« 三田里山山歩「尼ン滝」で氷瀑見て「有馬富士/羽束山」を歩く。 | トップページ | 七曲滝で氷瀑見て感動!裏六甲を周回ハイク »

計画変更し、再び丑待つ「牛松山」へ!

P1111127

3連休最終日、丹波篠山「白髪岳」に登ろうと集合したが、この数日の大寒波の影響で岩場の凍結が懸念され、誰ともなく計画変更となった。向かった先は年末に登った干支の山・丑待つ「牛松山」、危険個所無く、選択は間違いない!山友3人のガイド役となった。

411

コースは前回と全く同じ

和らぎの道公園駐車場→福性寺→石鳥居登山口→金毘羅参道→金刀比羅神社→牛松山山頂→国分登山道→愛宕神社→和らぎの道公園駐車場

距離 6.7㎞、累計高低差 550m、コースタイム 3時間

P1111067

【10:10】国道372号線を走り亀岡市に入り、保津川を渡って国分地区の和らぎの道公園駐車場に着き、出発準備を整える。

三田からは約60㎞、1時間20分ほどだ。

P1111070

【10:18】曇り空の中、北保津の石鳥居登山口に向けスタートし、市街地を進む。

P1111072

【10:31】多くのお地蔵さんが並ぶ。

P1111076

途中左折し、登山口に向かう。

P1111079

【10:42】登山口手前の静かな苔むす「福性寺」に立ち寄る。

P1111084

こじんまりとした寺院だが良く手入れされた庭園が広がる。

P1111087

【10:46】獣除けゲートを入る。

P1111088

ゲートを入り、左手の駐車スペース。4-5台は駐車可能か?

P1111091

【10:47】石の鳥居立つ登山口をスタートする。

P1111096

よく整備された登山道を進む。

P1111097

登山道は山頂手前の金刀比羅神社の参道で一丁(約109m)毎に丁石が続く。

P1111100

文化〇年と刻まれた古い灯篭も並ぶ。

P1111103

【10:59】第二の鳥居が立つ。

P1111114

激上りは無いが緩急を付けながら上り坂が続く。

P1111117

【11:26】九丁を過ぎ、五合目標識あり中間点か?亀岡市街展望と案内あり。

P1111122

木が一部伐採され、亀岡市街が眼下に広がる。サンガスタジアムや亀山城址が良くわかる。

しかし年末は霧深く、この場所は気づかず通過している。

P1111133

【11:43】続いて十四丁ポイントからは京都市街が良く見える。遠くに京都タワーを確認できる。

前回は雲海が見事に広がっていたポイントだ。

P1111147

【12:00】十八丁の丁石と第三の石鳥居に到着!金刀比羅神社の入口に着く。

P1111153

【12:01】金刀比羅神社に着く。

休憩所で昼食と思ったが、先客あり。密は避けて先に進むことにした。

P1111157

金刀比羅神社らしく舟形をした手水処は気温低く、凍っている。

P1111162

【12:08】スタートから1時間50分、登山口から1時間20分ほどでNHKのパラボラアンテナ建つ山頂に着く。雪が残っていてビックリ!眺望は良くない!

P1111164

可愛い雪ダルマあり。いつの雪が残っているのか?

P1111166

【12:09】標高636m「牛松山」アンテナ横の山頂標識だが、年末29日にあった山頂標識が2枚無くなっていて丑年の標識しか残っていない。どこへ行ったのかな?

P1111169

今日のメンバー4人揃って記念の一枚です。

P1111170

【12:15】山頂は雪が残り、冷気が漂う!昼食諦めて下山スタートする。

P1111173

【12:17】100mほど離れた標高629mの三等三角点を通過する。

P1111176

整備は同様に行き届いているが上りコースよりは傾斜は少し急で慎重に歩を進める。また北斜面になるため雪も残り寒く、昼食場所は見つかりそうにない!

P1111179

前回は気づかなかったが北側の展望も広がる。

P1111186

【12:57】あっという間、40分ほどで登山口に着く。

P1111190

【13:02】日が射してきた!「愛宕神社」に着く。

P1111196

元愛宕、愛宕神社全国総本宮と言われる「国府愛宕神社」本殿を参拝する。

P1111204

大きくそびえる御神木!

P1111210

【13:12】愛宕神社を後にする。

P1111215

【13:19】結局、昼食を取ることなくスタート地点の和らぎの道公園駐車場に戻る。

スタートからちょうど3時間、ほぼ前回同様のコースタイムだ。

P1111220

昼食は先日NHKのテレビで紹介されたいう「へき亭」でいただく。江戸時代の日置家の武家屋敷で映画・テレビのロケにも多く使用され、当時の武具も多く残る。

P1111235

料理は残念ながら特記すべきこと無し!

P1111241

昔の街道筋になる「へき亭」の石垣土塀は往時を偲ばせる!

P1111244

帰りにサンガスタジアム内「京都亀岡大河ドラマ館」に立ち寄り、年末にはもらえなかった「登山証明書」をいただく。

Epson002

「牛松山登山証明書」丹波亀山城主 明智光秀は面白い。

P1111242

サンガスタジアム前から丹波富士「牛松山」を眺め、帰路につく。

« 三田里山山歩「尼ン滝」で氷瀑見て「有馬富士/羽束山」を歩く。 | トップページ | 七曲滝で氷瀑見て感動!裏六甲を周回ハイク »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三田里山山歩「尼ン滝」で氷瀑見て「有馬富士/羽束山」を歩く。 | トップページ | 七曲滝で氷瀑見て感動!裏六甲を周回ハイク »

最近のトラックバック