« 三田里山山歩「満開の桜の下、奥山川渓谷を歩く」 | トップページ | 古墳巡り、花を愛でる新緑の「三草山」 »

ヒカゲツツジを求めて「五大山」「鷹取山」を縦走

Dsc02224

毎年この時期になるとヒカゲツツジを見たくなる。「向山」や「鋸山」には何度か行き、昨年は「雨石山」に登った。後どこか無いかと思っていたら山友から丹波市「五大山」の提案あり。

「五台山」には2度ほど登ったが、その南にある「五大山」には登った事が無く、良し!と行って見た。

38_20210412205201

今日のコースは

丹波うぐいすの森自然公園駐車場→五大山→愛宕山→美和峠→鷹取山→駐車場

距離 6.2㎞、累計高低差 約700m、標準コースタイム 約4時間

P4111167

舞鶴道・春日ICを出て、登山口に向かうと前方にこれから向かう稜線が見えてきた。右端の格好良い山は氷上槍「鷹取山」か!?

P4111171

【9:30】春日ICを出て10分ほどで「丹波うぐいすの森自然公園」駐車場に着く。

トイレは公園の先にある「キャンプリゾート 森のひととき」管理棟を借りる。

P4111184

【9:45】出発準備を整えて標識に従って「五大山」に向かう。

P4111194

立派な石標があるが公園はあまり整備されていないようだ。

P4111198

【9:49】獣除け?それとも工事現場管理用?ゲートを入る。

P4111205

丹波市市島町では2014年夏の大水害のつめ跡がまだ残り、護岸工事が続けられている。

P4111219

大水害のためか工事のためか登山道は寸断されていてわからない!ピンクのテープを頼りにしばらく登山道を探す。

P4111233

ほっとひと安心!手間取ったが向かって左側に登山道見つけて植林帯の中を進む。

P4111241

【10:43】尾根道に出て「白毫寺」からのルートと合流する。

P4111243

コバノミツバツツジ咲く尾根道を進む。

P4111255

平坦部は束の間で上りに差し掛かる。

P4111276

ミヤマシキミの花か?

P4111283

アセビも新芽が出てきている。

P4111284

眺望が開けてきた。「鷹取山」とその左手奥に「五台山」が見える。

P4111286

アップダウンを繰り返し尾根を上る。

P4111298

【11:19】ヒカゲツツジが姿を現した。

P4111307

心配されたヒカゲツツジだが満開は過ぎているが何とか間に合ったようだ。

Img_1573

【11:32】ヒカゲツツジの前で一枚撮ってもらう。

P4111335

クリーム色のつつじ形状の花だがここの花は何だか小ぶりの気がする?

P4111337

【11:34】ヒカゲツツジ=岩場が多くなってきた。危険個所にはこのような掲示がある。

Dsc02203_20210413073201

【11:44】アップダウンを繰り返し標高569m「五大山」山頂に着く。

Dsc02250

山頂には「白毫寺三角点」がある。

Dsc02205

南から東にかけては「黒井城」への縦走コースが見え、遠くには「多紀連山」が良く見える。今日は空気が澄んで眺めが良い!

Dsc02245 P4111359

青空に良く映える。

Dsc02230

コバノミツバツツジもまだまだ満開だ。

Dsc02248

山頂で昼食を取り、メンバー4人揃って記念写真を撮る。

P4111369

【12:26】40分ほど休み「愛宕山」に向けてスタートする。

P4111394

岩場の厳しい下りになってきた。

P4111401

氷上町の眺望が広がる。

P4111405

ヒカゲツツジは「五大山」の前後このあたりまで見れる。

P4111407

【12:44】20分足らずで「愛宕山」に着く。

P4111411

山頂には小さな「愛宕神社」の社が建つ。

P4111413

岩場の上に京都「愛宕山」の遥拝所もある。

P4111415

この縦走路は「分水界の径」で「五台山」まで続く。

P4111423

可愛らしいアセビの道となった。

P4111427P4111430

【13:01】長い厳しい下りとなる。半端な下りではない!万が一足を滑らせば命の保障が無さそうで足が竦むような激下りだ。滅多にお目にかかれないレベルで慎重に下る。

P4111435

【13:16】厳しい下りを終え「烏帽子山」との分岐に着き、「鷹取山」に進む。

P4111439

ほっと一息快適な尾根道を進む。

P4111446

【13:26】「美和峠」に着く。4年前山の会で「五台山」から「鷹取山」を経由してここから「独鈷の滝」に下ったことを思い出す。これで2回に分けてだが「五台山」から「五大山」まで縦走完成だ。

P4111450

しかし市島町側への登山道はまだ復旧されていないようで通行止めのテープが張られている。

P4111466

「鷹取山」への上りを進む。

P4111480

【13:50】標高566m「鷹取山」山頂に着く。その山容から「氷上槍」と呼ばれているようだ。

Dsc02264

山頂からは素晴らしい眺望が広がる。

Dsc02260

北東側近くに見えるのはふるさと兵庫100山の一つ「親不知」です。

Dsc02258

北側の眺望です。遠くに霞んで「青葉山」の双耳峰が見える。

Dsc02257

南東側の眺望です。三嶽など多紀連山の峰々が美しい!

P4111486

【14:01】案内に従って「森のひととき 下山口分岐」へ下山スタートする。

P4111490_20210413150801

またも急な下りだが「愛宕山」の下りよりはずっとマシだ。

P4111498

【14:09】「森のひととき」への下山道に右折する。

P4111501

【14:14】関電鉄塔に出る。

P4111505

関電巡視路を下る。

P4111513

アップダウンを繰り返しながら上った稜線が良く見える。

P4111516

植林帯の中を下る。

P4111519

沢に出た。まだまだ倒木が多く驚く。

P4111523

今年初のマムシグサ

P4111528

これも今年初めてのキランソウ

P4111532

【14:45】ここは堰堤工事が終わっている。

P4111537

【14:52】「キャンプリゾート 森のリゾート」の園内を進む。

P4111540

「丹波高原アルペンルート」と呼ばれているのか?このコースは通行可能なのかな?

P4111544

【14:59】スタートで少し戸惑ったが5時間15分で「丹波うぐいすの森自然公園駐車場」に戻る。

予想外のアップダウンの多いコースで歩行距離や累計高低差の割には疲れる一日であったがヒカゲツツジも何とか間に合い、良しとしよう!?

P4111549

「森のひととき」管理棟でソフトクリームをいただく。

P4111557

続いてワラビ採りを楽しんで終了です。

« 三田里山山歩「満開の桜の下、奥山川渓谷を歩く」 | トップページ | 古墳巡り、花を愛でる新緑の「三草山」 »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三田里山山歩「満開の桜の下、奥山川渓谷を歩く」 | トップページ | 古墳巡り、花を愛でる新緑の「三草山」 »

最近のトラックバック