« 西坂から初めて登る西国第25番札所「清水寺」 | トップページ | 春の到来を感じて!3月の「三草山ハイク」 »

初夏のような日射しを浴びて「千苅水源池」を歩く。

P3090096

初夏を思わせるような晴天に恵まれた月曜日、山仲間Uさん熱望の千苅水源池西岸ハイクをM先輩にガイドをお願いして出かけた。

単調な湖岸歩きと思いきや変化に富んだ面白いコースで素晴らしい展望もあり、満足できる充実ハイクとなった。

Photo_20200309230601

今日のコースは

JR道場駅→千苅貯水場→千苅ダム→千苅水源池西岸→普明寺→波豆バス停

活動距離 約10km、累計高低差 上り549m/下り514m

P3090040

【9:00】雲一つない青空の下、JR道場駅前に集合する。

P3090045

【9:11】出発準備を整えスタートし、波豆川沿いを歩く。

P3090048

【9:35】神戸市千苅貯水場に着く。

P3090055

千苅貯水場横を進む。

P3090059

【9:44】千苅ダムに到着する。

P3090063

昨日の雨量は多かったかな?右サイドからも大量に放水されている。以前「大岩岳」に登った時はこの橋を東岸に渡った事を思い出す。

P3090067

どでかい千苅ダムの堰堤は大正8年に竣工とは驚きだ。

P3090074

水源池右岸ルートはそのまま上へ、ゲートを出る。

P3090081

突然の急こう配の山道に驚きながら上る。汗が噴き出す!

P3090107

急坂を上ると眼下には「千苅水源池」の素晴らしい展望が広がる。

P3090103

「千苅水源池」の向こうに見えるのは三田の名峰「羽束山」だ。その右に遠く見えるのは「大船山」。

P3090110

上り坂はまだ続く。

P3090116

【10:14】真新しい道標が立ち、光明寺方向に進む。

P3090122

今度は山越しに「羽束山」が見える。

P3090124

下りに入る。

P3090136

下り終え、落ち葉を踏みしめ進む。

P3090146

【10:36】再び上りになると古い堰堤が現われた。

「近畿自然歩道」となる「千苅水源池西岸ルート」は右折する。「光明寺」へは直進するようだ。

P3090154

近畿自然歩道の標識に沿って平坦な道を進む。

P3090159

【11:13】「千苅カントリー倶楽部」横を進む。ボールを一個発見!

P3090175

自然歩道はこのあたりは一部崩落したのか?テープを頼りに沢を下る。

P3090177

倒木?流木?は撤去されつつあるようだが、一部残り、乗り越え進む。

P3090184

ホッと一息、湖岸に出て進む。

P3090189

【11:45】難所も無事クリアし、良い時間になったので昼食とする。

P3090191

【12:20】35分ほど休み、スタート!

P3090199

緩やかなアップダウンを繰り返しながら暖かい日差しを浴びて気持ち良い。

 

P3090209

湖岸に出た。

P3090214

アセビの群落ではもう満開だ。

P3090225

コースはフラットになり湖岸を快調に進む。

P3090228

【13:08】北岸の集落が見えてきた。奥に見えるのは「烏ヶ岳」か?

P3090247

【13:23】北岸の集落に入る。

P3090249

【13:25】「普明寺」の大きな石碑前に着き、時間も早い事から立ち寄ることにする。

P3090250

【13:32】静かな「普明寺」本堂。

P3090256

「普明寺」近くに残る南北朝時代の「笠塔婆」。宝塚市の指定文化財になっている。

P3090260

他にも見どころ多い。

P3090273

湖岸に戻り進むと「普明寺橋」が見えてきた。バックに見えるのはお馴染み「羽束山」。

P3090277

【13:48】「普明寺橋」を渡る。

P3090280

「羽束山」をバックにメンバー4人揃って記念の一枚。

P3090287

【13:58】県道に出て右折し、今日のゴールとなる「波豆バス停」に到着する。

P3090290

バス停前に3月6日にオープンしたばかりの「CAFE 波豆」で喉を潤し、今日のハイクも終了だ。

コースは「近畿自然歩道」が中心ではあるが、ネット等では歩いている人は少なく、通行止め表示もあり情報が少ない中で下見を重ねて引率していただいたM先輩に深く感謝したい。ホント素晴らしい晴天、素晴らしい展望、変化のあるコースで良く整備された良いコースであった。

« 西坂から初めて登る西国第25番札所「清水寺」 | トップページ | 春の到来を感じて!3月の「三草山ハイク」 »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西坂から初めて登る西国第25番札所「清水寺」 | トップページ | 春の到来を感じて!3月の「三草山ハイク」 »

最近のトラックバック