« 絶景広がる西脇市「矢筈山」に登る。 | トップページ | 山の会、活動再開初ハイクは南尾根から「百丈岩」 »

手乗りのヤマガラに癒されて「通宝寺山」

Dsc01620

手乗りのヤマガラを体験したいとのFさんの要望に応えて、ヤマッパー・チュンさんの素晴らしい写真に癒されていた「ゆめさきの森公園」に行って見ることにした。先月、御城印をもらいに登った「置塩城跡」とは夢前川を挟んで対岸に位置する。

20_20210312120801

今日のコースは 野鳥観察前に公園内をと全山縦走コース(Hコース)を歩いた。

ゆめさきの森公園駐車場→通宝寺池→池見展望台→通宝寺山→小坪山→弥勒寺→ゆめさきの森公園駐車場

距離 6.5km、累計高低差 530m、標準コースタイム 約4時間

P3111166

【9:30】中国道夢前スマートICを出て約10分、三田を出てからはちょうど1時間ほどで姫路市夢前町の「県立ゆめさきの森公園駐車場」に着く。

トイレもあり、広い駐車場です。

P3111175

【9:41】出発準備を整え、公園内をスタートする。

P3111179

紅梅も満開です。

P3111192

【9:52】「通宝寺池」畔を進む。

P3111193

スミレの花も咲きだした。

P3111200

良く整備された道が続く。

P3111224

「スギの道」植林帯の中を九十九折りに上る。

P3111220

あちこちにヤブツバキの花が咲く。

P3111230

【10:25】「見晴らしの道」尾根道に出て進む。

P3111238

階段を上る。

P3111240

【10:29】池見展望台に着く。

P3111245

眼下には「通宝寺池」が見え、東方向の展望が広がる。

P3111261

アップダウンを繰り返しながら「見晴らしの道」を進む。

P3111275

シキミの花も咲きだした。春です!

P3111282

良く整備されている=階段が多い!か?

P3111285

前方にまた小山が見えてきた。

P3111289

良く見ると長い階段が続く。

P3111293

黙々と階段を上る。

P3111298

眺望が良くなってきた。北側に格好良い「明神山」が見える!

P3111304

アセビの花も咲き、春を感じて進む。

P3111311 

【11:06】岩場に出ると山の上ではあまり見られない立派な手すりが設置されている。過去に何か事故でもあったのかな?

P3111321

古い石仏が三体並ぶ。この岩場はかつては修験道か?

P3111325

手摺に沿って進むと357mピークが見えてきた。

P3111336

コバノミツバツツジも咲き始めている。

P3111340

南側の素晴らしい眺望が広がり、遠く播磨灘から家島か?島も見える。

P3111356

またも階段です。

P3111359

【11:18】標高357m山頂に着くとベンチなど休憩施設が整備された広場になっていた。

P3111361

南側の眺望が広がり、縦走路の中で最高標高地点であることを説明する看板が立つ。

P3111362

少し早いが眺望良く、日当たりも良く、ベンチも整備されているので昼食とする。

P3111369

【11:45】「通宝寺山」に向けスタートする。

P3111375

【11:53】標高319m、四等三角点のある「通宝寺山」山頂に着く。眺望良くなく、山頂標識も見当たらない。

P3111390

このコースは「ラクダの背道」と名付けられているようだ。最初はどういう意味?と思ったがすぐわかった。

211

この断面図を見れば一目瞭然だ。ラクダのコブがいくつあるのか?アップダウンが続く事が由来のようだ。

P3111392

陽光を浴びて進む。

P3111405

南東方向の眺望が広がる。夢前川を挟んで対面する山は「置塩城跡」の「城山」だ。

P3111414

【12:33】標高275m「小坪山」山頂に着く。ここにも山頂標識は見当たらず、三等三角点がある。

P3111424

下山路に入り、古墳に立ち寄る。

P3111423

【12:45】詳細は分からないが古墳に着く。何か説明板が欲しい。

P3111429

下り坂を快調に進む。

P3111433

この道は「古墳の道」と名付けられている。

P3111442

縦走路を振り返る。手摺の付けられた岩場がはっきりと分かる。

P3111455

【13:03】獣除けゲートを出る。

P3111465

長閑な田園地帯を「ゆめさきの森公園」に向かう。

P3111467

菜の花も満開!!

P3111482

【13:13】書写山円教寺の奥の院と呼ばれる「通宝山弥勒寺」を参拝する。

P3111487

国の重要文化財にも指定される本堂

書写山開基の性空上人が隠棲され草庵を営まれたのが始まりとされ、花山法皇ゆかりの寺で小さいがとても雰囲気のあるお寺だ。

P3111507

奥には日本一の布袋さんがあり、その前でメンバー4人揃って記念写真を一枚撮る。

P3111512

【13:25】スタートから3時間45分「ゆめさきの森公園」に戻る。

第一部の登山の部はここで終了とする。第二部の野鳥観察が主で、第一部の登山は公園内を散策程度に思っていたが天候に恵まれ、眺め良く、よく整備され、300m前後の低山だがアップダウンが多くなかなか歯ごたえのある面白いコースであった。

P3111523

第二部スタート!再び「ゆめさきの森公園」に戻る。

Dsc01610

Dsc01616

皆さんカメラ構えてバードウオッチングです。

Dsc01793

ヒマワリの種を掌に暫くすると次々に可愛いヤマガラがやってきます。

Dsc01683

ヤマガラも順番待ちです。

Dsc01834

Dsc01632

Dsc01796

ヒマワリの種を一枚もらうと去っていきます。

Dsc01788

Fさんもカメラ構えて大満足の表情です。

Dsc01968

Dsc01977

Dsc01981

続いて「ユキワリイチゲ」を観察です。

P3111522

【14:09】第二部も終了し、皆さん大満足で駐車場に戻り、充実のスケジュールも終了です。

« 絶景広がる西脇市「矢筈山」に登る。 | トップページ | 山の会、活動再開初ハイクは南尾根から「百丈岩」 »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 絶景広がる西脇市「矢筈山」に登る。 | トップページ | 山の会、活動再開初ハイクは南尾根から「百丈岩」 »

最近のトラックバック