日帰りハイキング

コース整備行き届き、気に入った!「和田寺山ハイク」

P4230614

近くにありながら一度も登った事が無い「和田寺山(わでんじやま)」に登ろうと車を走らせた。今田町立杭の集落を過ぎ、「和田寺霊園」の大きな標識を左折すると正面に「和田寺山」が見えてきた。

_c__users_keime_appdata_local_packages_m_5

今日のコースは反時計回りに

和田寺霊園→和田寺→境界の道→和田寺山→和田谷展望台→小丸山展望台→和田寺霊園

活動距離 5.1km、高低差 361m、コースタイム 約2時間半

P4230622

【8:00】今日は晴れのち曇りで午前中は天気良さそうなので早めにスタート!我が家から7km、10分足らずで和田寺霊園に到着し、駐車場に車を置かせてもらい、出発準備を整える。

P4230628

【8:13】右手参道をスタートするとすぐに歴史を感じさせる仁王門が建つ。

P4230630

さらに進むと「せんじゅの森 ハイキングコース」と書かれた大きな案内板があり。

P4230637

「和田寺」前にハイキングコースマップ希望の方はどうぞ中へ!とあり、入ることにした。

P4230632

ハイキングガイドマップと和田寺のパンフレットもらっていると・・・。

P4230634

中から前住職が来られて話が盛り上がる。和田寺の沿革、ハイキングコース、今田の歴史、各集落の風土等々立ち話を40分ほどに・・・!次回は山の会の皆さんと共に歴史講話を聴かせてもらう事でコースに戻る。

P4230639

この森の中では色々珍しい動植物も見られるようだ。

P4230642

【8:54】本堂への参道を進み、標識に沿って右折し、登山道に入る。

P4230648

ここもミツバツツジが美しい。

P4230652

長い急坂を登る。

P4230660

【9:10】尾根道へ出ると「天神ほこら跡」か?

P4230666

登山道上には番号が書かれた境界石が並ぶ。この道は「和田寺」の寺有地と国有地の境を示す石で、境界線上にコースは続く。「境界の道」と呼ばれている。

P4230671

【9:18】標高413mピークには四等三角点「和田寺」があった。

P4230681

今回、「和田寺山」に登るにあたって一番心配だったのはコース整備だ。荒れていてコースがわからないのではと思っていたが標識も整備され、コースもご覧の通りだ。

P4230708

前住職の話では寺有地内コースのためコース整備は寺で行っているそうだ。どこの山でも見られる倒木は一本も無く伐採された倒木や枝は路肩に置かれていた。素晴らしい事だ。

P4230694

「鋸山」でも見た「シキミ」の花が咲いていた。

P4230715

【9:57】「ぬくもりの郷」への分岐を通過する。良く整備されて問題無く「ぬくもりの郷」へ行けそうだ。

P4230719

【9:59】標高591m「和田寺山(わでんじやま)」山頂に到着する。登山口から1時間5分かかった。

周辺は木々に囲まれ展望はゼロで標識が無いと通過しそうな平坦な場所だ。

Dsc06930 Dsc06918

周辺には「ツルシキミ」が満開でまるでアジサイが咲いているように見事だ。

Dsc06926

スミレもあちらこちらで可憐に可愛い花を咲かせている。

P4230721

【10:13】しばらく休んで標識に従って下山スタートする。

Dsc06935

馬酔木の花も登場する。

P4230728

長い急な下りが続き、慎重に歩を進める。

P4230730

【10:38】「和田谷展望台」に到着する。

P4230736

展望台からは正面に「虚空蔵山」が良く見える。

Dsc06948_1

ミツバツツジが疲れを癒してくれる。

P4230741

【10:50】「和田寺霊園」との分岐点を「小丸山展望台」へ進む。

Dsc06954

ミツバツツジが群生している。

Dsc06963

最後の上りを進むと展望台が見えてきた。

P4230753

【11:04】標高283m「小丸山展望台」に到着する。登山道上から木々に囲まれ展望は効かないが2ヶ所の展望台がカバーしてくれる。この立派な展望台は補助金をもらって寺で設置したそうだ。

P4230761

西側には「和田寺山」山頂と先ほどの「和田谷展望台」が良く見える。

P4230762

北側には今田町小野原の集落からその向こうに「白髪岳」「松尾山」が見え。左手の山の奥に「とんがり山」がちょこっと頭を出している。

P4230768

【11:22】一休み後、立杭側を眺めながら下山スタートする。

Dsc06976

【11:34】天気予報通り曇ってきたが雨に降られる事無く「和田寺霊園」駐車場に到着する。

Dsc06982

再度、「和田寺山」を見上げる。

Dsc06983

コース上からは逸れていたので立ち寄れなかった「和田寺本堂」に車で向かう。

Dsc06995

静かな歴史を感じる良い雰囲気が漂う。

646年(大化2年)開基で山頂に建立され、当時は「東光寺」と呼ばれたそうだ。西の「西光寺」、東の「東光寺」と今田の中に二寺会ったと言うのは面白い。「三草山の戦い」で焼失し、その後も再建、焼失を繰り返し、山頂での維持が困難になり1389年に現在の場所に移し、和田谷に建てた事から「和田寺」と改称したそうだ。前住職に聞いた話です。

Dsc06990

境内にはシャガの花が満開だ。

今田の山シリーズもこれで最終章となったが期待していなかった「和田寺山」が最も整備されていたのは驚きだ。短いファミリーコースもあり、駐車スペースも十分だし、寺も歴史ある古刹だ。近くにありながら知らなかったが満足できるコースだ。

春爛漫!遅ればせながら4月の「三草山ハイク」

P4200662

朝から雲一つ無い快晴の土曜日、4月の「三草山ハイク」に出かけた。他のハイキング日程や仕事で忙しく、行こうと思えば雨!となかなか行けず20日も経ってしまった。月が替わり3日以内を心掛けてきたがいつになく遅くなった。

いつものように「三草登山口」に向かって車を走らせると青空の下「三草山」が見えてきた。

P4200645

【9:30】いつもの「三草登山口駐車場」に到着する。晴天の土曜日なのに意外と車が少ない。

今日のコースはいつもと同じ

三草登山口→三草コース(尾根コース)→三草山→三草古道(林間コース)→三草登山口

活動距離 約5km、高低差 320m

Dsc06860

【9:39】出発準備を整え、三草登山口をスタートする。

Dsc06869

三草コースを進む。

Dsc06876

山仲間のU植物博士に聞くとこれはアオダモの花だそうだ!野球のバットに使う木だよね!?

