« 「関西百名山」活動再開は北近江「金糞岳」 | トップページ | 暑さを考慮して朝早く8月の「三草山」 »

滝と花と急登!湖北の名山「横山岳」

P7241453

2日目、今日の山は湖北の名山「横山岳」。滋賀県一番の急登と言われ、真夏のこの時期には涼しい時間に上ってしまおうと5時過ぎにホテルをチェックアウトして車を走らせた。正面に「横山岳」の雄大な双耳峰が見えてきた。

Photo_20210726090201 Photo_20210726090202

今日のコースは

網谷(白谷)登山口→経の滝→五銚子の滝→横山岳→東峰→東尾根コース→林道(東尾根)登山口→網谷林道→網谷(白谷)登山口

P7241456

【5:40】良く整備された「網谷(白谷)登山口」駐車場に着く。さすがに先着の車は無く一番乗りだ!

P7241470

良く整備された登山口を探索してみた。休憩小屋が建ち、トイレも清掃が行き届いている。

P7241463

この裏がトイレとなっていて「横山岳」を紹介する説明板が並ぶ。元々は山岳信仰の霊場であったそうだ!

P7241472

見やすい登山道案内図を確認する。右下にある地元「杉野山の会」の皆さんが整備されている。

P7241475

【5:58】出発準備を整えて「本流コース」をスタートする。

P7241481

林道を進む。

P7241490

【6:13】山道となり白谷本流に沿って進む。

P7241492

【6:16】いよいよ徒渉のスタートです。何回徒渉したか?沢幅の広いところは橋が架かっている。

P7241502

最近雨は降っていないと思うが意外と水量は多い。

P7241515

「シデシャジン」

P7241517

「ドクダミ」

P7241534

「シオン」

P7241542

「ツユクサ」

P7241544

花の時期では無いが可愛い可憐な花がいろいろと咲いている。「オオダイコンソウ」

P7241520

【6:32】小さな滝が現れる。

P7241537

深い谷を上っていく。

P7241546

【6:41】林道に出る。

P7241548

左に林道を少し歩く。

P7241551

【6:43】案内に従って登山道に入る。

P7241559

美しい沢を徒渉繰り返しながら上る。

P7241565

【6:51】橋を渡る。

P7241571

大きな滝が見えてきた。

P7241580

慎重に渡る。

P7241587 P7241589

【6:57】高さ17m「経の滝」に着く。山岳霊場であった「横山神社」はこの上「五銚子の滝」との間にあったそうだが、経の書写にあたり僧がこの滝で身を清めたためにこの名が付いたそうだ。

P7241602

滝の左に急坂を遠巻きして上る。

P7241607

引き続き深い谷を上る。

P7241609

可愛い花が疲れを癒やしてくれる。「ハクサンフウロ」

P7241611

徒渉が続く。

P7241616

振り返ると山々の向こうに琵琶湖が見えてきた。

P7241622

谷幅が狭くなってきた。

P7241629

変わった花だが何というのかなと聞くと「クサギ」と言うそうだ。

P7241640

踏み跡はしっかりあり、迷う事は無い。

P7241643

補助ロープも設置されている。

P7241652

クガイソウ

P7241660Dsc03122

【7:37】スタートから1時間40分ほどで順調に「五銚子の滝」に着く。このコースを代表する滝だ!高さは約21mあり、神社に捧げるお神酒の銚子を清めたことからその名が付き、5つの滝に分かれているために「五銚子の滝」となったそうだ。

P7241667

休まずに快調に上ってきたが滝を眺めながらひと休み!上ってきた深い谷を望む。

P7241670

ここにもキンミズヒキが咲く。

P7241693

【7:54】15分ほど休み左側から滝を巻き、上りスタートする。

P7241713

沢と離れ急坂が続く。長い補助ロープが連続設置されているが、一気の上りでペースがなかなか上がらない!

P7241717

このような岩場もあり、慎重に進む。

P7241719

【8:52】残り300mポイントを通過する。

P7241722

【9:04】暑さはあまり感じなかったが歩行距離3kmほどで一気に900mほど上る急坂が続きバテてきた。頂上まであと200mだか100mだかわからない!ガンバロー!

P7241724

気持ちよいブナ林となってきた。

P7241726

【9:18】スタートから3時間20分かかり「五銚子の滝」からは休み休みとなってしまったが標高1132m「横山岳」山頂に着く。滋賀県長浜市木之本町と余呉町の境に位置する。

P7241737

山頂は広場となっていて小さな小屋も建つ。双耳峰の西峰となり、二等三角点がある。眺望は良くない!

P7241735

昨日からずっとだが各所でノリウツギが満開だ。

P7241733

朝早いスタートで誰にも会わない!セルフタイマー使って記念の一枚です。

P7241741

【9:36】20分ほど休み、東峰に向ってスタートする。

P7241745

まだガクアジサイが残っていた。

P7241748

気持ちよいブナ林が続く。

P7241755

尾根道を進み、東峰山頂が見えてきた。

P7241771

【10:00】25分ほどで東峰山頂に着く。

Dsc03129

東峰からの眺望は素晴らしいが北側の眺望は霞んでいて残念ながらよく見えない。

P7241757

南側は「墓谷山」「賤ヶ岳」「余呉湖」「琵琶湖」がきれいに見える。

P7241759

「横山岳」(西峰)が良く見える。

素晴らしい眺めを楽しみながら少し早いがランチとする。

P7241773

【10:14】東尾根をスタートする。

P7241779

北側の眺望を楽しみながら歩を進める。

P7241786

大木は無いがブナ林が続く。

P7241796

登山道の両側にはイワウチワの葉が埋め尽くす。春にはその他、カタクリ、イカリソウ、イチリンソウなどの花々見えるようだ。

P7241799

春にまた歩いてみたいコースだ。

P7241806

【10:45】金居原コースとの分岐でひと休みする。

P7241812

白谷本流コースとは違い、心地よい尾根道が続く。

P7241814

東尾根登山口に向け進む。

P7241826

正面に見える大きな山容の山は昨日の「金糞岳」か?

P7241827

【11:27】広域林道へ右に下る。

P7241830

急坂を下る。

P7241831

【11:33】東尾根登山口に着く。

P7241837

「網谷林道」を下る。

P7241838

【11:37】「夜這いの水」どこか良くわからなかったがこの意味深の名の由来は?

P7241854

日射しを浴びてクロアゲハが気持ちよさそうに舞う!

P7241874

登山口まで2kmほど「網谷林道」を進む。

P7241881

【12:03】スタートから6時間5分ほど、下山時間2時間半ほどで登山口に戻る。駐車場には4-5台の車が増えていたが結局誰にも会わず下山です。

P7241886

見上げると横山岳がきれいに見える。

「横山岳」評判通りに良いコースだった。素晴らしい滝に沢!可愛い花々!美しいブナ林!雄大な眺望!良く整備されたコースと満点です。しかしベストシーズンは春か秋ですね。正直上り最後はバテました。

これで関西百名山も79座目となった。兵庫県、大阪府、京都府に続いて滋賀県も踏破出来た。残るは奈良県、和歌山県、三重県と遠隔地ばかりで大変だがボチボチ頑張ろう!!

« 「関西百名山」活動再開は北近江「金糞岳」 | トップページ | 暑さを考慮して朝早く8月の「三草山」 »

旅、山登り」カテゴリの記事

関西百名山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「関西百名山」活動再開は北近江「金糞岳」 | トップページ | 暑さを考慮して朝早く8月の「三草山」 »

最近のトラックバック