« 満開のアジサイと岩めぐり「大野山」 | トップページ | 雨止んだ!さあ!急いで7月の「三草山ハイク」 »

変化に富んだ多紀連山「岩谷山」「西ヶ嶽」

P6290285

明日からはしばらく梅雨空が続きそうだ。今日は貴重な中休みとなり、山仲間が集い、車を走らせた。

今日の山はお隣の丹波篠山市の多紀連山の主峰「御嶽」の西に連なる「西ヶ嶽」と「岩谷山」。先日登った「盃ヶ岳」との間に連なる山々だ。

車を走らせ登山口に向かうと正面に「岩谷山」が見えてきた。

Photo_20200630082101

今日のコースは

東窟寺→岩屋観音→岩谷山→西ヶ嶽→藤岡ダム

活動距離 7.1km、累計高低差 676m、コースタイム 約4時間半

P6290289

【8:50】下山場所の藤岡ダム駐車場に1台デポし、スタート地点の東窟寺駐車場に着き、車を置かせてもらい出発準備をする。

P6290292

Mリーダーより今日のコース説明。

P6290296

【9:05】「東窟寺」「岩谷観音」に向けスタートする。丹波篠山五十三次とあるが、初めて聞いたがどのようなものなのかな?

P6290299

小さな七福神が並び、えびすさんの像あり。十日戎には賑わうのかな?

P6290301

「東窟寺」には立ち寄らず、登山口に向かう。アジサイが満開だ。

P6290308

良く晴れて湿度も低く気持ち良く、緑が眩い!

P6290313

【9:10】「岩屋観音」から「岩谷山」に向かう登山口となりシカ除けゲートを入る。

P6290320

【9:13】植林帯の中、良く整備された登山道を「観音堂まで400m」ポイントを通過する。

P6290328

【9:20】手水所前を進む。

P6290334

苔むす心地よい参道を軽快に上る。

P6290340

「岩屋観音(観音堂)」が見えてきた。

P6290342

石段を上る。

P6290345

【9:27】「岩屋観音」に着く。ここは「五台山 東窟寺 観音堂」で、大化年間に法道上人が開山した天台宗の古刹だ。三岳の修験道と共に栄えたが明智光秀の丹波攻めで焼失し、現在は麓の本堂と観音堂が残るのみだ。今でも「岩屋の観音さん」と親しまれている。

P6290357

観音堂上の洞窟には開祖「法道上人」の像がひっそりと祀られている。

P6290362

洞窟前から遠く篠山の町が見える。

P6290366

【9:35】「岩谷山」山頂に向けスタートするがコースは一変!道なき道の急坂を上る。

P6290373

急坂でガレ場、その上に落ち葉が堆積し、踏み跡分からず且つ雨上がりと悪条件が重なり滑りやすく歩きづらい!喘ぎながら汗びっしょりでひたすら上る。

P6290376

【9:58】激上り20分ほどで「盃ヶ岳」から連なる「多紀連山」の縦走コースに合流する。

P6290381

【10:01】尾根道を歩くと程なく標高589m「岩谷山(五台山)」山頂に着く。

P6290384

山頂で一休み。周囲は木々に囲まれ、展望は無く、三等三角点があるのみだ。

P6290386

道標に初めて今日の目的地「藤岡ダム」の名前が出てきた。

P6290388

【10:06】「西ヶ嶽」に向け、スタート!下り坂を進む。

P6290396

ここも落ち葉が堆積し、滑りやすい!慎重に急坂を下る。

P6290399

このコースは道標はしっかりと整備されているが歩く人は少ないようで荒れている。

P6290400  

【10:35】古い峠道に出る。

P6290406

アップダウンを繰り返し、縦走路を進む。

P6290414  

【10:59】P546を越え進むが途中のピークからの下山尾根を間違わないように注意が必要だ。倒木を乗り越え進む。

P6290423

【11:25】広々とした鞍部に着き、時間も手ごろなので昼食タイムとする。

P6290426

【11:57】30分ほど休み、スタートする。

P6290427

【12:11】栗柄口からのメインルートに合流。

P6290431

さすがに「西ヶ嶽」へのメインルートだけに良く整備され、階段が続く。

P6290434

【12:17】初めて「西ヶ嶽」の表示が出た。

P6290439

道標左手の眺めの良い岩場から北側の展望が広がる。

P6290442

木の間から「西ヶ嶽」山頂方向が見えてきた。

P6290447

階段もこれだけ続くと疲れる!

P6290453

最後の上りを終え、なだらかな山頂尾根道を進む。

P6290471

【12:44】スタートから3時間40分、「岩谷山」から2時間40分ほどで標高727m「西ヶ嶽」山頂に着く。

「西ヶ嶽」は「御嶽」「小金ヶ嶽」と共に多紀連山を代表する修験道の山だ。私は山の会で登って以来9年ぶりとなる。

P6290460

山頂からは360度の素晴らしい眺望だ。東方向すぐに見えるのは主峰「御嶽」だ。

P6290462

北側の眺望。

P6290468

南側には三田の山々が見える。

P6290455

メンバー6人で記念の一枚。

P6290464

「御嶽」をバックに山頂で出会った女性にシャッターお願いしたが、良く趣旨が伝わっていなかったようで「御嶽」は写っていない。

P6290475

【13:01】来た道を下山スタートする。

P6290477

こんな急な道だったかな?

P6290451

【12:34】道標に従い、尾根道と分かれ藤岡方向に下山する。

P6290484

激下りとなる。下から見上げると階段ははっきりしているが、上からだと落ち葉が堆積し、滑りやすい!慎重に歩を進める。

P6290489

【13:29】急坂を下り、沢を渡る。

P6290493

植林帯の中を下る。

P6290499

【13:36】奥池に着く。

P6290508

P6290512

P6290520

奥池から藤岡ダムに注ぐ藤岡川源流沿いに下る。美しい景観が広がり、滝が疲れを癒してくれる。

P6290522

ホント気持ち良い道が続く。

P6290526

【13:53】登山口のゲートを出る。

P6290529

表には「多紀連山О2の森登山道入口」と書かれている。「ユニトピアささやま」にも同じ入口看板あった事を思い出す。

P6290533

大きく成長したタケニグサを横目にゴールへ急ぐ。

P6290536

【14:00】スタートから5時間弱で藤岡ダム駐車場に到着する。

このコース変化に富んだ面白いコースだった。「西ヶ嶽」山頂からの素晴らしい眺望、「岩屋観音」等の史跡、「藤岡川源流」の美しい滝、メリハリの効いたアップダウンの連続、標識の整備など良いコースだが、問題は歩く人少なく荒れている事だ。

« 満開のアジサイと岩めぐり「大野山」 | トップページ | 雨止んだ!さあ!急いで7月の「三草山ハイク」 »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 満開のアジサイと岩めぐり「大野山」 | トップページ | 雨止んだ!さあ!急いで7月の「三草山ハイク」 »

最近のトラックバック