« 三田里山山歩「火燈山から穴口山、城山を彷徨う!」 | トップページ | 西坂から初めて登る西国第25番札所「清水寺」 »

冬から春へ!渡渉繰り返し「雲取山ハイク」を満喫

P3060026  

いつもの山仲間で関西百名山・京都北山の「雲取山」に向かった。昨年11月にも計画し、花背の登山口に集合したのだが、雨ひどく断念!リベンジハイクとなった。最近のYAMAP情報を見ると積雪は無く、春山ハイクと思ったのだが、今シーズン最後の寒波か?積雪多く冬から春への季節の移ろいを感じるハイクとなった。

P3060001

【9:15】相野駅に7時15分に集合し、篠山からデカンショ街道を走り、園部に抜けて、峠を越えて花背に向かう。高速道は使わずずっと一般道を走ってちょうど2時間で花背高原の駐車場に到着する。

道に積雪は無いが、路肩には雪が残り、周囲の山々は雪化粧にビックリ!昨日の荒れた天気はこちらに積雪となったようだ。

Photo_20200307203401

今日のコースは

花背高原駐車場→寺山峠→一ノ谷出合→左回りに→雲取峠→北峰(ピストン往復)→雲取山→立命大WV小屋→一ノ谷、二ノ谷出合→一ノ谷出合→→寺山峠→花背高原駐車場

活動距離 約7.4km、累計標高差 620m

P3060005

【9:51】京都市内を抜けてきたメンバーを待ってスタートする。

P3060009

花背スキー場跡横を通過する。昔は雪が良く降ったのだろうな?

P3060014

【10:07】雪がうっすら積もる登山道に入る。

P3060017

小さな沢沿いに緩やかな上り坂を進む。

P3060031

日が射すと美しい光景が広がる?

P3060033

【10:28】寺山峠に着き、衣服調整をして一休み。

P3060036

寺山峠は京都市の左京区と右京区の区界のようだ。

P3060042

北山杉の中を「一ノ谷」に向け下る。

P3060047

【10:40】「一ノ谷出合」に着き、右折する。

P3060051

渡渉が始まる。この後、何度繰り返すことになるか!?

P3060057

「雲取山荘」前を通過する。

P3060058

「令和新道」と真新しい道標に沿って進む。令和になって出来た道と言う事か?

P3060074

新設のため踏み跡は無く、コースを新雪が覆い良くわからない!兎か鹿か?動物が先導してくれるのみだ。

P3060080

慎重に!渡渉の連続だ!

P3060086

前方が開けてきた!峠はもうすぐだ!

P3060087

しかし雪の吹き溜まりとなっていて積雪は30cmはありそうだ。ラッセルになってきた。

P3060091

【11:08】「雲取峠」に到着する。

P3060094

メンバーも続々と到着!

P3060098

「雲取山」に向かう前に北峰を目指すことにする。

P3060107

【11:17】「雲取山北峰」に到着する。

P3060115

山頂からは北東方向の展望が素晴らしく比良山系の「武奈ヶ岳」「蓬莱山」などが雪を被り、美しい。

11530

メンバー6人揃って記念の一枚。

P3060114

南側には樹木越しにこれから向かう「雲取山」山頂が見える。

P3060121

一旦、峠まで戻り、巻き道を「雲取山」に向かうが倒木が多く、乗り越え進む。

P3060125

斜面の巻き道を進むが積雪多く、コース分かりづらく、滑りやすく慎重に歩を進める。

P3060129

【11:42】アイゼンを取り付ける事に!

P3060135

やはりアイゼンの効果は大きい!最後の上りを進む。

P3060139

【12:00】標高911m「雲取山」山頂に到着する。

11533

皆さん揃って再び記念の一枚。久しぶりの関西百名山で65座目となった。

時間はちょうどお昼だが、山頂は北風強く、寒い!昼食は少し下ってからにしようと早々に下山スタートする。

P3060145

「雲取山」山頂は豊かな自然林に囲まれ、残念ながら展望は良くない。

P3060154

北斜面とは違い、南斜面は積雪量少なく、道ははっきりしているが、ドロドロでアイゼン付けては歩きづらい。

P3060159

きれいな山小屋が見えてきた。

P3060183

【12:23】立命館大ワンダーフォーゲル部の山小屋に到着する。

P3060167

山小屋周辺の全景だ。

P3060169

日当たり良く、風も無く暖かいので小屋前を借りて昼食を取る。

P3060187

天気予報通り、晴れてきて周囲はすっかり春の雰囲気だ。

P3060193

【13:03】40分ほどゆっくり休み、アイゼン外して下山スタートする。

P3060197

二ノ谷を渡渉を繰り返しながら進む。

P3060204

【13:18】一ノ谷、二ノ谷出合に着き、一ノ谷い沿って左折する。

P3060211

一日の内に冬から春へ季節は移ったようだ。春の日射しを浴びて、ひたすら渡渉を繰り返す。

P3060217

【13:52】往路で右折した「一ノ谷出合」に合流する。ここからは往路と同じ道を引き返す。

P3060223

【14:00】「寺山峠」に着く。

P3060230

春の日射しを浴びてスギ林を下る。

P3060233

すっかり雪解けした林道を青空の下進む。

P3060241

【14:26】出発から約4時間半で花背高原の駐車場に戻る。

思いもかけず雪山を満喫でき、後半は春の日射しを浴びて雪解けハイクとなった。北側から入り、南側に下ると言った反時計回りも天候回復に連動した良い選択であった!渡渉の回数は過去記憶にないほど多く、記憶に残る「雲取山ハイク」となった。

しかし、雪が無ければ展望は北峰以外は良くなく、林の中をひたすら渡渉するだけの単調なコースかもしれない。

« 三田里山山歩「火燈山から穴口山、城山を彷徨う!」 | トップページ | 西坂から初めて登る西国第25番札所「清水寺」 »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

関西百名山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三田里山山歩「火燈山から穴口山、城山を彷徨う!」 | トップページ | 西坂から初めて登る西国第25番札所「清水寺」 »

最近のトラックバック