Dsc06878

【10:04】中間地点を過ぎ、山頂が見えてきた。いつ見ても良い光景だ。

Dsc06888

振り返れば歩いてきたコースが良くわかる。

Dsc06893_1

【10:26】汗びっしょりで残り0.4kmポイントを通過する。

7676

【10:35】スタートから56分かかり標高423.9m「三草山」山頂に到着する。

Dsc06904

山頂のヤマザクラが満開だ。

7677

良く晴れて、空気も澄んでいる。六甲の峰々や明石大橋も良く見える。

P4200607

写真には見えないが多くのハイカーがお弁当を食べる。

P4200602

今年のスタンプカードも早や4つ目です。

P4200603

新しいベンチが4セット設置されていた。加東市さんありがとうございます。

P4200612

【11:08】30分ほど休み、三草古道を下山スタートする。

P4200618_1

昭和池を見ながら下山進める。

P4200621

ミツバツツジがどこも満開だ。

P4200638

昭和池畔を進む。

P4200652

【11:55】下山時間45分、スタートから2時間15分ほどで三草登山口駐車場に到着する。

毎年思う事だがこれほどミツバツツジがあったかと思う程にどこも満開だった。4、5月と三草山も多くの花が咲き、一番良い季節だ。

ヒカゲツツジを求めて分水界を歩く「鋸山ハイク」

P4230002

今日もいつもの山仲間とヒカゲツツジ満開情報を聞き「鋸山(のこぎりやま)」に向かった。東の多紀連山と西の三尾山の間に挟まれ、篠山市と丹波市の境に写真のようにノコギリの歯の様にギザギザの山容が連なるその名の通りの山だ。

この写真は2年前に丹波市春日町中山側から撮った写真です。よって左が東、右が西となります。今回は左から右に、東から西に縦走しました。

_c__users_keime_appdata_local_packages_m_4

今回のコースは車2台で向かいました。篠山市側を

高坂公会堂→東鏡峠(高坂越)→鋸山→鏡峠→佐仲ダム登山口

歩行距離 約6km、高低差 381m、コースタイム 約4時間

P4190572

【9:20】車二台で向かい、まず一台を篠山市の佐仲ダムサイト林道入口の空き地に車を置く。もう一台に乗り、高坂登山口に向かう。

P4190575  

【9:40】東に向かい、篠山市の高坂公会堂前の駐車スペースに近くの方に了解を得て、車を置き、出発準備を整える。この駐車スペースは車2台が精一杯かな?

P4190578

【9:53】まずは東鏡峠に向かいスタートする。

P4190580

道を尋ね、民家の裏を抜けて登山口に向かう。

P4190584

【10:02】少し迷ったが「分水界 雲海の径 東鏡峠入口」と書かれた登山口に着く。2年前苦労しながらここに下山した事を思い出す。

P4190586

沢沿いに峠を目指すが予想通り道は荒れている。

P4190590

倒木を避け、テープと踏み跡を確認しながら慎重に急坂を登る。

P4190592

突然、きれいに積まれた石垣が現れた。昔何か建ってなのか?

P4190595

落ち葉が積り滑りやすく、一歩一歩確実に急登を進めると汗が噴き出してくる。

P4190598

荒れたコースの中に可愛いいスミレが心を癒してくれる。

P4190603

【10:42】登山口から40分で標高510m、東鏡峠(高坂越)に到着し、一休みとする。

P4190610

これからは快適な尾根歩きと思いきやノコギリの歯のような激上り、激下りが続く。

P4190614

これから向かう峰々が見えてきた。橋でも架けてくれればくれれば直ぐだがな?

P4190616

尾根道に入り花々が現れだした。まずはシキミ(樒)の花だ。

190419_190419_0010

これはツルシキミと言うそうだ。小さな可愛い花がいっぱい詰まっている。(Oさん撮影)

P4190636

待望の「ヒカゲツツジ」も登場!!その名の通り北斜面にしか生えていないがようやくコース上にも現れた。

P4190641

今コース最高の激下りだが、補助ロープなどは無く慎重に下る。

P4190654

ヒカゲツツジのトンネルとは言えないが癒されながら歩を進める。

Dsc06824

【12:15】スタートから2時間20分ほどで標高605.9m「鋸山」山頂に到着する。「ふるさと兵庫100山」にも選ばれていて三等三角点がある。

Dsc06825

雨は大丈夫そうだが北側にガスが上ってきて何も見えない。

Dsc06818

Dsc06831

山頂周辺のヒカゲツツジは満開だ。青空の下ならば一段と映えたであろう!!

P4190662

山頂横のスペースで風を避けて昼食とする。

190419_190419_0001

山頂、ヒカゲツツジ前で皆さん揃って記念の一枚!今日も元気です。

P4190664

【12:54】「鏡峠」に向かい下山スタートする。

P4190670 P4190672

西側の尾根道は馬酔木(アセビ)のオンパレードだ。馬酔木の大木が満開で見事だ。

P4190686

ヤマザクラも可憐に咲く。

P4190690

東側の尾瀬道とは大違いで同じ山かと思う程で良く整備された歩きやすいコースが続き、快適に歩を進める。

この東西に長い縦走路は「分水界の径」と呼ばれ、北斜面に降った雨は日本海、由良川に流れ、南斜面に降った雨は瀬戸内海、加古川に流れる分水界となっている。

190419_190419_0004

【13:36】「鏡峠」に着くと、「三尾山」から下山してきたパーティーに今日初めて出会う。シャッターを押してもらって記念の一枚!

