« 春近し!暖かく快晴!2月の「三草山ハイク」 | トップページ | 春を求めて、南あわじ「諭鶴羽山」に登る。 »

播磨最大の山城「置塩城跡(城山)」に登る。

P2071275

神戸新聞で「播磨最大の山城、魅力知って 登城者に御城印配布-置塩城跡を継承する会」と言う記事を見つけた。次回配布は2月7日!「置塩城」聞いた事無いが記事を読むと面白そうなので歴史、お城大好き山友に声をかけ、さっそく出かけた。

61

今日のコースは

置塩城跡登山口駐車場→城山(置塩城跡)→置塩城跡登山口駐車場

活動距離 2.4㎞、累計高低差 336m、標準コースタイム 1時間半

P2071176

【9:20】三田から中国道夢前SICを出て50分ほどで「置塩城跡登山口」の夢前川河川敷の駐車場に着くと、我々と同じような人たちの車でいっぱい!姫路市夢前町、姫路の中心からは北へ10㎞ほどの場所だ。

P2071179

【9:27】「置塩城跡登山口」をスタートする。

P2071185

【9:29】獣除けゲートを入る。

P2071189

立派な道標が整備されている。

P2071190

丁石も並ぶ。

P2071206

良く整備された登山道だが九十九折に急坂が続く。

P2071210

【9:45】眺めの良い九丁の休憩所を通過する。

P2071212

汗かき急坂を上る。

P2071217

【9:51】炭焼窯跡を通過する。

P2071218

自然林が続き、木の名前が紹介されている。

P2071220

【9:54】十四丁を通過!一丁は109mのはずだが、ここの一丁は短い気がするが・・・?

P2071235

【10:02】石垣が残る十八丁に着く。ここからは「置塩城跡」に入ったようだ。

P2071245

【10:06】ガイドの方に追いつき、案内図に基づき全体概要の説明を受ける。

「置塩城跡」は15世紀後半から16世紀後半にかけて100年ほど播磨地方を統治した赤松氏の中心的な居城で東西600m、南北400mと播磨最大の規模を誇る山城だそうだ。

正式には1469年に築城され、1577年秀吉の播磨攻めで降伏し。1580年に廃城となった。偶然だが今日は大河ドラマ「麒麟がくる」の最終回だが本能寺の変は1582年、その2年前と言う事か?

P2071248

所々に崩れかけた石垣が残る城跡を巡る。

P2071254

まずは「三の丸跡」確かに広い!!

P2071257

「三の丸跡」で歴史大好きメンバー4人で記念の一枚。

P2071266

続いて「二の丸跡」。ここが中心で標高349m「城山」となるようで杉林となっているがここも広大なスペースが広がる。

P2071279

続いて「本丸跡」に向かう。

P2071296

【10:34】「本丸跡」に着く。ここが最高点370mか?

P2071280

密を避け、時間をずらして上ってきたが、「本丸跡」は密だ。

P2071293

配布されていた「御城印」だが、予想外の参加者で我々は後日送ってもらうことになった。

P2071291

合わせて配布された「置塩城跡案内図」とスタンプ帳。

P2071285

少し曇ってきたが、北側には「明神山」の格好良い山容が良くわかる。

P2071297

南側には夢前川の流れが美しいが、その先播磨灘までは見えなかった。

P2071294

「置塩城跡を継承する会」は若いメンバーで頑張っておられるが、村上会長と記念に一枚!

P2071317

【10:58】山城跡にも過去多く登ったが、確かに広い!1時間近く散策し、来た道を下山スタートする。

P2071324

【11:26】30分ほどで登山口の獣除けゲートを出る。

P2071353

時間も早いので、駐車場前のトイレが整備された「櫃蔵(ひつくら)神社」を参拝する。

P2071349

境内には梅の花が咲く。

P2071339

高さ30m、幹の太さ6.6mの大いちょうです。メンバー2人わかりますか?

P2071358

車で10分足らず「夢乃そば」で昼食とする。

P2071360

「冷やし鬼おろしかき揚げそば」をいただく。美味!!

今日の予定はこれで終了!少し歩き足りない気もするが、広大な山城で姫路と言えば平城は「姫路城」、山城は「置塩城」と言われるようにしたいと頑張る「置塩城跡を継承する会」の皆さんの熱意も伝わった良いハイクであった。

赤松氏の居城三ヶ所が国の史跡に指定されているそうだ。その三城は「置塩城」と上郡町の「白旗城」、相生市の「感状山城」だそうだ。偶然ではあるが「ふるさと兵庫100山」を踏破した際にそれぞれ「白旗山」「三濃山」に登っている。これで三城とも登った事になった。ナンバー1は間違いなく「置塩城跡」!

« 春近し!暖かく快晴!2月の「三草山ハイク」 | トップページ | 春を求めて、南あわじ「諭鶴羽山」に登る。 »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春近し!暖かく快晴!2月の「三草山ハイク」 | トップページ | 春を求めて、南あわじ「諭鶴羽山」に登る。 »

最近のトラックバック