« 歴史に刻まれた合戦の地、素晴らしい眺望「賤ヶ岳」 | トップページ | 「三本峠」から「虚空蔵山」へ!「陶の郷」に下る。 »

厳しい上り続き、見事な紅葉に感激!「七々頭ヶ岳」

Pb060865

続いて「七々頭ヶ岳(ななずがたけ)」に向かう。正面に三角錐の格好良い山容が見えてきた。

251

今日のコースは

上丹生登山口⇔七々頭ヶ岳(往復)

距離 3.8㎞、累計高低差 518m、標準コースタイム 2時間半

Pb060871

【11:02】余呉湖駐車場から20分ほどで上丹生の登山口駐車場に着き、昼食タイムとする。

Pb060873

【11:29】さあ、スタート!丹生川に架かる八田部橋を渡る。

Pb060880

クマ出没注意!の看板が!

Pb060883

【11:31】登山口には「七々頭岳観音参道」の石標が立つ。

Pb060888

見事な紅葉の中、スタートから急な上りとなる。

Pb060892

古い石標立つ。

Pb060897

急坂が続く。

Pb060906

丁石も一部残り、かつて参道であったことを偲ばせる。

Pb060916

見事な紅葉が疲れを癒してくれる。

Pb060929

【12:00】尾根道に出るが、急坂は緩急あるものの続く。

Pb060937

ここにも杉林には獣害から樹皮を守るテープが巻かれている。

Pb060940

Pb060946

紅葉が一段と映えてきた。

Pb060949

落ち葉を踏みしめ進む。

Pb060952

ところどころに倒木もあり、迂回する。

Pb060973

右手には「横山岳」が見える。

Pb060981

Pb060983

ブナが目立ち始める。

Pb060986

【12:38】山頂に立つ「西林寺観音堂」に着く。ここが湖北三十三観音の二十九番札所で古より信仰の山として地域に親しまれてきたようだ。

所要時間は1時間10分ほどでコースタイムより早く着くことができた。

Dsc00777

木々越しに余呉湖、賤ヶ岳、琵琶湖が幻想的に見える。素晴らしい光景だ。

Dsc00792

山頂にはブナの大木が倒れたままとなっている。いつ倒れたものか?

Pb060995

倒木を乗り越え、三角点を見つけた。

Pb060999

三角点横に山頂標識あり。標高693.1m、この山も関西百名山に選定され、71座目の達成となる。

Dsc00794

ここでも皆さん揃って記念の一枚。

Pb061001

山頂の惨状だ。

Pb061009

【13:00】紅葉を堪能しながら来た道を下山スタートする。

Pb061022

天候が回復し、青空が出てきて、紅葉が一段と映える。

Pb061044

【13:46】スムーズに登山口駐車場に戻る。

Pb061058

駐車場から少し歩くと関西百名山でまだ登っていない「横山岳」が良く見える。踏破できるのは来春か?

「七々頭ヶ岳」は厳しい上りが続いたが、予定より早く2時間15分ほどで下山する。青空も出て紅葉はピークで素晴らしく、山頂からの余呉湖や琵琶湖の眺望も神秘的で満足のいくハイクとなった。

« 歴史に刻まれた合戦の地、素晴らしい眺望「賤ヶ岳」 | トップページ | 「三本峠」から「虚空蔵山」へ!「陶の郷」に下る。 »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

関西百名山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歴史に刻まれた合戦の地、素晴らしい眺望「賤ヶ岳」 | トップページ | 「三本峠」から「虚空蔵山」へ!「陶の郷」に下る。 »

最近のトラックバック