« 春の到来を感じて!3月の「三草山ハイク」 | トップページ | 三田里山山歩「ミツマタ求めて摂丹国境の愛宕山」 »

荒れた裏参道を登って西国番外札所「花山院」

P3150180

新型コロナウィルス問題で次々と予定は中止、スポーツジムも営業休止となり、天気の良い日は山登りの日々が続く。先日の西国二十五番札所「清水寺」同様に番外札所「花山院」にも裏参道があるとの話を聞き、山仲間を誘って早速向かった。

P3150075

【9:45】「花山院」参道下の駐車場に集合し、駐車場代500円を支払う。

Photo_20200315214401

今日のコースは

花山院参道下駐車場→裏参道→花山院→菩提山山頂→花山院→表参道→十二妃の墓→花山院参道下駐車場

活動距離 約4km、累計高低差 約300m

P3150077

【9:52】表参道を左に見て、県道を200mほど戻り、左折する。

P3150080

舗装道を進む。

P3150082

尼寺の集落へ東に進む。

P3150083

集落内に入り、石垣沿いに参道を目指す。

P3150085

裏参道に入る。

P3150087

再び舗装道に出て、ため池横を進む。

P3150092

予想外に良く整備されている。

P3150095

【10:07】村の鎮守様か?境内はきれいに掃き清められている。

P3150101

神社を過ぎると道は一変!荒れてはいるが道は確認できる。

P3150103

脇道多く、テープを頼りに進む。

P3150107

往時の参道の面影を残す頭の欠けた石像が残る。

P3150111

徐々に勾配は急になり、倒木も増えてきた。

P3150114

ミツバツツジも咲き始めたようだ。

P3150117

【10:40】スタートから50分ほどで「花山院」境内端のトイレ裏に出た。

P3150118

薬師堂、本堂の屋根が見えた。しかし、この道を封鎖するように木が植えられている。現在、「花山院」としては活用されていない現状が良くわかる。間をすり抜け中に入る。

P3150121

境内に入り、山頂を目指すがまたゲートがあり、すり抜け進む。

P3150129   

西国三十三ヶ所札所の名前が書かれた石仏が並ぶ。一般の参拝者が見れないのは勿体ない!

P3150143  

朽ちたベンチが二つ残り、昔は眺めの良い休憩所だったようだ。

P3150134

【10:50】標高421.3m、四等三角点のある山頂に着く。「菩提山」と書かれたプレートが置かれている。この山は「菩提山」と言う名前?山号は「東光山」だし、「阿弥陀ヶ峰」とも聞く?

P3150136

山名プレート持って今日のメンバー3人揃って記念の一枚。

P3150138

周囲は木々に囲まれ、展望は無い。

P3150140

アセビの花も咲き始めている。

P3150147

山頂を後にして、元広場まで戻ると真っすぐに境内に入れそうな踏み跡あり、下ってみよう!

P3150150

下っていくと北側の展望が良い場所に出た。正面に「千丈寺山」が良く見える。

P3150154

「花山院」裏の倉庫のような場所に出た。

P3150163

表に回ると南側に「有馬富士」が美しく見えてきた。

P3150168

右手、西側には「千丈寺湖」が良く見える。

P3150171

第一駐車場に出た。

P3150175

【11:18】「花山院」山門を入る。

P3150177

手水所で手を洗う。

P3150184

静かな境内に入る。こじんまりとしているがいつ来ても清浄な雰囲気が漂う良いお寺だ。

P3150186

花山法皇殿の札がかかる本堂を参拝。

花山法皇が隠棲し、西国霊場として再興したお寺だ。コロナ問題あるが遠方からの参拝客も多いようだ。

P3150187

展望所からは南側の展望が良い。

P3150194

花山法皇御廟所

P3150197

昼食は外に出て日当たりの良い第二駐車場で取ることにする。

P3150173

門を出るとすぐに八丁の丁石が残っていた。表参道の距離は約900mとの事なので合致するが、こちらに八丁の丁石があると言う事は昔は下山路だったのか?

P3150199

【11:36】第二駐車場の隅を借りて昼食とする。

P3150202

いつもどおりM子さんの美味しい手作りケーキをいただく。

P3150207

【12:10】急勾配の自動車路、表参道を下山スタートする。

P3150214

【12:20】花山法皇を慕う女官たちが麓の尼寺の村に庵を結び、法皇の心を癒すためにこの坂を上り、このあたりから琴の音色を聞かせた事から「琴弾坂」の名が残る。

P3150222

往時を偲ばす石像や丁石が残る。

P3150226

M子さんが発見!何故こんな場所に?自然?故意?

P3150231

尼寺の天満神社前を進む。

P3150235

【12:33】あっという間に表参道入口に下山する。

P3150239

【12:36】少し下った所にある「十二妃の墓」に立ち寄る。

P3150241

花山法皇の后「弘徽殿女御」の墓を中心に11人の女官の墓が取り囲む。

P3150245

【12:43】スタートから3時間弱でスタートの駐車場に戻る。

「播州清水寺」に続き、「花山院」の今では荒れて歩く人もいなくなった裏参道を歩くことができた。

表参道は自動車道となり交通量も多く歩行者には安全とは言えない。歩いて上り下りする人も多く、往時の雰囲気を残す裏街道を少し手を入れれば復活できると思うのだが・・・?加えて山頂に至る道も西国札所の石像や眺めの良い休憩場所もあり勿体ない。「花山院」としては現状の境内、参道は塵一つ無く整備が行き届いており、管理エリアを広げる事は手がかかり大変な事はわかるが是非復活願いたいものだ。

« 春の到来を感じて!3月の「三草山ハイク」 | トップページ | 三田里山山歩「ミツマタ求めて摂丹国境の愛宕山」 »

西国三十三ヶ所観音巡り」カテゴリの記事

日帰りハイキング」カテゴリの記事

我が町 三田」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の到来を感じて!3月の「三草山ハイク」 | トップページ | 三田里山山歩「ミツマタ求めて摂丹国境の愛宕山」 »

最近のトラックバック