« 暑い!!夏を思わす6月の「三草山ハイク」 | トップページ | 変化に富む!「筱見四十八滝」から「八ヶ尾山」へ »

爽やかな一日!新緑のブナ林を「百里ヶ岳」

2020_0607_112108aa

梅雨入り前にと山仲間4人で緊急事態宣言解除後初めての県外登山に出かけた。向かった先は比較的登山者が少ないと思われる「百里ヶ岳」。

滋賀県高島市と福井県小浜市の県境の山、昔の言い方をすれば近江と若狭の国境の山、「関西百名山」にも選定されている。

Photo_20200608221701

今日のコースは

小入谷越→百里新道→百里新道分岐→百里ヶ岳→百里新道分岐→高島トレイル→根来坂峠→旧鯖街道→朽木小入谷→小入谷越

活動距離 9.5km、累計高低差 810m、標準コースタイム 約6時間

2020_0607_092901aa

【9:25】小入谷越の駐車場に着く。

ナビでは三田からは名神道経由の方が10分ほど早く、距離も短いが渋滞を避け舞鶴道経由で2時間半ほどかかって到着した。駐車場には6-7台先行車あり、ほぼ満杯だった。

2020_0607_093527aa

すぐ横に「百里新道」の登山口あり。

2020_0607_094554aa

【9:39】出発準備を整え、スタートする。コースの両側にはイワカガミがいっぱい!当然花は終わっている。

2020_0607_095825aa

自然林の美しい樹林帯の中を傾斜に緩急付けながら進む。

2020_0607_101823aa

ブナの大木が現われる。新緑に陽が当たり美しい!

