我が町 三田

三田里山山歩「晴天の昼ヶ岳から鳥飼山を縦走」

2020_0425_095235aa

緊急事態宣言後は単独・近所・マイカーを前提に好天の下、市内の里山に出かけた。

昭文社発行の三田市地図に山名が記載されている山が26座あるが順に踏破してきて24座、25座目となる「昼ヶ岳」「鳥飼山」を目指した。三田市の東端、波豆川の山で猪名川町との境の山だ。

Photo_20200426093401

今日のコースは

三田アスレチック駐車場→林道→内田池→昼ヶ岳→P554→鳥飼山→高畑峠→三田アスレチック駐車場

距離 7.1km、累計高低差 520m、コースタイム 3時間半

2020_0425_095545aa

【9:50】三田アスレチックの広い駐車場に車を置かせてもらう。

2020_0425_095642aa

【9:56】「昼ヶ岳」に向け、スタートする。

2020_0425_095659aa

「大船山」の登山口は左折するが、そのまま直進だ。

2020_0425_095729aa

登山口横に古い石標があった。左 高平、右は良く読めない。大船山への登山道は高平から東、猪名川町へ抜ける古道だったようだ。

2020_0425_100020aa

集落の中を北上する。前方右手にはこれから歩く「昼ヶ岳」から「鳥飼山」へ連なる峰々が見える。

2020_0425_100503aa

地道となり進むと前方、遠くに「昼ヶ岳」が見えてきた。

P4250095

「マムシグサ」も姿を現した。

2020_0425_102306aa

渓流に沿って進む。勾配は徐々にきつくなる。

2020_0425_103951aa

【10:39】林道を40分余で大きな「内田池」に着く。

2020_0425_104046aa

北側の眺望が開け、遠くに見えるなだらかな山は三田市最高峰「三国ヶ嶽」か?

2020_0425_104218aa

コースを示すテープは見当たらないが「内田池」の右岸に入る。

2020_0425_104540aa

池と水路の中を進む。

2020_0425_105031aa

続いて右に枯れかかった沢を上る。

2020_0425_110112aa

尾根に出て右折する。テープも増えてきた。

2020_0425_110155aa

尾根道は途中巻き道となるが再び尾根道となり「昼ヶ岳」山頂を目指す。コースは明確で迷う心配は無いであろう!

2020_0425_110348aa

【11:03】スタートから1時間余りで標高595m「昼ヶ岳」山頂に着く。

2020_0425_110509aa

山頂は樹林に囲まれているが、南西方向は眺望が開け「大船山」の雄姿が美しい!