P4190693

一休み後地図にはある佐仲ダムへの最短ルートの谷筋の峠道を下ろうとスタートするが倒木多く荒れているのでYAMAP推薦のルートに従おうと引き返すことにする。

P4190696

【13:52】一旦「三尾山」ルート方向に登り、分岐を「佐仲峠口」方向に左折する。

P4190699

新緑にヤマザクラが美しい。

P4190703

満開のヤマザクラだが太陽があればなあ?

P4190717

【13:56】ほどなく林道に出て、快調に歩を進める。

P4190716

2年前にはヒカゲツツジとのコントラストが美しかったミツバツツジだが尾根上では早かったようだが下山してくるとチラホラ現れだした。

P4190720

舗装された林道に合流し進むと桜の花びらが一面に散っていた。

P4190722

【14:16】下山時間は1時間22分、スタートからは4時間20分ほどで「佐仲ダムサイト」の林道入口に到着。最初に車を一台置いておいた所だ。

P4190725

「佐仲ダム」には初めて来たがオートキャンプ場もあり、なかなか良い所だ。

P4190726

もう一台の車が駐車するスタート地点の「高坂公会堂」に向かう途中に由緒ある「明月神社」境内をお借りして毎度楽しみのM子さんお手製のケーキをいただきティータイムとする。

Dsc06854

境内には西紀町名物のシャクナゲが見事に満開だ。西紀町では明日・明後日と「シャクナゲまつり」も開かれるそうだ。

この後、「高坂公会堂」に戻り、散会した。

危惧された「鋸山」東側のコースは2年前同様に荒れていて苦労したが、満開のヒカゲツツジも見る事は出来、満足できるハイクとなった。

ヒカゲツツジと言えば近くの「向山」が有名で「山と渓谷」にも紹介され多くのハイカーで混雑が予測される。
「鋸山」は穴場だが経験が浅い方は西側の丹波市春日町からは「中山公民館」、篠山市西紀町から「佐仲ダム」からのピストンをお薦めするが経験ある方には是非縦走コースも歩いてもらいたい。
わかってはいたが雨には会わなかったものの曇天が残念であった。

山野草を観察しながら「野坂岳ハイク」

P4170565

いつもの山仲間5人で福井県敦賀市の「野坂岳」に登った。「関西百名山」にも選定され、「敦賀三山」の一つで古くから地域で親しまれ、ブナ林や山頂からの展望が魅力の山だ。ちょうど山野草が花を付け、大いに楽しませてくれた。

P4170559

【9:25】三田を7時10分に出発し、舞鶴道「若狭美浜IC」を出て一般道を走り、「野坂いこいの森」キャンプ場の駐車場に車を置く。時間は2時間15分ほどだがほとんど高速道で心地よいドライブだ。桜は残念ながら少し遅く葉桜になりかけていた。

出発準備を整える。

P4170569

【9:42】登山口はキャンプ場のすぐ横だ。

P4170584

場内には「イカリソウ」が群生し、満開だ。

P4170573

スタート早々に山野草に詳しいメンバーが変わった花を見つけた。「ヒメカンアオイ」と言うそうだ。

P4170576

まずは遊歩道のゆるやかな上り坂を進む。

P4170590

「ミヤマカタバミ」が群生し、満開だ。

P4170594

沢沿いに何度か渡渉を繰り返し進む。

P4170605

沢沿いのコースも良く整備され、歩きやすい。

P4170597

「ニリンソウ」を見つけた。

P4170603

「エンゴサク」の可愛い花が疲れを癒してくれる。

P4170622

【10:16】「トチノキ地蔵」に到着。

P4170617

沢を渡渉し、階段を登り、ルートは沢と別れ斜面を九十九折に登る。

P4170624

「ミヤマカタバミ」の群生が続くが、先ほどより花びらが尖がっているようだ。

P4170626

振り返ると「敦賀湾」や「敦賀」の町が美しい。

P4170638

【10:36】残り2kmポイントを通過する。

P4170640

歩きやすい道が続く。

P4170655

【10:49】「行者岩」分岐に到着し。「行者岩」に向かう。

P4170663

【10:52】難路を登り、行者岩の上に立つと敦賀の町が眼下に広がる。

P4170668

コースに戻り、山頂を目指すと「エンレイソウ」を見つけた。

P4170675

【11:10】尾根筋に出て「一の岳」に到着する。

P4170679

「イワウチワ」が登場!

P4170687

快適な尾根歩きのスタートです。

P4170691

尾根筋は風強く、積雪も多いのであろう!?杉も根元で大きく曲がっている。

P4170706

【11:34】続いて「二の岳」を通過する。

P4170711

ブナの原生林の中を進む。

P4170718

自然が作った花瓶か?「ショウジョウバカマ」が可憐に咲く。

P4170721

【11:47】「三の岳」を通過すれば山頂は近い。

P4170730

「カタクリ」の保護地か?ロープが張ってある。

P4170725

楽しみにしていた「カタクリ」だが、まだ蕾だった。

P4170734

最後の上りに差し掛かる。

P4170737

山頂手前の避難小屋前を通過する。

Dsc06791

【11:55】スタートから2時間13分で標高914m「野坂岳」山頂に到着する。一等三角点がある。

Dsc06799

山頂は広場になっていて遮るものは無い。360度の展望が広がる、

Dsc06794  

今日の天候は曇り時々晴れだが黄砂の影響か?空は霞んでいて展望は残念ながら良くない!北側の敦賀湾、敦賀半島、敦賀市街地を望む。

_190418_0021

山頂は風強く寒い!昼食は避難小屋で取る事にして急いで記念写真をパチリ!

P4170748

山頂手前の避難小屋で昼食を食べ、毎度お愉しみのデザートをいただく。小屋内には権現社が祀られている。

P4170753

【12:45】山頂周辺で50分ほど休み、来た道を下山スタートする。

P4170757

ブナ林の中を快調に下る。

P4170766

快調に下って行くと「行者岩」の上に小屋で会った女性二人組が!