2020_0607_103019aa

湿度低く、爽やかな風が吹き快適に尾根道を進む。

2020_0607_104500aa

【10:45】岩場に出た。

2020_0607_104518aa

岩場に出ると眺望が開け、前方に「百里ヶ岳」がその均整の取れた姿を現した。

2020_0607_105247aa

【10:52】「シチクレ峠」に着く。

2020_0607_110130aa

スギ林となり、陽が入らず寒いくらいだ。

2020_0607_110143aa

【11:01】「百里新道分岐」に着く。ここからは中央分水嶺、高島トレイルの県境稜線を進む。

2020_0607_110759aa

岩場に出ると東側の大展望が広がる。遠く琵琶湖の向こうに「伊吹山」が見える。

2020_0607_111001aa

山頂は近い。

2020_0607_111240aa

冬期の積雪か強風か?稜線上は大きく曲がった木が多い。

2020_0607_111305aa

【11:13】岩場の急登となり、補助ロープが設置されている。

2020_0607_111344aa

もう一息!最後の力を振り絞り上る。

2020_0607_111657aa

快適なブナ林となる。

2020_0607_112232aa

山頂手前、新緑のブナ林を進む。

2020_0607_120307aa   

【11:24】標高931.3m「百里ヶ岳」山頂に着く。

滋賀県高島市と福井県小浜市の県境、近江と若狭の国境の山で「高島トレイル」の中央部にあり「関西百名山」にも選定されている名峰だ。

標準コースタイムは3時間ほどになっていたが歩きやすい道で快適な気候のためか?ほとんど休憩取らずに歩き1時間45分で着いた。

2020_0607_112726aa

山頂には高島トレイル唯一の一等三角点あり。

2020_0607_112801aa

山頂は写真のように日当たりの良い広場となっている。少し早いが木陰に入り昼食とすると半袖ではひんやり寒くなる。

2020_0607_120235aa

「百里ヶ岳」の名前は山頂から百里四方が見渡せる事に由来するそうだが、周囲の木々が茂り、残念ながらあまり良く見えない。

2020_0607_120208aa

あまり花は見れなかったがタニウツギが残っていた。

2020_0607_112643aa

メンバー4人で記念の一枚。

2020_0607_120820aa

【12:10】45分ほどのんびり昼食休憩を取り、来た道、高島トレイルを下山スタートする。

P6070269_20200609223501  

ブナ林を快調に下る。

2020_0607_121731aa

山頂での眺望はイマイチだったので少し下った眺めの良い場所でしばらく撮影タイムとする。

南東方向には「武奈ヶ岳」「蓬莱山」「蛇谷ヶ峰」など比良山系の山々がきれいに見える。

2020_0607_122158aa

東方向に見えるのは「赤坂山」か?遠く琵琶湖が見え、その先に「伊吹山」が見える。

2020_0607_123133aa

【12:31】「百里新道分岐」に戻り、ここからは「根来坂峠」に向け、直進する。

2020_0607_123434aa

中央分水嶺の道、高島トレイルを進む。

A4bcc9d4b985417c88793ce4b8dc94a5

スギ林に入ると異様な光景があちこちで広がる。杉の樹皮が大きく剥がされている。

P6070285

良く見ると荒々しいクマの爪痕が残る。まだ真新しい物が多く恐ろしい光景だ!!

2020_0607_124810aa

再び新緑の中を快調に進む。

2020_0607_125550aa

【12:55】「根来坂峠」に着く。

ここを横断する旧道は京と若狭の小浜を結ぶ古道で「京は遠ても十八里」と言われた最短路で「鯖街道」の一部、家康や秀吉も歩いた道だそうだ。

2020_0607_125656aa

旅の安全を願うお地蔵さんが祀られている。

2020_0607_125923aa

一段高い所にはイワカガミに囲まれ「大乗妙典」と彫られた安全な往来を願う経塚が立つ。

2020_0607_130510aa

高島トレイルと分かれ、鯖街道を下山する。

2020_0607_130735aa

コアジサイの群生地を進む。

2020_0607_131614aa

可愛い花が姿を現す。「コナスビ」

2020_0607_131843aa

眺めの良い道を進む。

2020_0607_133054aa

日当たりの良い場所に出るとコアジサイが咲き始めていた。

2020_0607_133215aa

【13:32】2ヶ所ほどで並行して進む林道に合流する。

2020_0607_134255aa

【13:42】「焼尾地蔵」に着く。

2020_0607_135113aa

再び林道を進む。

2020_0607_133950aa

このコースは今まで見た事が無いほどずっとイワカガミの大群生が続く。

2020_0607_140757aa

【14:07】「鯖街道登山口」に到着。

2020_0607_141150aa

「小入谷」の集落に向け進むと可愛い鮮やかな花を発見!「タツナミソウ」

2020_0607_141606aa

朽木村全体でジキタリスの花が大群生している。茅葺きの民家が残り日本の原風景が広がる中でジキタリスはアンマッチと思ったのは私だけ?

2020_0607_141639aa

ジキタリスの中を進む。

2020_0607_142330aa

【14:23】小入谷を左折し、橋を渡り、「百里新道登山口」に向かう。

2020_0607_143109aa

植林帯の中を進む。

2020_0607_143509aa

【14:35】スタートからほぼ5時間で出発点の「小入谷越」の登山口駐車場に着く。

初めての「百里ヶ岳」だが良く整備され、急勾配や危険個所も少なく、ブナ林など自然豊かで、史跡あり、眺め良い所もあり良いコースだ。イワカガミの花咲く頃に再度是非訪れてみたい。

2020_0607_153033aa

帰り道、「熊川宿」に立ち寄り、焼き鯖寿司を土産に持ち帰る。

関西百名山踏破を目指しているが、コロナ禍で県外移動が制限され、今年ようやく2座目、トータルで67座目となった。地道に進めて行こう!

« 暑い!!夏を思わす6月の「三草山ハイク」 | トップページ | 変化に富む!「筱見四十八滝」から「八ヶ尾山」へ »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

関西百名山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 暑い!!夏を思わす6月の「三草山ハイク」 | トップページ | 変化に富む!「筱見四十八滝」から「八ヶ尾山」へ »

最近のトラックバック