2020_0425_110717aa

【11:07】早々に下山スタートする。

2020_0425_111039aa

上り坂と違い、激下りだ。補助ロープが付けられ、慎重に下る。

2020_0425_111752aa

コバノミツバツツジは終わりかけとなってきたが、新緑が美しくなってきた。

2020_0425_111828aa

【11:18】峠に下り、再び上りに入る。

2020_0425_114313aa

次のピーク、昼ヶ岳南峰の下山路を少し西側に間違ったようだ。ストッパーのような鋼線が張られ修正を図る。

P4250185  

少し戻り、東にコース修正し、Mテープ発見!このポイント注意が必要だ。

2020_0425_115601aa

【11:56】3つ目のピーク、P554で昼食とする。

2020_0425_122407aa

【12:24】30分ほど休み、下山スタートする。

2020_0425_123509aa

下って行くと前方に「鳥飼山」の山頂が見えてきた。

2020_0425_124102aa

新緑が美しい。

2020_0425_124116aa

【12:41】鞍部まで下り、「鳥飼山」の上りに差し掛かる。

2020_0425_124744aa

上りに差し掛かると右手に「大船山」が良く見える。

2020_0425_125706aa

山頂手前の岩場を上る。

2020_0425_125921aa

【12:59】標高528m「鳥飼山」山頂に着く。

2020_0425_125904aa

ここも周囲は木々に囲まれているが西側「大船山」が良く見える。馬酔木の新緑とマッチして美しい。

P4250221

大船山の南には「羽束山」「烏ヶ岳」が良く見える。

2020_0425_130544aa

【13:05】下山スタートする。

2020_0425_131450aa

この縦走コースは三田市と猪名川町の境を歩くが、市町村境を示すのか境界石が誘導してくれる。

2020_0425_132547aa

【13:25】「高畑峠」に着く。

2020_0425_132713aa

標識が立つ。

2020_0425_132814aa

ここまで来ると宝塚市最北部との境になるようだ。手書きの珍しい標識だ。

2020_0425_132826aa

ここも昔からの古道のようだ。旅の安全を祈願する峠のお地蔵さんが祀られている。と言う事は高平から東西に繋がる古道であろう!?かつて高平は有馬郡ではなく川辺郡であったと聞く。ならば重要な幹線路かも?

2020_0425_132846aa

「高畑峠」から南には「高畑山」「広照寺山」と連なる。しかし、今日はここまで!

2020_0425_133020aa

林道を「波豆川」に向け下山進める。

2020_0425_134926aa

途中、振り返ると歩いてきた峰々がきれいに見える。

2020_0425_135325aa

【13:53】スタートから4時間弱で「三田アスレチック」駐車場に戻る。

天候に恵まれ、コバノミツバツツジと新緑のコントラストが美しく、大船山の雄大な眺望も素晴らしく、コース整備もされていて、アップダウンも多く変化に富み、思ったより良い縦走コースだった。途中出会ったハイカーはゼロ!こちらは予想通りだ。

これで三田26座も残り「向山」を残すのみとなった。今月中には終えてしまいたい。

山の会、コロナによる活動自粛前に「千丈寺山」

P4040122

2月1日に登った「千丈寺山」歴史探訪ハイクに「相野駅山の会」のメンバーと共に行ってきた。

春の訪れが遅い三田でもサクラが満開となった。本来なら「さくら回廊ウォーク」の日だな!

Photo_20200405154901

今日のコースは

上青野感神社→青野峠→北千丈寺山→千丈寺山→分岐→青野城址→下青野感神社→下青野公園

活動距離 5.6km、累計高低差 上り/486m、下り/511mm、コースタイム 約4時間

P4040113

【9:05】「下青野公園」に9時に集合し、一部車を残し、「上青野感神社」駐車場に移動し、スタートはここからだ。

新しいメンバー、久しぶりのメンバーも加わり、まずは自己紹介朝礼からスタートする。

P4040116

【9:08】まずは「上青野感神社」を参拝する。

P4040120

【9:12】さあ!県道を南にスタート!遠くに青野城址・高根山が見える。

P4040124

【9:19】上青野の集落を抜け、シカ除けガードから乙原への峠道に入る。

P4040127

荒れた峠道を進む。荒れてはいるが道はしっかりと確認できる。

P4040137

【9:47】「青野峠」に着き、ひと休み。

P4040140

峠から右に!稜線を「北千丈寺山」に向けて進むが厳しい急登が続く。

P4040149

アセビの花が美しい。

P4040153

【10:37】標高577m「北千丈寺山」山頂に着く。

P4040158

「ツルシキミ」の花が満開だ。

P4040160

【10:43】「てんぐの森」からのメインルートと合流する「松住権現」に着く。

P4040168

尾根道を「千丈寺山」に進むと左手に「大船山」「烏ヶ岳」などが美しい。

P4040170

正面に「千丈寺山」山頂が見えてきた。

P4040172

山頂手前の岩場を上る。

P4040174

岩場には岩の隙間に力強くスミレの花が咲く。

P4040177

【11:01】スタートから1時間50分で標高589.6m「千丈寺山」山頂に到着する。「ふるさと兵庫100山」にも選定されている。

P4040175

今日のメンバー男性12名、女性8名合わせて全員20名揃って記念の一枚です。

P4040184

【11:09】山頂の岩場直下の「千丈寺大権現」を参拝する。

P4040179

コバノミツバツツジも少し満開を過ぎたところか!?

