« 暑い!上って下って「小野アルプス」を縦走 | トップページ | 好天続き「上高地」から「明神池」へ散策 »

好天に恵まれて「上高地」から「西穂高岳独標」へ

Pa101544

昨秋計画していた「エベレスト・ビュートレッキング」がコロナ禍で中止となり、代替企画となった上高地から西穂高岳独標への登山に参加した。10月とは思えない暖かさ、好天に恵まれての登山となった。

1_20211013123101

2_20211013123101

コースは

10月9日 上高地→西穂山荘

10月10日 西穂山荘→西穂高岳独標→西穂山荘→新穂高ロープウェイ 西穂高口駅

<一日目>

Dsc03888_20211013124101

新幹線から中央本線に乗り継ぎ松本で下車し、バスで2年ぶりの上高地に入り「西糸屋山荘」一泊。朝起きて宿の周囲を散歩すると木の間から穂高岳の峰々が神々しく見え、ファイトが湧いてくる。

Pa091343

河童橋のすぐ近くお世話になった「西糸屋山荘」の全景です。

Pa091347

【7:55】「西穂高岳」登山口に向け、梓川右岸を西に遊歩道をスタートする。

Pa091354

【8:07】「ウェストン碑」前を通過する。

Pa091364

【8:12】「西穂高岳」登山口前でひと休み。

Pa091371Pa091377

良く整備された登山道を緩急を付けながら上る。10月の北アルプスとは思えない暑さで汗が出る。

Pa091391

ヤマハハコか?まだ咲いているように見えるがドライフラワー化しているようだ。

Pa091392

【9:22】左手に昨年今頃登った「焼岳」が見えてきた。

Pa091394

急坂となってきた。

Pa091419

【10:15】最後の水場「宝水」を通過する。

Pa091422

ところどころで美しい紅葉も見られる。

Pa091429 Pa091440

高山植物は赤い実を付けている。

Pa091446

ひたすら上りが続く。

Pa091450

切り株からど根性新芽が出ている。

Pa091463

【11:45】「焼岳」に繋がる尾根に出た。

Pa091469

尾根道を進む。

Pa091471

【11:57】「西穂山荘」が見えてきた。

Pa091478

【11:59】登山口から3時間半あまりで多くの登山客で賑わう「西穂山荘」に到着。

Dsc03894

皆さん元気に到着し、缶ビールを飲みながらおにぎりを食べる。

Dsc03891

標高2367m「西穂山荘」看板持って記念の一枚。

Pa091483

標高2367mあるが暖かい!温度計を見ると14℃ある。

Img_1944

コロナ禍で山小屋も仕切り板が付き、一人あたり布団一枚と荷物スペースも確保されている。

Dsc03895

まだ時間も早いので外に出てみる。正面に「霞沢岳」がきれいに見える。

Dsc03866

【14:58】明日登る「丸山」までお散歩することにした。ゴロゴロ岩場を上る。

Dsc03924

「丸山」手前の眺望の良い場所まで行ってみた。明日登る「西穂高独標」から「ピラミッドピーク」「西穂高岳」が見える。

Dsc03917

「前穂高岳」から「明神岳」の峰々を望む。

Dsc03925

「笠ヶ岳」は残念ながら雲の中だ。

Dsc03928

【15:29】30分ほどのお散歩を終え、「西穂山荘」に戻る。

Dsc03932

テントサイトには色とりどりのテントでいっぱいになってきた。

Pa091484

【17:00】夕食はハンバーグをいただく。

Pa091487

夕食後外に出てみたが雲が広がり、夕焼けは見られない。

消灯は9時、早めに床につく。

<二日目>

Dsc03933

【5:25】早朝外に出てみた。「八ヶ岳」方向、東の空は見事な朝焼けが広がる。日の出はもう少し左側で見ることは出来なかった。

Dsc03953

昨日は見えなかったが、朝日を浴びて「笠ヶ岳」が美しい。

Dsc03956

出発前にメンバー13人揃って記念の一枚。

Pa101499

【6:47】ピストンのため荷物は最小限とし「西穂高独標]に向けスタートする。

Dsc03963

スタート早々岩場を慎重に上る。

