« 青垣「烏帽子山」登山から「セツブンソウ」見学へ | トップページ | 三田里山山歩「小柿から三田市最高峰『三国ヶ嶽』」 »

「金山・馬頭・高畑山」と縦走し「大山宮」へ

20210225_210225

暖かい日が多くなり、YAMAP等の開花情報が多くなった。先日の青垣のセツブンソウに続き、篠山・大山宮のスプリング・エフェメラルも咲きだしたようだ。

ならばと2年ぶりに「金山」に向かった。しかし「金山」に登るだけではあっけないので、「慶佐次盛一」氏の著書で歩かれている金山から馬頭・高畑山と縦走し、花咲く「追手神社」に下山しようという計画だ。

16_20210226142601

今日のコースは

追入登山口→園林寺跡→金山→鬼の架け橋→馬頭→古坂峠→高畑山→追手神社・大山宮→追入登山口

活動距離 7.9km、累積標高 約670m、標準コースタイム 約4時間

P2251166

【8:45】相野駅に8時集合し、下道を走り約40分ほどで「新鐘ヶ坂トンネル」手前の「追入登山口」駐車場に着く。天気は良いが、平日だけに車は少ない。

P2251169

【8:57】歴史を感じる灯篭から登山道に入る。

P2251177

【9:01】「観音堂」前を通過する。

P2251183

良く整備された登山道を進む。

P2251186

標識も良く整備され迷う心配は無い。

P2251188

【9:06】石の鳥居を入る。

P2251192

徐々に傾斜はきつくなる。

P2251198

【9:20】「大山荘」の眺めが良い。

P2251206

【9:25】滝跡に行って見る。

P2251209

【9:29】水が流れていない沢に出て、大きな白い岩壁に出た。ここが滝跡か?かつて「園林寺」の僧の修行場であったようだ。

P2251213

【9:38】「園林寺跡」に着く。明治末期から大正にかけて尼寺として繁栄したようだ。

P2251223

【9:41】元「金山城」の施設内に入る。まずは馬場跡だ。

P2251228

【9:43】三叉路に着き、「金山山頂(金山城址)」に向け、直進する。

P2251236

城址内に入る。

P2251249

【9:54】スタートから1時間弱で山頂、本丸跡に着く。滝跡に寄り道した時間をマイナスすると要した時間は50分弱だ。

城址は昨年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」放送決定に際し、観光客誘致を狙い、「八上城」同様に山頂の樹木は多く伐採されていた。

P2251253

標高540m「金山」山頂に着く。

「金山城」は明智光秀の丹波攻めの際に難攻不落、荻野直正の「黒井城」と波多野秀治の「八上城」を分断するために建てられた城だ。

P2251270

メンバー4人で記念写真を1枚撮る。

P2251262

山頂からは素晴らしい眺めが広がり、黒井城方向、北側の眺めだ。

P2251258

東側「黒頭峰」「夏栗山」「三尾山」などを望む。

P2251264

北西方向、柏原町が見え、丹波の山並みが広がる。

P2251277

山頂にはまだ「麒麟がくる」の幟が片隅に捨てられていた。コロナのためか?駆け足になり、丹波攻めはほとんど紹介されず、「金山城」も出番無しだった!残念!

P2251284

【10:15】続いて山頂直下の「鬼の架け橋」に立ち寄る。

P2251286

岩場上からは丹波市側国道176号線が良く見え、後ろの山は「譲葉山」だ。

P2251305

【10:34】来た道を引き返し、途中GPS、標識を見ながら「馬頭」へのルートを探り、進む。

P2251309 

意外と歩きやすい道が続く。

P2251315

植林帯の中、「馬頭」への上りに差し掛かる。

P2251320

【10:53】四等三角点がある標高501m「馬頭」に着く。

P2251340

篠山市と山南町との境、快適な尾根道を軽くアップダウンしながら進む。

P2251336

アカマツの大きな松ぼっくりが転がる。

P2251344

【11:28】406mのピークに着き、昼食タイムとする。植林帯は日が入らず寒い!

P2251352

昼食を早々に終え、激下りとなる。

P2251357

【12:01】「古坂峠」に着く。篠山から山南町に抜ける古道が通じる。

P2251365

「高畑山」への上りとなり、最後は激上りだ。

P2251367

【12:25】「高畑山」山頂に着く。木は切られ、日当たりの良い広場になっているが眺望は無い。

P2251369

標高461.4m「高畑山」山頂には三等三角点あり。

P2251378

日当たりの良い尾根道ではアセビの花が咲き始めている。

P2251386

植林帯の中、最後の激下りとなる。道はハッキリせず、傾斜を見て歩きやすい所を斜めに下る。

P2251391

【13:00】林道に下山し、古坂池に沿って「追手神社」に向かう。

P2251397

【13:17】「追手神社」に着き、裏から入る。

P2251403

千年モミそびえる境内をスプリング・エフェメラル(春の妖精)求めて散策する。

P2251411 Imgp3557

「ユキワリイチゲ」

Imgp3575 P2251435

丹波篠山市の天然記念物にも指定される「アズマイチゲ」の群落。

Imgp3588

P2251455

「セリバオウレン」

P2251450 P2251449

先日、青垣でも見た「セツブンソウ」はここでもちょうど見ごろだ。

P2251418

「ふきのとう」

P2251414_20210226141301

「リュウキンカ」

Imgp3596

「白梅」

P2251475

【14:17】金山縦走、大山宮のスプリング・エフェメラル散策を終え、ほぼ予定通り駐車場に戻る。

天候にも恵まれ、大山宮の山野草も咲き始め、今日も大満足の一日だった。

« 青垣「烏帽子山」登山から「セツブンソウ」見学へ | トップページ | 三田里山山歩「小柿から三田市最高峰『三国ヶ嶽』」 »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

ふるさと兵庫100山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 青垣「烏帽子山」登山から「セツブンソウ」見学へ | トップページ | 三田里山山歩「小柿から三田市最高峰『三国ヶ嶽』」 »

最近のトラックバック