« 三田里山山歩「美しい山容の飯盛山」 | トップページ | 満開のヒカゲツツジを満喫!見どころ多い「雨石山」 »

三田里山山歩「摂丹国境の海見山から柏野山」

P4110352

明日、明後日と天気は崩れそうとの予報が出ており、ならば運動不足解消のため近場の山に一人で出かけることにした。今日の山は三田市と丹波篠山市の市境にある「海見山(うみみやま)」と「柏野山(かやのさん)」だ。今では市境の山だが昔は摂津と丹波の国境の山と言う事か?初めて登るがヤブ山と聞き、ちょっと不安!?

JR草野駅あたりから東を見ると壁の様に見える山が「海見山」だ。(写真)

P4110183

【9:50】国道176号線を北上し、JR草野駅前を通過する。続いて右手に古森の集落が現われ、神社の先を右折し、舞鶴道の下をくぐり側道の空き地に駐車させてもらう。

舞鶴道の奥に見えるのは「虚空蔵山」から北へ連なる峰々だ。

Photo_20200412102701

今日のコースは

舞鶴道の側道空き地ー林道横尾線―分岐ー地蔵峠―海見山ー地蔵峠ー裏山ノ池ー柏野山ー分岐-林道横尾線ー舞鶴道の側道空き地

距離 約5km、累計高低差 約520m、コースタイム 約3時間

P4110186

【9:54】側道を南にスタートする。

P4110187

【9:56】2分ほど歩くと「篠山市林道 横尾線」の木柱あり。

P4110189

未舗装の林道に入る。

P4110194

林道を進む。

P4110197

【9:59】小さな祠があった。祠の手前に駐車スペースあり、ここまで車で入れそうだ。

P4110203

【10:05】林道を進むと分岐に着く。テープや看板もあり、わかりやすい。

P4110206

案内に従って右折する。

P4110211

少し荒れてはいるが、しっかりとした道で歩行には全く問題ない。

この道は中世では篠山から三田へ抜ける古道のようだ。

P4110214

炭焼窯跡を見つけた。この山が里山であったことが立証できる。

P4110220

谷沿いに山道は進むが徐々に傾斜はきつくなり、ジグザグに上って行く。

P4110221

【10:25】「地蔵峠」に到着。丸太の橋が架かっている。

P4110228

峠は4方向の交差点になっていて案内に従って右に稜線を上る。

P4110234

倒木は所々あるが歩行に問題無く、快適に稜線を上る。傾斜は緩やかになったり、急になったりだ。

P4110238

山頂広場が見えてきた。

P4110240

【10:39】スタートから45分あっけなく標高519m「海見山(うみみやま)」に到着。コースを心配したが、それほど荒れてはおらず、標識もあり、テープ類も多く、全く問題無かった。

P4110249

三等三角点あり。

P4110250

「海見山」と言う名の由来だが、峠から15分と言う立地を見れば北側、丹波からの旅人がここに登り、海を見てほっとひと安心した事からその名が付いたのでは?

しかし。気になるのは本当に海が見えるかだが、周囲は木に覆われ、全く見えない。しかし伐採すれば見えるかな?

P4110244

北西側は木々の間から「白髪岳」「松尾山」が良く見える。

P4110253

【10:50】10分ほどで来た道を下山スタートする。

P4110259

【10:58】あっという間に「地蔵峠」まで戻る。予定は三田市の未踏の山を登る事から「海見山」に登る事だったが、あまりに短時間で登れたので篠山側だが「柏野山」に登ることにした。

P4110262

案内に従って「柏野山」方向に直進し、稜線沿いに上る。

P4110266

傍らにひっそりと佇むお地蔵さんを3体見つけた。旅の安全を祈るお地蔵さんがあることから「地蔵峠」と呼ばれるのであろう。

P4110271

歩きやすい尾根道が続く。

P4110274

歩を進めると前方に「柏野山」が見えてきた。

P4110286

【11:30】「裏山ノ池」に着く。道は池の右岸、左岸と分かれる。どちらでも「柏野山」にも行けるようだが左岸側に多くのテープがあったので左へ進むことにした。

P4110294

しかしコースはわからなくなってきた。Mさんテープと思われるビニール紐を信じて進むことにした。その後見失い、テープ無い尾根を上る。しかしGPSで現在位置は確認でき、それほど不安は無い。

P4110303

広い場所に出た。昔、寺があったと言う古森山の山頂か?テープも現れ、ひと安心だ。

P4110310   

どこが尾根か?山頂か?わからないが、何か?境界石が立つ広い場所に出た。

P4110311

【11:47】ここが標高573m「柏野山(かやのさん)」山頂のようだ。「柏野山」と「栢野山」の2通りの表示があるが「栢野山」が正しいのかな?

P4110314

周囲はヤブに囲まれ、全く眺望は無い。急いで弁当を食べる。

P4110317

【12:00】長居は無用と下山スタートする。

P4110320

西尾根を下山しようと快調に進むが、このテープを見た後、見失う。15分ほど彷徨うがわからない。やむなくGPSを見ながら尾根を下る。踏み跡らしきはあり、危ない道でも無いが、テープが無いのは不安だ。

P4110337

不安な気持ちを満開のコバノミツバツツジが癒してくれる。

P4110330

【12:49】ほっと一息!林道に出た。

P4110334

【12:52】程なく往路上った峠道への分岐を通過する。

P4110338

【12:59】スタートから3時間5分で誰にも会わず、天気予報通り曇ってきたが雨に会うことなく無事に駐車場所に戻る。

「海見山」は全く問題無し!歴史を感じる山だった。しかし、「柏野山」は危険個所は無く、GPSさえ装備していれば大丈夫だとは思うがわかりづらいコースだ。

« 三田里山山歩「美しい山容の飯盛山」 | トップページ | 満開のヒカゲツツジを満喫!見どころ多い「雨石山」 »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

我が町 三田」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三田里山山歩「美しい山容の飯盛山」 | トップページ | 満開のヒカゲツツジを満喫!見どころ多い「雨石山」 »

最近のトラックバック