Dsc03959

振り返れば「西穂山荘」の向こうに「焼岳」「乗鞍岳」がきれいに見える。

Pa101504

多くは無いがナナカマドの紅葉が美しい。

Dsc03968

朝日を浴びて「西穂高岳」への峰々がきれいに見える。

Dsc03966

西側には「笠ヶ岳」が美しい。

Dsc03973

「前穂高岳」から「明神岳」に連なる峰々

Dsc03985

素晴らしい眺望の中、快調に歩を進める。

Dsc03987

【7:17】標高2452m「丸山」に着く。

Dsc03991

引き続き進む。

Dsc03996

振り返ると歩いてきた稜線の向こうに「焼岳」「乗鞍岳」が美しい。

Dsc03998

西方向、遠く雲の上にうっすらと「白山」も見える。

Dsc04000

北北西方向には「双六岳」「黒部五郎岳」など北アルプスの山々が見える。

Dsc04002

イワツメクサがまだ可憐に咲いていた。

Dsc04012

「霞沢岳」「焼岳」の間を流れる「梓川」が美しい。

Dsc04018

【8:19】岩場手前でストックを置き、登山ガイドから岩場の登り方の注意点、三点支持の説明を受ける。

Pa101516

「独標」手前の岩場を進む。

Pa101520

「西穂高独標」への上りとなる。

Pa101526

厳しい岩場が続き、危険個所には鎖もセットされている。

Dsc04023

【8:38】1時間50分ほどかかり、標高2701m「西穂高岳 独標」に着く。

Dsc04019

「ピラミッドピーク」「西穂高岳」へ稜線が続き、その先「ジャンダルム」「奥穂高岳」と厳しい岩場が続く。「西穂高岳」までは行ってみたかった!

Dsc04020

「前穂高岳」「明神岳」方向は残念ながらガスが出てきた。

Img_2009

皆さん元気に着き、「独標」山頂で記念の一枚です。

Dsc04025

来たルートを引き返す。

Pa101551

上りより下りが恐い!慎重に下る。

Img_2019

私も元気に下ります。

Pa101553

もう少しガンバロー!

Pa101554

【9:06】全員無事下り、岩場を振り返る。

Dsc04030

ひと安心!来た道を引き返す。

Dsc04035

ナナカマドの紅葉

Dsc04043

【10:40】「西穂山荘」が見えてきた。

Dsc04048

山荘に戻り、ビールに名物「西穂ラーメン」をいただく。

Pa101567

【11:47】新穂高ロープウェイ「西穂高口」駅に向け、下山スタートする。

Pa101572

もっと楽なコースかと思っていたがなかなかの下りが続く。ビールを飲んでひと安心のメンバーはペースが上がらない。

Pa101587

【13:08】ようやく避難小屋を通過する。

Pa101589

続いて江戸時代末期「槍ヶ岳」に初登頂したと伝わる「播隆上人」像前を通過する。

Dsc04058

【13:10】新穂高ロープウェイ「西穂高口」駅に着く。

Pa101594

標高2156mのこのポイントに三等三角点があり、驚きだ。

Dsc04063

ロープウェイを待つ間、展望台で歩いてきた「西穂高岳」を眺める。

Dsc04071

【13:45】ロープウェイに乗車

Dsc04076

ロープウェイからの眺め!紅葉が進み、美しい光景が広がる。正面の「笠ヶ岳」が雲に隠れたのは残念だ。

Dsc04080

上りのロープウェイとすれ違う。

Dsc04096

バスを待つ間「しらかば平」でくつろぐ。ロープウェイは珍しい2階建て構造だ。

Dsc04091

足湯で疲れを癒やす。

Dsc04087

【15:00】バスで今日の宿「上高地帝国ホテル」に向かう。

全員元気に下山出来、素晴らしい天候に恵まれ大満足の「西穂高岳 独標」登山だった。

« 暑い!上って下って「小野アルプス」を縦走 | トップページ | 好天続き「上高地」から「明神池」へ散策 »

旅、山登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 暑い!上って下って「小野アルプス」を縦走 | トップページ | 好天続き「上高地」から「明神池」へ散策 »

最近のトラックバック