P4170771

満開のヤマザクラまで下りてくると登山口は近い。曇ってきたが心配した天気は持ちそうだ。

P4170773

【13:39】上り2時間13分かかった道を僅か54分で下山!高低差714m何んと言う健脚揃いか!?休憩時間も入れてスタートからちょうど4時間ほどでゴールだ。

P4170782

帰り道、振り返ると「野坂岳」の雄大な山容を見る事ができる。

P4170780

時間も早いので「越前蕎麦」をいただく事にして「千成そば」 に立ち寄り、「辛味大根おろしそば」をいただく。しかし期待したほど辛味無し!

P4170784

なかなか来れない場所なので若狭町「みかた温泉 きららの湯」で汗を流し、帰路につく。 

良く整備されたコースで危険個所も無く、迷う心配も無い。冬場は雪深くお勧めできないが、その他シーズンは山野草、ブナの新緑・紅葉と自然いっぱいの見どころ多く、また360度の展望も大きな魅力だ。誰もが楽しめる良いコースだ。

Screenshot_20190418052900-1

今日のコースは

野坂いこいの森登山口→行者岩→一の岳→二の岳→三の岳→野坂岳

同じルートを往復 活動距離 約6km、高低差 714m

静かな里・四斗谷から登る「とんがり山ハイク」

P4070542

「相野駅山の会」4月の月例ハイクは当初、熊取町の「雨山」に桜を見に行く予定だったがメンバーが集まらずバスをチャーターできなかったため急きょ、今田町四斗谷の「とんがり山」に登ることにした。三田市内からもその鋭い山容は目を引き、皆さん一度は登ってみたいと思っていたようだ。私は先月に続き2度目となる。

Screenshot_20190408075536-1

コースは先月のリベンジを兼ねて道に迷った「西寺山」から「とんがり山」を目指す予定だったが午後の天候悪化が心配、且つ久しぶりに参加のメンバーもいた事から「とんがり山」だけのハイクとした。

四斗谷公民館→井根口池→薬師堂登山口→妙見宮跡→とんがり山→峠→四斗谷公民館

活動距離 5km、高低差 370m

P4070535

【9:15】相野駅に9時に集合し、マイカーに分乗し「四斗谷公民館」駐車場に到着し、出発準備を整える。区長さんから親切に対応いただく。

P4070544

【9:25】少し引き返し「井根口池」にて「とんがり山」の鋭鋒を眺め皆さん揃って記念の一枚。今日の参加は男性10名、女性4名の14名です。

P4070551

登山口に向かう途中、田んぼのあぜ道にふきのとうが育ってきている。

P4070553

静かな長閑な山里を進むと左手には「西寺山」が見える。

P4070555

【9:50】車道を右折し、登山口に向かう。

P4070557

「薬師堂」横を進む。

P4070561

現在は麓に下りた「妙見宮」

P4070565

落ち葉を踏みしめ登山道を進む。

P4070566

【9:57】「妙見宮」の過去の僧侶の墓前を進む。

P4070568

山容通り、急登となってきた。

P4070570

【10:07】古い石垣が残る妙見宮跡に到着する。

P4070573

本堂跡には碑が立つ。ここで一回目の休憩とする。

P4070575  

妙見宮跡から左手を巻いて急登が続く。

P4070580

一輪「ショウジョウバカマ」が可憐に咲く。

P4070586

【10:50】比較的フラットな尾根道になると正面に山頂の鋭鋒が見えてきた。

P4070591  

最後の厳しい岩場を登る。

Dsc06782

【11:07】登山口から1時間17分で標高620m「とんがり山」に到着する。山頂には小さな祠があり、ここが「妙見宮」のスタートのようだ。

Dsc06773

山頂からは素晴らしい眺めが広がるが晴れて暖かいにも関わらず霞んでいる。黄砂のようで「白髪岳」「松尾山」も霞んでいる。

Dsc06780

満開の馬酔木越しに「西光寺山」が良く見える。

P4070607

時間は少し早いが、狭い山頂で昼食とする。

Dsc06789

全員揃って記念写真。

P4070609

【11:53】45分ほど休み、北側へ「西寺山」への下山路を進む。

P4070614

山頂直下の急な下りを慎重に下る。

P4070619

ゆるやかな尾根道を進む。

P4070627

【12:39】四斗谷から黒石に抜ける峠に到着する。久しぶりに参加されたご夫妻が遅れ、峠で待つ。

P4070629

【13:22】林道終点から車に乗れるように一足先に峠道を下山スタートする。しかしこの道はほとんど歩く人もいないのか?コースははっきりしているが倒木多く荒れ放題で慎重に歩を進める。

P4070632

【13:30】民家一軒建つ林道終点に到着する。

P4070633

歩きにくい林道を進む。

P4070635

舗装道路に出て、薬師堂登山口前を通過し、公民館に向かう。

P4070638

【13:42】「四斗谷公民館」に到着し、車で林道終点に向かった。

やはり人間は一年近く歩いていないと足腰は弱るものだと再認識する。そうならないよう元気に歩き続けたいものだ。

心配された天気も持ち、全員無事下山すると再度、区長さんに出会う。この静かな「四斗谷(しとだに)」は歴史あり区長さんは16代目だとか!現在は22所帯が残る長閑な里山が広がる。道行く人も皆さん親切で是非又登ってほしいとの事でした。

初めて参加!第15回「三田 さくら回廊ウォーク」

Dsc06758

良く晴れた土曜日、三田に住んで27年目となるが初めて第15回を迎えた「さんだ三田 さくら回廊ウォーク」に参加した。

暖冬でさくらの開花は早いと予想されたがここに来ての寒の戻りで逆に遅れ、今年のさくら回廊ウォークは満開には少し早かった!!

