« 三田里山山歩「快適な尾根歩き!焼山・西鎌倉山」 | トップページ | 三田里山山歩「悪戦苦闘!新緑が美しい向山!」 »

三田里山山歩「晴天の昼ヶ岳から鳥飼山を縦走」

2020_0425_095235aa

緊急事態宣言後は単独・近所・マイカーを前提に好天の下、市内の里山に出かけた。

昭文社発行の三田市地図に山名が記載されている山が26座あるが順に踏破してきて24座、25座目となる「昼ヶ岳」「鳥飼山」を目指した。三田市の東端、波豆川の山で猪名川町との境の山だ。

Photo_20200426093401

今日のコースは

三田アスレチック駐車場→林道→内田池→昼ヶ岳→P554→鳥飼山→高畑峠→三田アスレチック駐車場

距離 7.1km、累計高低差 520m、コースタイム 3時間半

2020_0425_095545aa

【9:50】三田アスレチックの広い駐車場に車を置かせてもらう。

2020_0425_095642aa

【9:56】「昼ヶ岳」に向け、スタートする。

2020_0425_095659aa

「大船山」の登山口は左折するが、そのまま直進だ。

2020_0425_095729aa

登山口横に古い石標があった。左 高平、右は良く読めない。大船山への登山道は高平から東、猪名川町へ抜ける古道だったようだ。

2020_0425_100020aa

集落の中を北上する。前方右手にはこれから歩く「昼ヶ岳」から「鳥飼山」へ連なる峰々が見える。

2020_0425_100503aa

地道となり進むと前方、遠くに「昼ヶ岳」が見えてきた。

P4250095

「マムシグサ」も姿を現した。

2020_0425_102306aa

渓流に沿って進む。勾配は徐々にきつくなる。

2020_0425_103951aa

【10:39】林道を40分余で大きな「内田池」に着く。

2020_0425_104046aa

北側の眺望が開け、遠くに見えるなだらかな山は三田市最高峰「三国ヶ嶽」か?

2020_0425_104218aa

コースを示すテープは見当たらないが「内田池」の右岸に入る。

2020_0425_104540aa

池と水路の中を進む。

2020_0425_105031aa

続いて右に枯れかかった沢を上る。

2020_0425_110112aa

尾根に出て右折する。テープも増えてきた。

2020_0425_110155aa

尾根道は途中巻き道となるが再び尾根道となり「昼ヶ岳」山頂を目指す。コースは明確で迷う心配は無いであろう!

2020_0425_110348aa

【11:03】スタートから1時間余りで標高595m「昼ヶ岳」山頂に着く。

2020_0425_110509aa

山頂は樹林に囲まれているが、南西方向は眺望が開け「大船山」の雄姿が美しい!

2020_0425_110717aa

【11:07】早々に下山スタートする。

2020_0425_111039aa

上り坂と違い、激下りだ。補助ロープが付けられ、慎重に下る。

2020_0425_111752aa

コバノミツバツツジは終わりかけとなってきたが、新緑が美しくなってきた。

2020_0425_111828aa

【11:18】峠に下り、再び上りに入る。

2020_0425_114313aa

次のピーク、昼ヶ岳南峰の下山路を少し西側に間違ったようだ。ストッパーのような鋼線が張られ修正を図る。

P4250185  

少し戻り、東にコース修正し、Mテープ発見!このポイント注意が必要だ。

2020_0425_115601aa

【11:56】3つ目のピーク、P554で昼食とする。

2020_0425_122407aa

【12:24】30分ほど休み、下山スタートする。

2020_0425_123509aa

下って行くと前方に「鳥飼山」の山頂が見えてきた。

2020_0425_124102aa

新緑が美しい。

2020_0425_124116aa

【12:41】鞍部まで下り、「鳥飼山」の上りに差し掛かる。

2020_0425_124744aa

上りに差し掛かると右手に「大船山」が良く見える。

2020_0425_125706aa

山頂手前の岩場を上る。

2020_0425_125921aa

【12:59】標高528m「鳥飼山」山頂に着く。

2020_0425_125904aa

ここも周囲は木々に囲まれているが西側「大船山」が良く見える。馬酔木の新緑とマッチして美しい。

P4250221

大船山の南には「羽束山」「烏ヶ岳」が良く見える。

2020_0425_130544aa

【13:05】下山スタートする。

2020_0425_131450aa

この縦走コースは三田市と猪名川町の境を歩くが、市町村境を示すのか境界石が誘導してくれる。

2020_0425_132547aa

【13:25】「高畑峠」に着く。

2020_0425_132713aa

標識が立つ。

2020_0425_132814aa

ここまで来ると宝塚市最北部との境になるようだ。手書きの珍しい標識だ。

2020_0425_132826aa

ここも昔からの古道のようだ。旅の安全を祈願する峠のお地蔵さんが祀られている。と言う事は高平から東西に繋がる古道であろう!?かつて高平は有馬郡ではなく川辺郡であったと聞く。ならば重要な幹線路かも?

2020_0425_132846aa

「高畑峠」から南には「高畑山」「広照寺山」と連なる。しかし、今日はここまで!

2020_0425_133020aa

林道を「波豆川」に向け下山進める。

2020_0425_134926aa

途中、振り返ると歩いてきた峰々がきれいに見える。

2020_0425_135325aa

【13:53】スタートから4時間弱で「三田アスレチック」駐車場に戻る。

天候に恵まれ、コバノミツバツツジと新緑のコントラストが美しく、大船山の雄大な眺望も素晴らしく、コース整備もされていて、アップダウンも多く変化に富み、思ったより良い縦走コースだった。途中出会ったハイカーはゼロ!こちらは予想通りだ。

これで三田26座も残り「向山」を残すのみとなった。今月中には終えてしまいたい。

« 三田里山山歩「快適な尾根歩き!焼山・西鎌倉山」 | トップページ | 三田里山山歩「悪戦苦闘!新緑が美しい向山!」 »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

我が町 三田」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三田里山山歩「快適な尾根歩き!焼山・西鎌倉山」 | トップページ | 三田里山山歩「悪戦苦闘!新緑が美しい向山!」 »

最近のトラックバック