岳」「松尾山」だ。

Dsc07951

南東方向には「和田寺山」から三田の山々を望む。

Dsc07957

山頂で弁当を食べ、栗入りの美味しいデザートを今日もいただく。

P9250201

【13:13】のんびり50分ほど休憩を取り、出発点の「四斗谷」に向かって下山スタートする。

P9250207

半年前より、表参道も倒木、枝、倒木などが散乱し、荒れていて歩きずらい。

P9250213

【13:42】妙見宮跡に到着する。

P9250216

このコースはホント快適に歩く場所なく、枝木が散乱し、終始、荒れていた。

Dsc07958

麓に下りた「妙見宮」前を通過する。

Dsc07961

【13:56】「薬師堂」横の登山口に着く。

Dsc07963

右手に「西寺山」を眺めながら駐車場を目指す。

Dsc07967

長閑な田園が広がる「四斗谷」を進む。

Dsc07970

名物、黒豆も大きく育ってきた。枝豆の解禁日も近いかな?

Dsc07973

【14:02】スタート地点の四斗谷公民館駐車場に戻る。

好天に恵まれ、前回の反省を生かし、Mさんのリボンにも助けられ、スムーズに5時間20分ほどで下山出来た。前回逆コースだが6時間45分もかかっている。昼休みを50分も取った上で1時間半も短縮だ。

このコースは「とんがり山」山頂からの展望は素晴らしいが、それ以外はコースは荒れに荒れており、危険個所はほとんど無いものの快適に歩ける所も殆ど無く、標識も全く無い!お薦めできるコースとは言えないなぁ!?

« 関西百名山・最北端、素晴らしい眺めの「依遅ヶ尾山ハイク」 | トップページ | 秋の風情いっぱいだが汗だくで10月の「三草山ハイク」 »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 関西百名山・最北端、素晴らしい眺めの「依遅ヶ尾山ハイク」 | トップページ | 秋の風情いっぱいだが汗だくで10月の「三草山ハイク」 »

最近のトラックバック