歩いたコースは「健脚コース」(23km)

JR藍本駅→駒宇佐八幡神社→青野ダム→加茂大橋→三田駅

P4060475

【8:21】「藍本駅」に到着するとこの駅では年に一度だけでは?と思う程の人々が次々と下車する。

P4060480

受付で参加登録を済ませ当日参加費1000円を支払う。

P4060483

まずは森三田市長からも開会の挨拶あり。

P4060488

【8:30】さあ!スタートです。

P4060489_1

【8:33】まずは「酒滴神社」に立ち寄る。

P4060502

「酒滴神社」では三田市観光ガイドもされているAさんが熱心にその歴史等を紹介されていた。

P4060492

神社本堂裏手には「ショウジョウバカマ」が群生し、満開だ!

P4060513

【8:49】まずはさくらづつみ回廊に向け、のどかな田園地帯を進む。

Dsc06647

【8:59】「曲り公会堂」前にはこんな看板が!何でも「平成最後」だな!

Dsc06649

【9:02】いよいよ「さくらづつみ回廊」に入る。

Dsc06672

木によっては3分咲きも?

Dsc06657

見事なしだれ桜が!

Dsc06660

陽光を浴びて気持ち良い堤を歩くが桜はまだ咲き始めと言ったところか?

Dsc06664

あぜ道にはたんぽぽが良く似合う!

P4060533

【9:58】スタートから1時間半ほどで「駒宇佐八幡神社」に到着する。ここが7kmファミリーコースのゴールだ。

P4060534

ここにも観光ガイドが待機されていたが先を急ぐことにした。

Dsc06678

今日は黄砂がひどく晴れてはいるが霞んでいる。

Dsc06680

【10:25】吉田橋を渡り、「烏帽子桜」はまだまだ5分も行ってないようだ。

P4060544  

【10:44】千丈寺湖さくら並木にやってきた。水量が少なくびっくりだ。

Dsc06687

暖かい日差しを浴びて多くの釣り人が釣り糸を垂らす。何を釣ってるのかな?

Dsc06691

【11:11】「青野ダム」に到着。13km一般コースのゴールとなっている。本部や飲食ブースもあり賑わっている。

Dsc06695

少し早いが昼食を取ることにする。

P4060556

【11:42】30分ほど休み、健脚コースのゴール目指しスタートする。

P4060557   

ダムサイトを進む。

Dsc06706

広野へ抜けるコースを進むと馬酔木の花が美しい。

Dsc06710

ミツバツツジもチラホラ咲き始めている。

P4060559

【12:22】JR福知山線ガード下を抜ける。

Dsc06715

【12:23】再び、さくらづつみ回廊に入る。

Dsc06717

藍本周辺とは違い、開花状況は進んでいる。ようやく「さくら回廊」の雰囲気になってきた。

Dsc06722

7-8分咲きか?ソメイヨシノは美しい!

Dsc06752

【12:56】瀬戸橋を渡り左岸に移る。

Dsc06755

新三田駅を過ぎると開花は進み、花見客も増えてきた。

Dsc06757

水仙も見ごろ!桜との見事にマッチしている。

Dsc06761

提灯も下がりお祭りムードだ。三田も広い!スタート地点とは大違いだ。

Dsc06765_1

【13:21】つつみを抜け、三田市役所が見えてきた。

Dsc06767

【13:27】JR三田駅に到着する。

Dsc06768

【13:29】スタートからちょうど5時間で23km健脚コースのゴール「三田市総合案内所」に到着する。

初めての参加だったが一般コースが圧倒的に参加者は多そうだが新三田駅から三田駅に至るメインのさくらづつみを通らないと言うのは如何なものかな?

今回はスタートの「酒滴神社」と「青野ダム」以外はトイレに一度行っただけ!計算すると時速5.3kmで歩いたことになる。次回はもっとのんびり楽しもう!?

その山容に惹かれて!春爛漫の「鎧岳・兜岳ハイク」

190404_190405_0016

春爛漫!良く晴れた朝を迎え、いつもの山仲間が集い、そのユニークな山容から人気の高い奈良県曽爾村の「鎧岳・兜岳ハイク」に出かけた。

室生火山帯に属し、関西百名山にも選定されている。(Oさん撮影)

_c__users_keime_appdata_local_packages_m_3

今日のコースは

健民運動場駐車場→サンビレッジ曽爾→登山口→兜岳→峰坂峠→鎧岳→峰坂峠→葛→健民運動場

活動距離 7.6km、高低差 502m

P4040461

【9:15】7時に神戸三田ICをスタートし、中国道・近畿道・西名阪道と走り、針テラスで西宮組と合流し、曽爾村健民運動場駐車場に到着する。

P4040457

出発準備を整える。

P4040462

【9:28】正面に「鎧岳」の鋭鋒を眺めながらスタートする。

P4040469

サンビレッジ曽爾まで来ると左手に兜岳、右手に鎧岳が良く見える。

P4040476

サンビレッジ曽爾はシーズンに向けて改修中で駐車場やトイレも使えず、工事用の仮設トイレを借りて準備を整える。

P4040483

【9:46】登山口へ通じる林道は昨年の台風被害で道路陥没のため通行止めが続いていた。

P4040490

【9:54】道路陥没現場に着くとパトカーが停まり、警察官が何やら現場検証中だ。何事かと思うと谷底に車が墜落し、大破している。どういう事か?通行止めを無視して侵入し落ちたのか?運転手は無事か?

P4040494

歩行者には問題無く、先を急ぐ。

P4040498

【10:04】住塚山・国見山に通じる清浄坊渓谷への分岐を過ぎ、すぐに「兜岳・鎧岳登山口」に到着する。

P4040501

登山口には「延命地蔵」が祀られている。

P4040504

登山コースに入ると沢沿いのルートは台風被害か?ここも崩壊しており、厳しい迂回路を進む。

P4040507  

その後も勾配自体はそれほどでも無いが倒木が進行を妨げる。

P4040510

【10:23】兜岳山頂まで0.5kmポイントを通過する。道標はしっかり整備されていて進捗が良くわかる。これから急斜面になるようだ。

P4040513

正面に山頂が見えてきた。

P4040518

大きな一枚岩を進む。傍らの馬酔木は満開だ。

P4040534

斜面にはイワカガミか?イワウチワか?ぎっしりだ。今月末から来月にかけて楽しませてくれることだろう!

