« 三田里山山歩「ミツマタ求めて摂丹国境の愛宕山」 | トップページ | ツツジ咲き変化に富んだ夢前の播磨富士「明神山」 »

三田里山山歩「高平ナナマツの森から烏ヶ岳を巡る」

P3210002

天気の良い日は今日も山登り!我が家から車を走らせ30分ほど正面に今日の山「烏ヶ岳」が見えてきた。「羽束山」同様に三田市内から良く目立つ山だ。

P3210005

【8:50】上槻瀬のもち処「つくしの里」に車を置かせてもらう。

Photo_20200321200601

今日のコースは

つくしの里←見晴らしの道→烏ヶ岳→金比羅道→水辺の広場→砦跡→妙見山→つくしの里

活動距離 4.3km、累積標高差 約440m、コースタイム 約3時間

P3210010

【8:58】出発準備を整えスタートする。

P3210013

案内に従って「高平ナナマツの森」に向かう。

P3210019

【9:06】バイオトイレあり。

P3210031

【9:08】獣除けネットを入る。

P3210037

【9:11】「ナナマツ窯」現役で活躍中のようだ。

P3210038

標識が良く整備されている。

P3210043

【9:12】入山者数調査のためのカウンター設置されている。「千丈寺山」のてんぐの森の登山口にあった物と同じだ。

P3210046

振り返るとため池の向こうに「大船山」が美しい。

P3210048

「高平ナナマツの森」の入口に着いたようだ。この里山は三田市と森林所有者が協定を結び開放されていると書かれている。

P3210051

案内図があり。平成10年3月とあるので整備されてから22年経過という事。

P3210055

【9:15】あずま屋前を通過する。

P3210062

【9:17】橋を渡る。

P3210070

【9:18】分岐から池に沿って進む。

P3210077

コース以外は立ち入り禁止表示多い。

P3210080

階段が続き、急登となる。

P3210085

ミツバツツジが咲き始めた!春です!

P3210092

階段が続くが、「大船山」がきれいに見えてきた。

P3210101

「三田里山どんぐるくらぶ」の皆さんがコース整備を最近してくれたようで倒木等は処理されていた。ありがとうございます。

P3210107

【9:39】緩やかな尾根道を進む。

P3210127

【9:57】「行者山」山頂か?何かの跡か?

P3210130

【9:59】「水辺広場」からのコースと合流し、「鳥ヶ岳」山頂に向かう。展望所があったはずだが通り過ぎたようだ!

P3210133

「鳥ヶ岳」の鋭い山頂が見えてきた。山頂は近い!

P3210137

【10:05】最後の急坂を上り、標高528m「鳥ヶ岳」山頂に到着する。分岐からの急登はまだボランティアの皆さんのコース整備がまだのようで少し荒れている。

P3210158

山頂には三等三角点があり、あまり広くない広場となっている。

P3210139  

独立峰で展望は良いはずだが、木々が茂り残念ながら良く見えない。

P3210154

山頂にはモチツツジが群生している。もう少しすればピンクの花で覆われる事であろう!?

P3210160

【10:22】15分ほど休み、来た道を下山スタートする。

P3210170

右手に「羽束山」が良く見える。

P3210171

【10:29】分岐まで戻り「水辺広場」方向に左折する。

P3210173

急な階段を下る。

P3210179

続いて落ち葉が堆積し、慎重に下る。

P3210188

【10:44】沢に沿って下り炭焼き窯跡前を通過する。

P3210205

【10:53】「水辺広場」に着く。ベンチが置かれ、静かな良い場所だ。

P3210221

【11:04】広い道を下り、標識に沿って「砦跡、妙見山」に向かう。しかし、登り口分からずしばらくウロウロ!

P3210226

テープを頼りに階段発見!

P3210251

【11:19】「上槻瀬砦跡」に着く。室町時代から戦国時代に砦があったそうだ。

P3210246

堀切や曲輪など説明されてるが良くわからん!

P3210236

周辺はアセビが満開だ。

P3210250

右手を見れば、「烏ヶ岳」が良く見える。

P3210257

【11:28】砦跡を下ると「妙見山」に出た。古い社が建ち、石碑が並ぶ。

P3210260

【11:30】少し戻り、右に進む。

P3210264

【11:37】獣除けネットを出る。

P3210268

【11:41】「つくしの里」上の道路に出る。バックの「大船山」が美しい!

P3210278

のどかな田園地帯を進むと路肩にはタンポポの花でいっぱいだ。

P3210283

【11:46】ほぼ3時間でもち処「つくしの里」に着く。

初めての「高平ナナマツの森」「烏ヶ岳」だったが、荒れている所も一部あったが予想外に良く整備されたコースであった。三田市の里山整備事業で平成10年ころにお金をつぎ込んで整備したのであろう!稀少生物も生育し、これから色々な花も咲くようだ。コロナ問題で市民の行動範囲も制限される中、子供連れなどで利用される事をお勧めする。コースも今回歩いたコースの他ファミリーコースもあり、史跡もあり、変化に富んだ良いコースだ。

P3210289

ちょうどお昼になったのでつくしの里名物「つくしうどん」をいただく。お餅も入りなかなか美味であった。

« 三田里山山歩「ミツマタ求めて摂丹国境の愛宕山」 | トップページ | ツツジ咲き変化に富んだ夢前の播磨富士「明神山」 »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

我が町 三田」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三田里山山歩「ミツマタ求めて摂丹国境の愛宕山」 | トップページ | ツツジ咲き変化に富んだ夢前の播磨富士「明神山」 »

最近のトラックバック