P4040195

【11:13】少し時間は早いが少し先の眺めの良い岩場で昼食とする

P4040190

晴れていて気温は高いが今日も靄っていて眺めはもう一つだ。眼下に「千丈寺湖」が広がる。

P4040198

【11:42】30分ほど休み、下山スタートする。

P4040201

アップダウンの少ない稜線を快調に進むが、一部倒木もある。

P4040208

【12:08】「千丈寺山」山頂がきれいに見える。

P4040206

稜線上からは先日登った「烏ヶ岳」や「羽束山」なども良く見える。

P4040210

歩きやすい稜線歩きが続く。

P4040213

【12:20】北浦神社への下山標識が高根山(青野城址)への右折ポイントだ。

P4040221

ここからは前回、道なき道を「高根山」へ辿ったが、その後Mさんがルート開拓してくれて小枝の伐採やテープ付けをしてくれて歩きやすくなった。とは言え、こんな所です。

P4040223

鞍部まで下り、上りに差し掛かる。

P4040232

【12:52】分岐から約30分で標高362m「高根山(青野城址)」に着く。山頂には遺構は見当たらず、NHKのアンテナが立つのみだ。

P4040227

山頂からは素晴らしい展望で眼下には「千丈寺湖」、その奥にはニュータウンが広がる。

P4040237

NHKの巡視路を下る。

P4040239

このルートは道ははっきりしているが、激下りだ!!

P4040245

【13:23】「下青野感神社」に到着する。

P4040251

「下青野感神社」鳥居前の桜は満開!!

P4040258

のどかな田園地帯を下青野公園に向かう。菜の花が美しい!バックの山が「高根山(青野城址)」だ。

P4040262

【13:42】スタートから4時間半「下青野公園」に到着する。公園では家族連れが間隔を空けテントを張ってBBQを楽しんでいる。

ところどころ荒れてはいるが、変化に富み、眺めも良い歴史探索コースだ。あまり紹介されていないがなかなか面白いコースだと自負しているのだが・・・?

 

「相野駅山の会」では月例ハイクはマイクロバスをチャーターして進めてきたが3つの密の新型コロナ感染拡大条件にマッチするため2月よりバスは止め、マイカー分乗にて進めてきた。しかしながら新型コロナの感染拡大の勢いはとどまらず、東京ではついに一日の感染者が100人を越え、兵庫県でも二けたの感染者が続いている。

マイカー分乗でも少人数ではあるが密閉構造であり、多人数での山歩きは屋外とは言え、密集、密接は避けられない。花が次々と咲き始め、気候的にも最適シーズンではあるが、我々の命を守るため、当面の間、収束方向が見えるまで活動を自粛することにした。

世界に平和が戻り、一日も早く再開できることを祈る!

三田里山山歩「駒宇佐八幡・奥山・奥山川渓谷ハイク」(下見)

P1180471

1月7日のハニーFM「やまよもやまばなし」でOさんより「秘境 奥山と奥山川渓谷探訪ハイク」が紹介された。本荘まちづくり協議会が地域の活性化を踏まえて郷土の山をハイキングコースとして再生しようと関連メンバーの皆さんが登られたレポートだった。

相野駅山の会メンバーにもこの放送を紹介すると我々も一度登ってみたいとの声多く、10名を越えるメンバーで今月26日(日)に登る事になった。しかしその前に一度登ってみておこうと一人で下見に出かけることにした。

Photo_20200118223901

今日のコースは

駒宇佐八幡神社駐車場→駒宇佐八幡神社→関電鉄塔→奥山→奥山川渓谷→駒宇佐八幡神社駐車場

活動距離 約5km、高低差 426m、標準コースタイム 3時間

P1180336  

【10:15】我が家から20分ほどで「駒宇佐八幡神社」駐車場に到着し、車を置かせてもらう。

P1180337

【10:22】出発準備を整え、「駒宇佐八幡神社」に向かったスタートする。

P1180340

明日19日は「厄除大祭」の祭礼が行われるようで、鳥居前では補修。清掃が行われていた。

P1180341

静かな参道を進む。

P1180344 P1180345

駒宇佐八幡神社は創祀が859年と古く、厳粛な雰囲気が漂う。珍しい長床の社の下をくぐり境内に入る。

P1180348

【10:27】本堂は江戸時代・明和年間(1764-1771)に三田藩主九鬼隆邑と須磨田6ヶ村により再建されたそうだ。毎年11月23日新嘗祭に行われる雨乞い祭り「百石踊り」が有名で県指定無形文化財になっている。