P4040536

道標の表示通りに激上りが続き、ロープが設置されている。

P4040540

【10:55】激上りが30分ほど続き、ようやく尾根に出た。

Dsc06597

【10:57】登山口から53分、標高920m「兜岳(かぶとだけ)」山頂に到着する。

Dsc06596

山頂からは素晴らしい展望が広がる。東方向には「鎧岳」の絶壁の右手に曽爾高原から俱留尊山(くろそやま)が良く見える。

Dsc06600

南方向には曽爾村の集落の向こう遠くに雪を被る大台ケ原や大峰の峰々を望む。

P4040552

少し早いが朝早かった事もあるので昼食とする。

190404_190405_0014

いつも元気なメンバー6人で記念写真。

P4040554

【11:38】40分ほど休み、「鎧岳」に向け下山スタートする。

P4040556

雪が残るやせ尾根を進む。

P4040566

正面に「鎧岳」が見えてきた。南側から見ると特徴的な山容だが西側から見ると長い尾根が繋がっている。

P4040567

続いて激下りだ!!

P4040577

【12:08】鞍部「峰坂峠」に到着する。

P4040589

「兜岳」の上りよりは楽だが最後はやはり激上りです。

P4040591  

【12:40】尾根に出て東側への下山路に合流する。

P4040596

【12:42】標高894m「鎧岳(よろいだけ)」に到着する。

見た目は「鎧岳」の方が鋭く登れるのかと不安になりますが実際には「兜岳」の方が激上り、激下りと大変ですね!

Dsc06604

山頂は木々に囲まれ展望は良くない。

P4040597

南へ続く尾根に入らないように注意喚起する大きな看板が立つ。確かに東側に縦走する人は迷い込む恐れあるが進めば断崖絶壁が待っている!

190404_190405_0009

再び全員揃って記念写真です。皆さんいい笑顔ですね!

P4040601

【13:10】10分ほど休み来た道を引き返し、峰坂峠手前のショートカット路を左折し、葛の集落を目指す。

P4040604

九十九折の道を快調に下る。

P4040608

【13:31】林道に出た。

P4040617

【13:50】林道の分岐を右折し進むと「鎧岳」の眺めが良い東屋をテニスコート横に見つけた。

P4040613

早速ティータイムとし、美味しいM子さんお手製のスイーツをいただく。

Dsc06611  

素晴らしい眺めだ。柱状節理の岩肌が鎧の縅(おどし)に似ていて鎧武者を思わせる事からその名が付いたそうだ。

190404_190405_0008

三度皆さん揃って記念写真。

P4040626

歩を進めると雲一つない晴天の下、曽爾高原、倶留尊山の眺めが良い場所に出た。

P4040634

棚田が広がるこのアングルも良いね!!

P4040638

「すいせんの里」横を進む。

P4040643

満開の水仙越しに「鎧岳」を望む。

P4040651

【14:55】スタートから約5時間半で健民運動場駐車場に戻る。

良き天候!良き景観!良きメンバー!三拍子そろった素晴らしいハイクとなったがこの山は登るよりは見る山と言う声も・・・?

Dsc06643

帰り道、宇陀市の「又兵衛桜」に立ち寄った。まだ5-6分咲きと言ったところだが平日にも関わらず多くの観光客で賑わっていた。

Dsc06633

水仙や菜の花と黄色とのコントラストが美しい。

Dsc06617   

樹齢300年とも言われる枝垂桜の古木だが戦国武将「後藤又兵衛」屋敷跡から「又兵衛桜」と呼ばれている。

曇りのち雨!「大峰山」のち「廃線敷」ハイク!

P3300607

いつもの山仲間4人と先輩の音楽仲間4人との合同ハイクに出かけた。当初の予定は武田尾駅から廃線敷を通り、「大峰山」に登り「中山最高峰」に抜け、「中山寺」に下山予定だったが、今日は昼から雨予報なのでコースを短縮し、「中山」には向かわず、「大峰山」を往復し「廃線敷」を生瀬駅まで歩いた。

_c__users_keime_appdata_local_packages_m_2

今日のコースは

JR福知山線「武田尾駅」→廃線敷→桜の園入口(親水公園)→安倉山→大峰山→桜の園入口→廃線敷→JR福知山線「生瀬駅」

活動距離 12.1km、高低差 512m

P3300449

【8:50】JR福知山線「武田尾駅」に集合する。

P3300450

【8:55】曇り空で今にも降り出しそうだ!急いで出発準備を整えスタートする。

P3300452

立派な標識が整備され、迷う心配は無い。

P3300455

2年半ほど前に歩いた時は工事中だったが廃線敷入口には橋が架けられ、トイレが新設されていた。

P3300461

【9:05】廃線敷に入る。

P3300466

長尾山第3トンネル、第2トンネルと進む。いつ歩いても気持ち良いコースだ。

_190331_0020

【9:17】「桜の園」入口、「親水公園」に到着する。今年は桜の開花が遅れ、ソメイヨシノは予想通りまだ蕾だった。

P3300488

【9:24】「親水公園」から「桜の園」を通って「大峰山」に向かう予定だったが展望台と標識が惑わされ「安倉山」に向かってしまった。沢があり、沢の左手の斜面を登ると「大峰山」へ、右手の斜面を登ると「安倉山」に通じる。

厳しい急登が続き、汗が噴き出す。

P3300492

サクラの種類は?見事に満開の桜が見える!

