« イワカガミ咲く春の「長老ヶ岳」を歩く | トップページ | 三田里山山歩「久しぶりの表参道・虚空蔵山」 »

「布見ヶ岳」「布見竜王山」「天狗松」と周回ハイク

Dsc00318

今日も良い天気!どこか近くの山に登ろうか?

奥山で出会った宝塚在住のGさんが書かれた「宝塚の山と道」に掲載され気になっていた宝塚市西谷の「布見ヶ岳」「布見竜王山」「天狗松」を周回する山レポを見つけ、早速行ってみることにした。

46_20210423224301

今日のコースは

西谷の森公園第一駐車場→西の谷↓布見ヶ岳→小さな祠→戸山湿地→布見竜王山→天狗松→展望台→駐車場

距離 6.6km、累計高低差 530m、標準コースタイム 3時間半

P4231166

【9:00】我が家から30分ほどで県立西谷の森公園第一駐車場に着く。

P4231176

【9:07】西の谷農舎に向けスタートする。

Dsc00006

【9:18】広い西の谷駐車場まで来ると「西の谷農舎」が見える。

Dsc00274

西谷の森公園案内マップでコースを確認。中央に尾根、左右に谷がありいろいろなコースが作られている。

P4231188

多くの野鳥が生息するようだ。

P4231191

【9:21】このトーテムポールを見て上ってしまった!

Dsc00010

良く整備された登山道を進むと前方に「布見ヶ岳」が見えてきた!しかしYAMAPを見ると間違いに気づき、急いで引き返す。

P4231210

【9:36】左の農道を進まねばならなかった。10分ほどロスした。

P4231215

獣除けゲートを二ヶ所通る。

P4231221

踏み跡、テープを頼りに上る。

P4231228

【9:51】尾根に出る。

P4231230

尾根に着くと手製のコース案内図が貼り付けてあった。ありがとうございます。

P4231237

案内に従い、尾根道を進む。

P4231246

【10:03】標高366.2m「布見ヶ岳(ふみがたけ)」に着く。残念ながら眺望無し!三角点あり!

Dsc00020

少し進むと木越しではあるが「羽束山」が見え、「千苅水源池」も微かに見える。少し木を伐採してくれれば最高の眺望だろうな?

P4231259

地図とテープを睨めっこしながら進む。

Dsc00027

【10:18】尾根道を分岐の先まで直進し、ネットに載っていた祠まで行って見た。

P4231265

コバノミツバツツジは終わり、モチツツジが咲き始めている。

Dsc00040

【10:31】公園内に戻り、「戸山湿地」に入る。残念ながら花は見れなかったが、夏になるとサギソウが見れるとか!?

P4231286

この可愛い花は何だっけ?

P4231293

【10:46】公園内に入ると標識が整備されている。標識に沿って左折する。

P4231308

小川に沿ってよく整備されたコースを進む。

P4231318

【11:03】「布見竜王山」への道は「公園管理区域外」の標識あり。

P4231321

管理区域外になると又も踏み跡とテープ頼りになる。

Dsc00068

ガマズミも満開です。

Dsc00079

【11:10】「布見竜王山」山頂には古い小さな社が建ち、保護する屋根が付けられている。何か歴史的遺産なのか?

P4231330

「布見竜王山」標高367.8mの山頂標識あり。

Dsc00075_20210423234101

古い灯篭に「文化15年」と刻まれていた。調べると文化15年とは江戸時代1818年で伊能忠敬が亡くなった年だった。と言う事は200年以上経過している。どういういわれの社か?

P4231343

続いて地図とテープを頼りに「天狗松」を目指す。

Dsc00084

再び「羽束山」が姿を現す。どこからでも目立つ山だ。

P4231346

【11:33】広場になった「天狗松」山頂に着く。

P4231348

標高339.7m「天狗松」の山頂標識。三等三角点あり。ここでひと休み菓子パンを食べる。

P4231369

【12:13】公園内に戻り、展望所を目指して進んだがあまりに良く整備された道で確認せずに行き過ぎた。見上げるとはるか高くに展望台が見え、再び間違いに気づき、急いで引き返す。

P4231375

【12:21】またも10分ほどロスして展望台に到着する。

P4231382

鯉のぼりが付けられた展望台に上る。

Dsc00128

公園管理区域外の3座の山頂からは眺望が無かったが、展望台からは360度の素晴らしい眺望が広がる。

北側には先ほどの「天狗松」の左手に「大船山」が見える。

Dsc00144

西側には手前左が「布見ヶ岳」その右が「布見竜王山」が見え、その右に「羽束山」、小さく「有馬富士」が見えた。

Dsc00155

南に見えるのは「大岩岳」

Dsc00168

南東には「古宝山」が見え、その奥の大きな山容は「大峰山」だ。

P4231385

【12:30】展望台で猪名川町から来られた男性に出会う。月に数度はここに来られるとか?見どころを教えてもらい一緒に下山する。

Dsc00227

春は新緑、秋は紅葉が素晴らしいそうだ。

Dsc00238

一番の名所「馬の背」

P4231398

良く整備された道を下る。

Dsc00247

【12:40】峠の東屋に着く。

Dsc00256

【12:49】「保予谷池」まで来るとゴールは近い。

P4231401

【12:51】東の谷管理棟に着く。

P4231405

管理棟入口のウサギのモニュメントもマスク着用(笑)

P4231412

【13:00】スタートから4時間弱で第一駐車場に戻る。

公園管理区域外と区域内ではつながった山とは思えないほど整備状況が違う。「布見ヶ岳」山頂から少しでも「千苅水源池」「羽束山」が見える場所があれば良いのだが?絶好の場所にあるだけに残念だ。区域外はヤブ山を展望も無く地図とテープと踏み跡確認しながらアップダウンを繰り返しているだけで花もあまり無かった。しかし公園内は展望所、馬の背など見どころ多い。

コロナ禍での山の会行事を考え、最近広い駐車場やトイレのある県立公園と周囲の山に多く登っているが低山だが知らない山が多い。ここも三田からほど近く候補の一つかな?

Dsc00339

帰り道、「波豆八幡神社」に立ち寄り「千苅水源池」対岸から「布見ヶ岳」を望む。

« イワカガミ咲く春の「長老ヶ岳」を歩く | トップページ | 三田里山山歩「久しぶりの表参道・虚空蔵山」 »

日帰りハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イワカガミ咲く春の「長老ヶ岳」を歩く | トップページ | 三田里山山歩「久しぶりの表参道・虚空蔵山」 »

最近のトラックバック