« カメラ片手に家からお散歩「大川瀬パノラマ道 8km」 | トップページ | 暑い!!夏を思わす6月の「三草山ハイク」 »

三田里山山歩「奥山川渓谷から奥山へ」

P5300142

梅雨入り近いと報じられる中、O先輩のお供をして上本庄の「奥山」に登った。O先輩が属する「三水山の会」の女性3人と「奥山」初めてのAさんと6名グループだ。私の役割は何か不測の事態発生時の用心棒か!?

Photo_20200531085201

今日のコースは

駒宇佐八幡宮駐車場→奥山川渓谷→奥山→鉄塔→駒宇佐八幡宮→駒宇佐八幡宮駐車場

活動距離 5km、累計高低差 約440m、コースタイム 3時間半

P5300127

【9:40】「駒宇佐八幡宮」駐車場に集合し、Oリーダーからコース説明あり。

P5300129

【9:53】前回とは逆にまず「奥山川渓谷」に向かう。

P5300131

「願い地蔵」前を進む。

P5300135  

「奥山川」沿いの登山道を進む。

P5300143

【10:31】眩いばかりの新緑の中、最初の渡渉だ。

P5300149

【10:41】炭焼窯跡が残る。

P5300153

清らかな清流に癒されながら進む。

P5300157

ここ数日は雨が少なく、水量も少なく渡渉も楽だ。

P5300159

へつりを進む。

P5300163

【11:08】「奥山」への登山口に着き、ひと休み。

P5300167

「奥山」への上りに入ると即!激上りだ。

P5300169

激上りが続く。

P5300177

ほっと一息、緩やかな上りとなり、テープを目印に山頂を目指す。

P5300180

【12:01】スタートから2時間強、「奥山川」からは50分ほどで標高580m「奥山」山頂に着く。

周囲はびっしりと木々に囲まれ眺望は全くゼロだ。お昼になったので昼食とする。

P5300182

このコースはこの境界石に沿って進む。毎度思うが何の境界でこの番号は何を示すのか?山頂に立つ35番の境界石。

P5300186

【12:35】30分ほど休み、「駒宇佐八幡宮」に向け下山スタートする。

P5300187

【12:47】「奥山川」から繋がる関電巡視路と合流し、コース整備行き届いた道となる。

P5300189

【12:57】南側の眺めの良い鉄塔に着く。このコースはずっと林の中で暑さはしのげるが、展望は無く唯一ここだけが良い眺めだ。

P5300190

千丈寺山が良く見える。

P5300194

【13:03】一休み後、最後の下りにスタートする。

P5300195

鉄塔からはまた荒れた道となり、テープを頼りに進む。

P5300197

「ギンリョウソウ」を発見!遅い気がするが今頃だっけ?

P5300200

激下りとなる。慎重に歩を進める。

P5300209  

【13:40】ほぼ下り終えた堰堤近くで初めてご夫妻の登山者と出会う。

お話を伺うと宝塚にお住まいで、三田の山を紹介する本を書きたく、調査に来たそうだ。すでに宝塚版は発刊済でその他全国の山紹介は3部発刊されているとの事。三田版作成の協力を約束して別れる。

P5300210

【13:54】「駒宇佐八幡宮」向かって右手奥の登山口に出た。今回で3回目だが最初はここから上り迷い、2度目は左手トイレ下から上った。今回はテープ目印にここに出たが、やはりここが正しい登山口か?

P5300213

「駒宇佐八幡宮」に立ち寄る。

P5300214

安全、健康を祈願する。

P5300215

「駒宇佐八幡宮」鳥居を出る。

P5300217

【14:04】スタートから4時間10分ほどで全員元気に駐車場にゴールする。

このコースは終始林間コースで眺望はほとんど期待できないが、新緑を満喫、暑さを凌げるコースだ。しかし、コース全体的に荒れていて少し手を入れれば間違いなくもっと良いコースに生まれ変われるのだが??

過去2回はまず「奥山」の急登を上りスタートしたが、今回の様にまずは「奥山川」を遡上し体を慣らしてから急坂を上り、最後に「駒宇佐八幡宮」に下山するのが正解であろう!?

« カメラ片手に家からお散歩「大川瀬パノラマ道 8km」 | トップページ | 暑い!!夏を思わす6月の「三草山ハイク」 »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

我が町 三田」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カメラ片手に家からお散歩「大川瀬パノラマ道 8km」 | トップページ | 暑い!!夏を思わす6月の「三草山ハイク」 »

最近のトラックバック