« 2020年も「三草山初日の出ハイク」でスタート! | トップページ | 迫力満点!!変化に富んだ「鎌倉峡・百丈岩ハイク: »

2020年 山の会初ハイクは「羽束山」

P1050307

2020年、年が明けて早くも5日だ。相野駅山の会 初ハイクに出かけた。心配された天候は何とか大丈夫そうだ。

今年の初ハイクは「羽束山」、三田市内ではクジラのようなシンボリックな山容で人気の山だ。

P1050301

【10:23】三田駅北口に10時に集合し、10時10分発東部行阪急バスを「香下バス停」で下車する。バスは我々以外は乗客ゼロだ。1~2時間に1本しかないバスがこのような状況だとバス会社も大変だな!?

P1050303

【10:26】出発準備を整え、スタートする。

2

今日のコースは

香下バス停→香下寺→六丁峠→甚五郎山→六丁峠→羽束山→宰相ヶ岳分岐→木器→岡村酒造場

活動距離 4.6km、高低差(上り)353m、(下り)375m

コースタイム 約2時間半

P1050308

県道から標識に従って左折する。

P1050311

早くも菜の花が咲いていた。春近し!なら良いのだが!?

P1050314

【10:40】「香下寺」駐車場に着き、新メンバー2人あり、自己紹介中心に朝礼を実施。

P1050317

【10:45】登山口をスタートする。

P1050323

良く整備された登山道を進む。

P1050329

【11:03】登山道は元参道か?古い丁石が並び、地蔵が立つ「六丁峠」に着き、ひと休みし、衣類調整をする。

P1050334

【11:12】標高430m「甚五郎山」に立ち寄る。「羽束三山」の一座だ。

P1050337

【11:20】「六丁峠」に戻り、「羽束山」山頂に向かう。

P1050342

引き続き、良く整備された登山道を進む。

P1050346

【11:35】山頂手前の分岐に着き、左折する。

P1050351

【11:37】山頂に建つ「羽束神社」に着き、まずは参拝!

「羽束山」は標高524m、「ふるさと兵庫100山」にも選定される三田市人気の山だ。

P1050355

展望台に行って見る。

P1050357

三田の街が見渡せるのだが、曇ってきて雪が舞い始め、見通しは効かない。

P1050358

新年会に出ず、来た道を下山するメンバーもいることから、昼食タイムとする。

P1050360

観音堂に立ち寄る。

Dsc08658

観音堂前で皆さん揃って記念写真。今日の参加は男性14名、女性9名の23名です。新メンバー2人、2回目も2人、久しぶりのメンバーもいて大賑わいです!!

P1050361

【12:09】女性4名は来た道を香下に下山し、残り19名は木器に向け、観音堂向かって左手の下山路をスタートする。

P1050363

上りルートと違い、木器への下山ルートは荒れている。落ち葉を踏みしめ慎重に進む。

P1050368

【12:23】「宰相ヶ岳」に通じる峠に着き、木器方向に右折する。

P1050373

峠からの下山路は倒木多く、悪戦苦闘で下山進める。

P1050375

【12:48】また雪?霰?霙?が激しくなる中、林道に出る。

P1050378

ここまで来れば一安心だ。快調に下山進める。

P1050381

木器の住宅地を抜け、「羽束山」をバックに「羽束川」堤防を進む。

P1050383

【13:19】岡村酒造場に着く。

P1050385

長い歴史を感じさせる建物が並ぶ。

P1050394

「岡村酒造場」の歴史を聞き、「千鳥正宗」など清酒の説明を聞き、第二部お待ちかねの試飲会です。

P1050401

【14:00】ほろ酔い気分で第三部会場「木器亭(こおずきてい)」に到着する。

P1050405

第三部「新年会」、O先輩の乾杯の音頭でさあ!スタートです。

4時過ぎ終了し、送迎バスで三田駅まで送ってもらい、4時半過ぎに解散!!

天候はイマイチだったが、新年ハイクも無事終了し、試飲会、新年会も盛り上がり皆さん喜んでもらえたかな?新しいメンバーも増えて「相野駅山の会」もますます活性化しそう!今年も元気に登りましょう!!

« 2020年も「三草山初日の出ハイク」でスタート! | トップページ | 迫力満点!!変化に富んだ「鎌倉峡・百丈岩ハイク: »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

相野駅山の会」カテゴリの記事

ふるさと兵庫100山」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございました。
事前準備やコースガイド、新年会の手配それに
タイムリーなwebサイトの更新に多謝感動です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020年も「三草山初日の出ハイク」でスタート! | トップページ | 迫力満点!!変化に富んだ「鎌倉峡・百丈岩ハイク: »

最近のトラックバック