P3300498

馬酔木の花はどこへ行っても満開だ。

P3300512

このルートは「遠見の道」と呼ばれ、標識も整備され、コースも良く整備され歩きやすい道だ。

P3300514

薄黄色の花は?シキミの花との事!確かに葉は樒です。

P3300515  

【9:54】急登を30分、汗びっしょりで「あかまつ展望所」に到着する。

コースマップがあり、このまま直進し「安倉山」を経由して「大峰山」に向かうルートを確認して一休み。

P3300517

展望所からは武庫川渓谷と廃線敷が眼下に見れるかと期待したが北西方向、三田方向の山々が遠望できるだけだった。

P3300519

服装調整をして休憩を取ると早咲のミツバツツジがあちらこちらで咲き始めていた。

P3300521

【10:13】「安倉山」への分岐に到着し、右折する。道標は左方向だけなのでここが大きなポイントです。

P3300524   

予想外にわかりやすい道が続くと「安倉山」の標識が乱立し、山頂かと思ったがどう見ても違う。何のため?

P3300526

【10:31】YAMAPを確認しながら進み、テープを頼りに薮に入り、山頂の四等三角点を確認する。標高464.9m「安倉山(あくらやま)」山頂だがここにはでかい看板は見当たらない!?

P3300533

一旦緩やかに下り、鞍部から「大峰山」への急登に差し掛かる。

P3300536

【11:01】山頂手前でついに雨が降り出したが、標高552.3m「大峰山(おおみねさん)」に到着。「ふるさと兵庫100山」にも選定されているが周囲は木々に囲まれ展望は無い。

P3300539

メンバー8人揃って記念の一枚。

雨がひどくならないようにと早々に下山スタートする。

P3300546

上りで歩く予定だった「桜の園」へのルートはさすがにメインルートで歩きやすい道が続く。

P3300558

【11:44】「桜の園」に入り、雨も大丈夫そうなので「林間広場」で急いで昼食を取る。

P3300555

傍らのヒガンザクラは満開だ!

P3300560

コーヒータイムは後回しにし、下山スタートすると武庫川と廃線敷を見渡せるビューポイントがあった。

P3300565  

「桜の園」には多くの種類の桜が植えられており、満開近い「エドヒガン」だ。

P3300569

可愛いスミレも咲いていた。

P3300576

【12:33】「親水公園」に戻ると多くのハイカーが昼食中だった。

P3300581

小雨降る中、「生瀬駅」に向かって廃線敷を南下する。

P3300583

歩を進めると道端に雨を凌げるトンネル?発見!ここでコーヒータイムとした。ハイカーが怪訝な表情で通り過ぎる。

P3300589

コーヒータイムの最大の楽しみは恒例となったM子さんお手製の美味しいスイーツです。

91da72a382d4495890694787e9cdc48a

二つのトンネルと橋梁が連なる名所で記念の一枚。

P3300598

トンネル4か所通り抜ける。やはりヘッドランプ、懐中電灯は必要です。

P3300603

美しい武庫川渓谷を眺めながら歩を進める。

P3300611

周囲は暗くなり、雨も本降りになってきた。

P3300613

【14:11】生瀬側入口に到着する。

P3300617

国道176号線に出て、歩道を進む。

Img_20190330_144108-1

【14:36】雨が激しくなる中、JR福知山線「生瀬駅」に到着する。

スタートから5時間40分ほど雨が本降りになる前に下山出来、後は傘をさして歩ける廃線敷ルートとなった。天気予報より早く降り出し、コース変更も正解だったであろう!

サクラはほとんど見れず、天候も残念だったが廃線敷初めてのメンバーもいて満足してもらえたかな?

 

雪うっすら積り小雨のち晴れ!「室尾山ハイク」

P3240259

寒の戻りで寒い朝を迎えた。しかし天候は問題無さそうなので3月の「相野駅山の会」月例ハイクに出かけた。
いつものチャーターバスで7時に南ウッディ駅~相野駅~氷上桜公園と回り、氷上ICから北近畿豊岡道に乗り、山東ICで降り北に向かうと正面に今日登る台形をしたデカい「室尾山(むろおやま)」が見えてきた。

6287

 

今日のコースは
法宝寺→八幡神社→法宝寺跡(万葉の森)→室尾山→キャンプ場→室尾城跡→法宝寺跡→八幡神社→法宝寺
活動距離 5.6km、高低差 504m、累積標高 約700m
コースタイム 約4時間