P1180351

【10:30】「駒宇佐八幡神社」裏山の八幡山をまず目指すが登山口が良くわからない。本殿右手奥に登山口らしき所あり、中に入る。

P1180353

道だか谷だかわからないが水の無い谷を登ると石積みの堰堤に出て、左側から巻いて登る。

P1180354

荒れた谷?道?を進むと黄色いテープを見つけた!一安心!しかし見つけたのはこれだけ!YAMAPの破線ルートとは明らかに東に逸れている。

P1180356

【10:43】谷筋をよじ登り、支稜に出た。稜線沿いに進むがテープは見当たらない。

P1180363

【11:00】別な支稜と合流し、YAMAPの破線と合致した。テープも見つかり、ひと安心!登山口はやはりもう少し西側だったのか!?

P1180368

テープを確認しながら進むと右手奥に山頂が見えてきた。奥山か?

P1180373

【11:13】木々が伐採され、周囲は明るくなり、関電鉄塔に着いた。

P1180375

ここからは良い眺めだ。蛇行する武庫川と右手(西側)に見えるのは「焼山」「西鎌倉山」だ。

P1180379

鉄塔越しだが左手には「須磨田三山」が連なり合間には「大船山」が見える。

P1180385

関電鉄塔まではテープと踏み跡頼りに進んだが、ここから関電巡視路になっていて嘘のように整備されたコースになる。

P1180390

【11:26】「八幡山」山頂は表示無く良くわからないがピークを過ぎ分岐あり。右手が関電巡視路で奥山川へ真っすぐ下る。左手に進み「奥山」を目指した。

P1180396

一旦下り、「奥山」を目指すが、コースはまたもテープ、踏み跡頼りに進むことになった。稜線上には数字が記入された境界石(?)もコースを導いてくれる。

P1180404

【11:40】スタートから1時間20分ほどで標高580m「奥山」山頂に着く。

P1180406

山頂は木々に覆われ展望は全く効かない!軽食を軽くつまんで早々に下山スタートする。

P1180409

北東側に稜線上を下山進めるが、コースはやはり不明瞭で踏み跡、テープ頼りに下る。

P1180416

途中から傾斜は急になり、川のせせらぎの音を聞きながら慎重に下る。

P1180424

【12:19】「奥山川渓谷」に出た。ひっそり静かな光景が広がる。

P1180430

右岸を下流に向かい進むが川に沿ったり高巻きをしたりして進む。

P1180435

【12:33】右岸から左岸に渡渉する。

P1180439

【12:49】その後もテープ頼りに渡渉繰り返し、最後に大きな一枚岩を右岸に渡渉する。

P1180441

大きな岩がゴロゴロ、美しい渓谷に沿って下山進める。

P1180443

渓谷と離れ、ほぼフラットな幅広い道(元林道?)を進むが、岩、枝、落ち葉が散乱し見た目ほど楽な道ではない。

「奥山川渓谷」には雄滝、雌滝など景勝地があるようだが表示無く場所がわからなかった。

P1180446

【12:58】渓谷とも別れ、堰堤横を進む。

P1180451

【13:06】「奥山川」に架かる橋を渡り振り返る。あの山は?

P1180456

【13:07】車道に出る。

P1180461

【13:11】県道に出て右折し「駒宇佐八幡神社」駐車場を目指す。

P1180465

【13:13】下山時間は1時間半、出発から2時間50分で出発点の「駒宇佐八幡神社」駐車場に戻る。

色とりどりのテープがコースを誘導してくれ、ほとんど迷わずに下山出来た。特に危険個所は無い。しかし雨上がりや雨天時は激下りや渡渉が厳しくなることが予測され注意が必要であろう!

このコースには旧跡「駒宇佐八幡神社」あり、景勝「奥山川渓谷」もある。山頂周辺の伐採、展望改善、休憩場所の確保と全体的なコース整備、標識整備などできれば十分ハイキングコースとして再生でき、村おこしに繋がるのではないか!?

最近のトラックバック