« 初夏のような日射しを浴びて「千苅水源池」を歩く。 | トップページ | 荒れた裏参道を登って西国番外札所「花山院」 »

春の到来を感じて!3月の「三草山ハイク」

P3120070

春到来を感じさせる好天の中、学生時代の友人M君と3ヶ月に一度そして私にとっては3月月例「三草山ハイク」に山仲間を集い出かけた。

Photo_20200313184401

コースは 

三草登山口→三草コース→三草山→鹿野コース→朝光寺コース→朝光寺→車道→鹿野登山口→鹿野コース→昭和池畔→三草登山口

活動距離 約10km、累計高低差 約530m、コースタイム 約4時間

P3120059

【10:00】三草登山口に集合する。平日とは思えないほど駐車場はいっぱいだ。

P3120060

【10:09】三草山山頂に向けスタートする。

P3120064

桜?こんな所にあったっけ!?早咲種か?ソメイヨシノではないが見事に満開だ!

P3120067

【10:19】分岐を三草コースに進む。

P3120073

ミツバツツジも咲き始めた!待ちに待った春到来だ!

P3120075

【10:34】中間点手前のベンチで衣服調整のため一休み!暑い!

P3120078

【10:43】中間点を越え、山頂が見えてきた。

P3120079

三草山5回目となるM君だが以前より間違いなく上りに強くなったなぁ!

P3120084

【11:02】残り400mポイントを通過する。

P3120087

【11:11】標高423.9m「三草山」山頂に到着する。

P3120107

今日のメンバー6人揃って記念の一枚です。

P3120098

平日とは思えないほど山頂も賑やかだ。ニューコロナウィルス感染防止のため学校は休校になっているが好天に誘われて子供連れが多い!一番安全なのはやはり山登りかな!?

P3120092

今年のスタンプ帳も早くも3つ埋まりました。

P3120103

山頂のアセビは早くも満開だ!

P3120114

チョウも舞いだした。ヒオドシチョウか!?

P3120111

北東方向を見れば「西光寺山」の右手に先日登ったお椀をかぶせたような「御嶽山」(清水寺)が良く見える。

P3120116

【11:58】昼食を取り、45分ほど休み鹿野コースへ下山スタートする。

P3120119

【12:03】鹿野コースへ直進する。

P3120121

【12:19】朝光寺へ左折する。

P3120129

【12:36】眼下に朝光寺が見えてきた。

P3120141

【12:53】朝光寺前の広場に下山する。

P3120142

朝光寺境内に入る。

P3120150

いつも静かな境内だ。国宝の「朝光寺」本堂。

飛鳥時代に法道上人が創建し当時は下山途中に通った権現山にあったそうだ。この本堂は室町時代の建立。

P3120145

こんな石像もあり!花山院の文字が?

P3120152

山門を出て、つくばねの滝に向かう。

P3120158

いつもより水量の多い「つくばねの滝」

P3120166

「鹿野登山口」に向かうルートは舗装路を避けて地図上にある破線ルートを探すが見つからず断念!

P3120172

諦めて鹿野川に沿って舗装路を進む。

P3120175

続いて実線の裏道を進むとこの道は大丈夫そうだ。

P3120181

【14:05】「鹿野登山口」に到着する。

P3120184

鹿野コースを山頂に向け再スタートする。

P3120190

【14:12】山頂に向かう鹿野コースと昭和池畔を通り三草登山口に向かう分岐を左折し昭和池に向かう。

P3120196

【14:22】昭和池畔に着き、左ルートから駐車場に向かう。

P3120198

昭和池畔を進む。

P3120201

歩いてきた三草山を望む。水量は先月よりは少し増えたようだ。

P3120208

【14:38】スタートから4時間で出発点の三草登山口駐車場に戻る。

三草山には多くのコースがあるがその中では最長ルートになる。天候にも恵まれて春の日射しをいっぱい浴びて快適なハイクを楽しむことができた。

P3120212

帰り道、三田駅前で喉を潤し、散会する。

« 初夏のような日射しを浴びて「千苅水源池」を歩く。 | トップページ | 荒れた裏参道を登って西国番外札所「花山院」 »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

ふるさと兵庫100山」カテゴリの記事

三草山ハイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初夏のような日射しを浴びて「千苅水源池」を歩く。 | トップページ | 荒れた裏参道を登って西国番外札所「花山院」 »

最近のトラックバック