P3240261

【9:05】山東ICを出て20分ほど朝来市和田山町岡田の「法宝寺(ほっぽうじ)」駐車場に到着する。

P3240262

「室尾山法宝寺」は748年行基により開基された高野山真言宗の古刹で山の中腹に建立され、1936年に現在の場所に移転されそうだ。

P3240264

この季節の但馬の天候は難しい!天気予報に反して小雨が降り寒いが出発準備を整える。

P3240270

近くの草むらには最近では珍しい「つくし」がたくさん芽を出していた。

P3240271

【9:17】「法宝寺」をスタートし、西へ向かい「八幡神社」境内を抜ける。

P3240273

神社石段の左手から登山道に入る。

P3240276

【9:20】ネットで報じられた通り荒れた登山道を進むとシカ除けガードがあり、中に入る。

P3240290_1

荒れてはいるがコースははっきりしている。落ち葉を踏みしめ、沢を渡り、山の斜面を登る。

P3240314

【9:55】荒れた登山道を登って行くと小さな小屋が建つ「万葉の森」に到着する。

P3240311

ここは748年に行基が「法宝寺」を開基した場所で「法宝寺薬師堂跡」の碑が立つ。

P3240315

寺跡左手から登山道は続き、山頂に向かう。

P3240320

周辺にはミツマタが見ごろを迎え疲れを癒してくれる。

P3240329

【10:15】登山道にはうっすら雪が見え始め、キャンプ場分岐を通り過ぎる。

P3240332

【10:17】斜面を登り切ると尾根道に出た。道は荒れ、標識など無かったが「万葉の森」を過ぎると標識も多く、コース整備も行き届いている。

P3240341

尾根道を進む。

P3240356

傾斜は徐々にきつくなり、汗びっしょりで登る。

P3240359

雪の量が増えてきた。

P3240360

我々の到着を待つように山頂広場には日が射してきた。

P3240362

【10:41】標高629.7m「室尾山(むろおやま)」山頂に到着する。
「ふるさと兵庫100山」にも選定され、私にとっては93座目の山となる。

P3240376

周辺は木で囲まれ、見通しは良くない。

P3240377

山頂にて第二グループに到着を待つ。

Dsc06573

皆さん揃って記念の一枚。今日の参加は男性12名、女性4名で合計16名の元気なメンバーです。

P3240383

【11:00】昼食には時間も早く、雪解けで地面も濡れている事か下山してキャンプ場で昼食を取ることにして来た道を下山スタートする。

P3240386

【11:17】分岐まで下り、キャンプ場に向かう。

P3240390

気持ち良い自然林の中、九十九折に斜面を下る。

P3240397

【11:36】広々としたキャンプ場に到着する。

P3240402

「室尾ほっぽう寺亭」と名付けられた炊事棟内で昼食とする。

P3240406

炊飯器の釜が鐘に!「ご飯できたよ!!」と鳴らすのか?

Dsc06578

キャンプ場周辺でもミツマタの黄色い花が美しい!

Dsc06583

馬酔木も満開だ。

P3240409

【12;10】出発点の「法宝寺」目指して出発だ。

P3240412

【12:13】「法宝寺跡」を目指して進むと「室尾城跡」180mの標識あり。城があったのか?寄って見ようと右折する。

P3240415

【12:17】程なく城跡らしき場所に着いたが古い墓石のようなものが数基並ぶのみではっきりせず、案内も見当たらない。中世期に砦のような城があったようだ。

P3240418

【12:29】「法宝寺跡」の先で登りに歩いた本コースに合流する。

P3240420

「法宝寺跡」周辺もミツマタが美しい。

P3240423

ここのミツマタが一番満開かも・・・?

P3240425

予定より早く快調に歩を進める。

P3240428

「八幡神社」境内まで戻って来た。

P3240434

【13:03】予定より1時間ほど早く、出発点の「法宝寺」駐車場に到着する。

P3240443

「法宝寺」からすぐの「天然温泉 奥香の湯」に立ち寄り汗を流す。
ヌルヌルの湯室で内装も豪華で設備も揃っていて良い温泉だ。

P3240446

時間も早くゆっくりと喉を潤そうと楽しみにしていたが残念無念!お食事処「奥香」は改装中で休業中だった!がっくり!!

P3240448

帰り道、朝は見えなかった「室尾山」の堂々とした山容が良く見える。


「室尾山ハイク」予想外の雪も見ることができ、初春の花「ミツマタ」や「馬酔木」も見れ、史跡も多く満足できるハイクとなった。心配されたコースの荒れも大したことなく、道に迷う事も無かった。

 
これで私の「ふるさと兵庫100山」も93座となった。残り7座となり、ゴールデンウイーク中には達成したいな!?

 

まだまだ真冬だった!雪と霧の「暁晴山ハイク」

P3220408
「黒尾山」を昼前に下山出来たので予定通り「ふるさと兵庫100山」本日2座目、トータル92座目になる「暁晴山(ぎょうせいざん)」に向かうことにした。国道29号線まで戻り、北上し最も手軽な登山口「峰山高原リゾート」を目指した。
_c__users_keime_appdata_local_packages_m_1
今日のコースは
峰山高原リゾート→ハイキング道→暁晴山 往復
活動距離 5.3km、高低差 158m
P3220341
【13:20】「黒尾山」登山口から1時間10分ほどで「峰山高原リゾート」の駐車場に到着する。標高は約900mあり、さすがに寒い!車の車外気温は1℃を示している。
P3220345
【13:27】寒さ対策を万全にして「峰山高原リゾート ホワイトピーク」をスタートする。
P3220350
スキー場のゲレンデを横断する。サクラの開花情報を耳にする今日この頃だが冬に逆戻りしたような環境だ。今年は暖冬で積雪が少なく大変だろうな!?この雪は人工雪のようだ。
P3220358
スキー場のゲレンデに平行して続くハイキング道を進む。舗装され緩やかな上り坂が続く。ここでもミツマタが咲き始めていた。
P3220364
霧が深くなってきた。
P3220366
馬酔木の花も満開近い!?
P3220369
国交省のアンテナ管理道に入る。
P3220371
この霧!この寒さ!舗装道が続くので心配なく進めるが山道なら不安になり引き返していたかも?
P3220378
【14:04】「近畿地建 暁晴無線中継所」に到着する。山頂はすぐそこだ。
P3220380
【14:05】山頂手前の土の道を登る。
P3220382
【14:06】スタートから39分で標高1077m「暁晴山(ぎょうせいざん)」山頂に到着。「ふるさと兵庫100山」「宍粟50名山」にも選定されている。
このような天候になり今日ばかりは安易なピークハンターで良かったと感じた瞬間だ。
P3220387
ここも山頂からの展望の素晴らしさは良く知られているが今日は全く何も見えません!
P3220389
周囲には電波塔が林立する。
P3220398
早々に来た道を下山しました。平行するスキーゲレンデの緩斜面が続きます。この傾斜なら私でも十分滑れるかな?
P3220380
霧は一層深くなる。
P3220402
まるで夏山の雪渓を横断する気分!?
P3220410
【14:39】スタートから1時間12分で「峰山高原リゾート」の駐車場に到着する。
P3220412
日本で一番新しいスキー場として一昨年オープンした「峰山高原リゾート ホワイトピーク」だが採算取れてるのかな?
P3220413
「峰山高原リゾート リラクシア」ホテルも併設され、明日は土曜日、子供を連れた家族連れの姿も見かけた。
P3220419
帰りは播但道・神崎南IC方面に車を走らせたがさすがにこのルートの方が道路整備は行き届き2車線の道が続いていた。
ピークハントに徹したが、次回はもっと良い季節に砥峰高原の方からのんびり歩いてみたいものだ。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック