三草山ハイク

梅雨の中休み!急いで7月の「三草山ハイク」

P7080088

梅雨の中休みで午前中は天気が良さそうだ!ならばといつもの山仲間を誘い、7月の「三草山ハイク」に出かけた。

P7080039

【9:00】三草登山口に集合し、スタートする。

今日のコースは蒸し暑いので樹林帯の中を巡る

三草登山口→炭焼窯跡古道→三草山→三草古道→三草登山口

活動距離   4.8km  高低差  324m

P7080040

先月末に登った時より登山口周辺の花々は少なくなったが新たにこのような背は高く、小さな花が咲いていた。

アレチノハナガサ(荒地花笠)と言うそうだ!

P7080045

【9:11】分岐を古道側、右手に進む。

P7080047

昭和池畔を進む。

P7080051

【9:32】左、古道と右、炭焼窯跡古道の分岐に着き、先月末に続き右に進む。

P7080056

【9:36】大人の隠れ家に着き、ひと休み。美味しいメロンをいただく。

P7080058

【9:50】炭焼窯跡3ヶ所を進むと、勾配が急になってきた。

P7080063

急登を進む。直射日光は遮るが蒸し暑く汗が噴き出す!!

P7080066

【10:06】鹿野コースの尾根道に出る。

P7080072

【10:17】標高423.9m「三草山」山頂に到着。

Dsc07573

メンバー3人揃って記念の一枚。

P7080077

スタンプ帳も7個目です。

P7080085

【10:48】下山路は三草古道を選択し、下山スタート。

P7080087

昭和池目指し、歩を進める。

P7080093

【11:42】あまり見どころなく、蒸し暑いだけの7月の「三草山ハイク」も無事終了です。

久しぶりの炭焼窯跡古道から「三草山ハイク」

P6280260

やっと梅雨入りしたが、今度は雨予報が続く。上半期中に40日の登山日数目標を設定していたが、週末は雨予報で計画も中止になり、一日足りない。今日は何とか大丈夫そうなので今月二度目となるが急きょ、いつもの「三草山」に出かけることにした。

P6280247

【9:17】いつもの三草登山口に着き、スタートする。

Screenshot_20190628183131-1

今日のコースは久しぶりに「炭焼窯跡古道」を登った。

三草登山口→炭焼窯跡古道→三草山→三草コース→三草登山口

活動距離 4.8km、高低差 324m

P6280264

【9:27】分岐を三草古道に進む。

P6280265

昭和池畔を進む。

P6280268

山頂方向が見えてきた。

P6280271

【9:44】三草古道との分岐を炭焼窯跡古道に進む。

P6280282

【9:49】「大人の隠れ家」を通過する。

P6280288

蛾か蝶か良くわからないが異常発生か?たくさん飛び交う!!

P6280295

何年ぶりかの「炭焼窯跡古道」だが、歩く人が少ないのであろう!?荒れているがそれがかえって魅力かも?

P6280297

沢沿いのコースを進み炭焼窯跡一つ目を通過する。

P6280304

続いて二つ目を進む。

P6280306

荒れた急坂を登る。

P6280308

【10:14】鹿野コースに続く尾根道に合流する。

P6280311

尾根道を上り、山頂を目指す。

Dsc07481

【10:23】標高423.9m「三草山」山頂に到着する。

Dsc07477

新しく設置された日付看板はベンチの上に置かれていたが、案内碑下に変わっていた。ベンチを一つ潰してしまうよりこの方が良いかな?

Dsc07478

雨は降っていないがドンより曇り、蒸し暑い!六甲の峰々も見えない。

P6280324

【10:40】三草コースを下山スタートする。

P6280327

いつもの良く整備された三草コースを下る。

P6280331

昭和池が近づいてきた。

Dsc07488

平坦なコースに戻るとたくさんの山野草が花を付けていた。ノイバラ。

Dsc07496

ウツボグサ

Dsc07516

オカトラノオ

Dsc07489

ハマハナセンブリ

Dsc07501

シロツメグサとミヤコグサ

Dsc07513

カワラマツバ

Dsc07527

シラン(知ってるけどシラン!)

Dsc07529

これもきっとシラン?

Dsc07530

たくさんの山野草が花を付け、大満足のハイクとなった。

P6280334

【11:29】スタートから2時間10分ほどで三草登山口駐車場に戻る。

これで2019年上半期目標通りハイキング日数は40日を達成した。年間80日を目指して元気に登り続けたいものだ。

明日は梅雨入り?急いで6月の「三草山ハイク」

P6060154_1  

天気予報では明日7日にも梅雨入りの報道。ならばその前に急いで6月の「三草山ハイク」を済ませておこうと急いでいつもの三草登山口に車を走らせた。

P6060109

【10:47】三草登山口をスタートする。

今日のコースは

三草登山口→三草コース→三草山→三草古道→大人の隠れ家→三草登山口

活動距離 約5km、高低差 高低差 324m

P6060190

これほど群生していたとは気づかなかったノイバラが満開だ。

P6060118

アザミも咲いていた。

P6060120

この花も毎年見かけるが・・・?コガクウツギと言うウツギの一種のようだ。

P6060129

【11:15】中間地点を越え、山頂が見えてきた。梅雨入り前で蒸し暑く、汗が噴き出し、ピッチが上がらない。

P6060137

この地味な花は?コウゾ、ミツマタと並ぶ和紙の三大原料と言われるガンピ(雁皮)。

P6060145

【11:47】ちょうど1時間かかって標高423.9m「三草山」山頂に到着する。

P6060147

山頂の看板もすっかり定着したかな?

P6060150  

スタンプ帳も半分終わりだ。

P6060160

【11:53】山頂でおにぎりを食べる予定だったが、日当たりよく、気温も高いので古道途中の「大人の隠れ家」で休もうと早々に下山スタートする。

P6060167

昭和池を見ながら下山進める。

P6060158

ところどころにモチツツジが残っていた。

P6060180

【12:17】大人の隠れ家で一休みし、おにぎりを食べる。

P6060178

大人の隠れ家は日陰で気持ち良い風が吹き抜けるが、それでも27度ある。暑いはずだ。

P6060186

昭和池横を進む。

P6060193

【12:50】スタートからほぼ2時間で三草登山口に戻る。

夏山シーズンも近づいてきた。暑さ対策も万全にしておかないといかないな!!

令和 初ハイクはもちろん5月の「三草山ハイク」

Dsc07057

令和になって二日目、良い天気となったので友を誘って早速、令和初ハイク、5月の「三草山ハイク」に出かけた。

山頂に見慣れぬ看板を発見!!加東市さん!ありがとうございます。

P5020022

【9:55】山の会の先輩 Aさん、学生時代の友人 Mさんと三草登山口で待ち合わせスタートする。

001_microsoftedge_user_default_webn

今日のコースは

三草登山口→三草コース→三草山→鹿野コース→朝光寺→鹿野登山口→昭和池→三草登山口

活動距離 9.6km、高低差 324m

P5020024

2週間前に登った時とは花も大きく変化している。今日の中心は「アオダモ」だ。

P5020025

ミツバツツジも色薄く、花が大きいモチツツジに移っている。

P5020027

【10:25】中間地点を越え、山頂が見えてきた。

P5020040

【10:55】スタートからちょうど1時間、多くのハイカーで賑わう「三草山」山頂に到着する。

Dsc07071

ベンチの上に見慣れぬ看板を見つけた。加東市が令和スタートに当たり、写真撮影用にこのような看板を作成してくれたようだ。

Dsc07076

月日交換用の数字や、取替用の看板が用意されている。

Dsc07077

Mさんとは2月以来の記念の一枚です。

P5020044

スタンプ帳も5つ目です。

P5020048

【11:14】昼食にはまだ早いので、「朝光寺」で取ることにして鹿野コースを下山スタートする。

P5020051

【11:34】鹿野コースから朝光寺への分岐を左折する。

P5020053

振り返れば、新緑の向こうに「三草山」山頂が見える。

P5020057

アオダモがどこでも満開だ!

P5020059

眼下に「朝光寺」が見えてきた。

P5020064

【12:08】「朝光寺」端の駐車場に到着する。

P5020067

いつも静かな、国宝「朝光寺」境内で昼食タイムとする。

P5020069

【12:34】「つくばねの滝」に立ち寄ると、いつになく水量多くびっくりだ。

P5020080

茶畑横を抜け、「鹿野登山口」に向かう。

P5020090

【13:13】「鹿野コース」入口から再び登山道に入る。

P5020104

昭和池畔を進み、三草登山口を目指す。

P5020108

歩いてきた稜線が良く見える。

P5020121

【13:52】スタートから4時間弱で出発点の「三草登山口」駐車場に到着する。このコースを4時間かからず戻ってくるのは早い!普段はゴルフ程度と言っていたMさんの頑張りに驚く!次回は8月だそうだ。

いろいろ楽しませてくれる「加東市」に感謝です。令和スタートに合わせ記念写真用の看板を整備してくれるとは!ありがとうございます。

春爛漫!遅ればせながら4月の「三草山ハイク」

P4200662

朝から雲一つ無い快晴の土曜日、4月の「三草山ハイク」に出かけた。他のハイキング日程や仕事で忙しく、行こうと思えば雨!となかなか行けず20日も経ってしまった。月が替わり3日以内を心掛けてきたがいつになく遅くなった。

いつものように「三草登山口」に向かって車を走らせると青空の下「三草山」が見えてきた。

P4200645

【9:30】いつもの「三草登山口駐車場」に到着する。晴天の土曜日なのに意外と車が少ない。

今日のコースはいつもと同じ

三草登山口→三草コース(尾根コース)→三草山→三草古道(林間コース)→三草登山口

活動距離 約5km、高低差 320m

Dsc06860

【9:39】出発準備を整え、三草登山口をスタートする。

Dsc06869

三草コースを進む。

Dsc06876

山仲間のU植物博士に聞くとこれはアオダモの花だそうだ!野球のバットに使う木だよね!?

Dsc06878

【10:04】中間地点を過ぎ、山頂が見えてきた。いつ見ても良い光景だ。

Dsc06888

振り返れば歩いてきたコースが良くわかる。

Dsc06893_1

【10:26】汗びっしょりで残り0.4kmポイントを通過する。

7676

【10:35】スタートから56分かかり標高423.9m「三草山」山頂に到着する。

Dsc06904

山頂のヤマザクラが満開だ。

7677

良く晴れて、空気も澄んでいる。六甲の峰々や明石大橋も良く見える。

P4200607

写真には見えないが多くのハイカーがお弁当を食べる。

P4200602

今年のスタンプカードも早や4つ目です。

P4200603

新しいベンチが4セット設置されていた。加東市さんありがとうございます。

P4200612

【11:08】30分ほど休み、三草古道を下山スタートする。

P4200618_1

昭和池を見ながら下山進める。

P4200621

ミツバツツジがどこも満開だ。

P4200638

昭和池畔を進む。

P4200652

【11:55】下山時間45分、スタートから2時間15分ほどで三草登山口駐車場に到着する。

毎年思う事だがこれほどミツバツツジがあったかと思う程にどこも満開だった。4、5月と三草山も多くの花が咲き、一番良い季節だ。

国宝 朝光寺から往復!3月の「三草山ハイク」

P3020078

3月に入り、最初の良く晴れた春の到来を感じさせる土曜日を迎え、早速、月例の「三草山ハイク」に出かけた。今日はいつもの「三草登山口」ではなく、下山はしたことあるが初めて「朝光寺登山口」から登ることにした。

P3020040

【8:23】我が家から車を走らせ15分ほどで朝光寺に到着し、裏の駐車場に車を停め、出発準備を整える。

P3020043

登山口横にはハンターに注意喚起する看板が!

P3020045

【8:28】駐車場から道路を渡り、防火水槽奥の登山口から山道に入る。

P3020046

山道に入り、すぐに倒木がコースを遮る。昨秋の台風の被害のようだが、う回路整備されていた。

P3020049

しかしこの倒木を過ぎれば、自然林の中、良く整備された山道となり尾根道までは真っすぐに急登が続く。

P3020052

振り返ればサンロイヤルGCから東条湖ランドが良く見える。

P3020055

【8:48】「権現山」との分岐に着き、巻き道を進むことにした。

P3020059

【8:51】右手に小さな池が現れた。

P3020064

馬酔木の花を見つけた!春の到来を確信する。

P3020066

【9:00】鹿野コースに合流する。

P3020073

緩やかなアップダウンが続く尾根道を進む。「三草山」山頂が見えてきた。

P3020084

【9:16】畑コースと合流する。山頂は近い!

P3020094

【9:19】標高423.9m「三草山」山頂に到着する。時間は51分、三草コースより少し楽かな?

P3020098

気温は高いが靄がかかったようで見通しは良くない。北側の白髪岳や西光寺山などを望む。

P3020086

時々出会うナナちゃんは今日も元気に三草登山だ!

P3020090

今年のスタンプ帳も3個目をゲットし、通算91回目三草山登山となった。

P3020104

三草コースを登ってきた山の会の奥様お二人と合流し、記念の一枚。

P3020107

【10:21】ちょうど1時間ほど休憩し、一緒に「朝光寺コース」を下山する事になった。

P3020110

【10:44】鹿野コースと別れ、「朝光寺コース」へ左折する。

P3020112

支陵を進むと左手に「三草山」山頂が良く見える。

P3020116

「権現山」山頂に立ち寄る。フラットな山頂には礎石のような石が残り、かつてここに何か建物があった事が伺える。後から聞いた話だと「権現山」山頂から池のほとりにかけてかつて「朝光寺」はここにあり、平安末期に麓の現在の場所に移ったそうだ。

P3020120

見下ろすと「朝光寺」の屋根が見えてきた。

P3020121

歩を進めると熊手や枝切ばさみなど七つ道具を背負った男性に出会い、暫く立ち話。長年一人で「朝光寺コース」の整備をされているそうだ。確かに前回通った時より道幅も広がり、格段に歩きやすくなっている。ありがとうございます。

権現山周辺の「旧朝光寺跡」の発掘調査を加東市に依頼しているが費用が掛かり過ぎ認められないとこぼしておられた。

P3020124

【11:18】スタートして1時間弱で登山口に下山する。

P3020127

静かな「朝光寺」境内を散策する。

開基は651年、高野山真言宗の寺院で本堂は国宝に指定されている。1189年ここに移るまではやはり先ほどの権現山山頂にあったそうだ。

P3020129

付近に自生するツクバネから命名された「つくばねの滝」を見学。小さい滝だが水量豊富で良い雰囲気がただよう。

P3020135

再び境内に戻る。

P3020137

静かな境内を散策する。前回参拝時にはボランティアのガイドさんに会ったが今日は誰にも会わない。

P3020138

多宝塔横の馬酔木は満開だった。

P3020143

鐘楼も国の重要文化財に指定されている。

岩場が続く男性的な三草コースと異なり、自然林に囲まれ史跡も多い静かな朝光寺コースは良く整備されお二人も満足していただけたようだ。二人を三草登山口に送り届け散会した。

節分イブに春?友と共に2月の「三草山ハイク」

P2020023

2月に入り、明日は節分、明後日は立春となるが天気の変化が日ごとに大きい!今日は節分イブにも関わらず春を思わす好天となった。

フェイスブックを見る友人から一度、「三草山」に連れて行ってほしいとの要望に応えて2月の「三草山ハイク」に向かった。

001_microsoftedge_user_default_webn

今日のコースは

三草登山口駐車場-三草コース-三草山-鹿野コース-三草神社鳥居-ショートカットー昭和池-三草登山口駐車場

歩いた距離 6.5km、高低差 320m

P2020016_2

【10:30】いつもの三草登山口駐車場に到着したが月初め、土曜日、好天と条件が揃ったためか駐車場は満車状態でやむなく登山口側の空き地に車を停める。

P2020017

ボランティアの方々が駐車場周辺の雑草を刈り、野焼きしてくれていた。ありがとうございます。

P2020018

【10:38】三草登山口をスタートする。

P2020020_2

【10:46】三草コースに左折する。

P2020022

【11:07】中間地点を過ぎ山頂が見えてきた。

P2020025

【11:31】残り400mポイントを通過する。

P2020027

【11:46】スタートから1時間5分で標高423.9m「三草山」山頂に到着する。

P2020034

山頂はやはり多くのハイカーで大賑わいだ。

P2020032

雲一つ無い快晴、無風だが靄がかかったようで六甲の峰々は良く見えない。

P2020033

一緒に登ったM君と記念の一枚。

P2020029

スタンプ帳に2月分を押し、累計90回目の「三草山ハイク」となった。年内に100回は達成できそうだ。

P2020038

【12:35】ゆっくり昼食タイムとし下山スタートする。

P2020039

【12:38】鹿野コースを下山する。

P2020040

目指す昭和池が眼下に良く見える。

P2020044

【13:30】鳥居を過ぎ、鹿野コースと別れ、ショートカット路を右折する。

P2020048

【13:54】昭和池畔に出ると三草山山頂が良く見える。

P2020050

【14:00】出発から3時間半ほどで出発点の三草登山口駐車場に到着する。さすがに朝と比べれば駐車する車の数は減った。

P2020053

思いがけない暖かさで汗をかき、帰り道に久しぶりに「こんだ薬師温泉 ぬくもりの郷」に立ち寄り汗を流す。

お付き合いいただいたM君!如何でしたか?また一緒に登りましょう!

今年も期待外れだった雪の「三草山ハイク」

P1270047

この冬、我が町・三田にも初めて積雪となった。道には雪は積もらず、せいぜい2-3cmほどの積雪か!?ここ数年、雪が積もれば「三草山」に登っているが今年も行ってみようと車を走らせた。

P1270017

【11:36】積雪状況がわからず、岩場が多く、滑るリスクが高い三草コースを避け、正月の初日の出ハイクと同じ距離の短い畑コースを選択した。

畑コースの駐車場に到着し、出発準備を整え、畑登山口をスタートする。

今日のコースは

畑登山口→三草山→畑登山口

距離は片道1.5km、往復 3kmほどのコース

P1270021

スタートすぐから長い階段が続く。もっと積雪があるかと思ったがコース上には雪は無く、路肩に残るだけだ。

P1270029

【11;54】ベンチが置かれ、眺めの良い5合目に到着。

P1270031

5合目を過ぎ、少しは雪の量も増えてきたが、コース上には雪は残っていなかった。

P1270037

【12:01】山頂方向が見えてきた。

P1270041

【12:10】鹿野コースに合流する。山頂は近い。

P1270045

最後の稜線を進む。北風が強かったのであろう!?木の北側に雪が張り付いている。

Dsc06330

【12:13】標高423.9m「三草山」山頂に到着する。

Dsc06336

山頂広場にはさすがに誰もおらず、雪もほとんど残っていなかった。降雪量も大したことなく、時間も昼を過ぎ、気温も上がったため溶けてしまったのか?

Dsc06327

昭和池から南西方向を望む。

Dsc06334

ドンより曇り見通しは良くないが北西方向遠く、雪を被る「千ヶ峰」や「笠形山」がうっすら見える。

P1270054

【12:32】早々に下山スタートする。

P1270058

雪を被る「無量寿寺」を眺めながら下山進める。

P1270062

【12:59】スタートから1時間20分ほどで畑登山口に到着。出発時より一段と雪は溶け、ほとんど残っていない。

昨年も雪の「三草山」に登ったのは同じ1月27日だった。新雪の中をザクザク歩くことを期待したが昨年同様に雪はほとんど残っていなかった。残念!!

2019年初ハイクは「三草山初日の出ハイク」

Imgp2982

2019年新年を迎え、元旦は好天に恵まれ、初日の出が期待できるとの事。ならば昨年に続き「初日の出ハイク」「ご来光ハイク」に出かけようと向かった山は毎月登山を7年連続達成しているが初日の出ハイクは無く、一度やってみたかった「三草山」に向かった。

コースはいつもの三草コースは岩場もあり、安全を考えて距離も短い畑コースを登る事にして「畑登山口」に向かった。

今日のコースは

畑登山口→三草山→畑登山口 同じコースを往復

活動距離 約3km、高低差 約245m

P1010003

【5:50】駐車場の混雑を考えて早めに家を出て20分、畑登山口駐車場に到着する。しかし駐車場は60%程度は埋まっていた。

P1010005

【5:55】出発準備を整え、畑登山口をスタートする。月や星はきれいに出ていて良く晴れているが、まだ真っ暗!へヘッドランプに懐中電灯を持ってスタートする。

P1010006

厳しい急登の階段を登る。良く見えずピッチが上がらず、若者たちにはドンドン追い越される。

P1010009

【6:22】少し明るくなってきて山頂方向がボヤっと見えてきた。

P1010012

【6:32】鹿野コースと合流し、山頂はもうすぐだ。

Imgp2931

【6:35】標高423.9m「三草山」山頂に到着する。日の出まではまだ30分以上あるが、すでに50人ほどの人が待機していた。六甲山方向の稜線は黄色く染まってきて群青色の空との対比が美しい。

P1010021

日の出まではまだ時間があるので新しいスタンプ帳をもらい、一つ目のスタンプを押し、8年目のスタートです。

P1010023

今年一年も元気に登り続ける事が出来るように「三草山神社」に参拝する。

Imgp2948

南西方向は「雄岡山・雌岡山」から「明石大橋」「淡路島」が良く見える。

Imgp2955

西方向には昭和池の向こうに雲海が広がり美しい。

Imgp2958

早く来た皆さんは暖かいカップ麺を食べて今か今かと待ちわびる。

P1010032

気温を確認すると-1.5℃だが思ったほど寒くはない。

Imgp2968

【7:08】待ちに待った!六甲山の東、大阪方向から初日の出だ。

Imgp2973

昨年に続き、素晴らしいご来光だ!

Imgp2985

多くのハイカーがスマホやカメラ片手にシャッターを押しまくる。

Dsc06159

日の出までは長かったが、瞬く間に陽は昇る。

Imgp2988

気が付けば山頂には150人ほどのハイカーが・・・。

P1010044

【7:13】来た道を下山スタートする。

P1010045

【7:16】畑コースに左折する。

P1010048

朝日に向かってっ下山進める。当たり前ではあるが太陽の有難さを確認し、歩を進める。

P1010054

朝日を横から受けて赤く染まった林を下るが所々凍結していて足を滑らせないよう注意が必要だ。

P1010061

【7:42】畑登山口に下山する。

一年の計は元旦にあり!今年も元気に登り続けたいものだ。「三草山」8年目スタート!今年一日目の登山となった。今年も最低目標50日かな!?

好天に恵まれ7年連続毎月登山達成!「三草山ハイク」

Dsc06078

12月に入り、2018年も最終月となった。明日からは天候も崩れ、週半ばに寒波もやってくるとの事でならば今月の「三草山ハイク」に出かけようと思い立ち、いつもの「三草登山口」に車を走らせると見慣れた「三草山」が見えてきた。

「三草山」に毎月登り始めて7年目だがこれで7年連続達成だ。

Pc020090

【10:40】いつもの「三草登山口」駐車場に着くと、12月に入り、天候に恵まれたためでしょうか!?広い駐車場は満車状態で、残りスペース一つだけ!

Pc020092

【10:52】出発準備を整えさあ!スタート!

今日のコースはいつもと同じ

三草登山口→三草コース(尾根コース)→三草山→三草古道(林間コース)→三草登山口

活動距離 約5km、高低差 320m

Pc020095

【11:00】三草コースに左折する。

Pc020101

Pc020100いつもの階段に差し掛かると荒れていた石段が外されていた。整地し直して再設置してくれるのか!?有難い事だが自治体か?ボランティア?どこがやってくれるのか?

Pc020105

【11:16】中間点を過ぎ、山頂が見えてきた。

Pc020110

さすがに今日は行き交うハイカーは多い!

Dsc06066

【11:42】ちょうど50分で標高423.9m「三草山」山頂に到着。しかし50分は切れないなぁ!

Dsc06072

山頂からの眺めを期待したが快晴にもかかわらず気温が上がったせいか靄がかかったようで六甲の山々も見えない!

Dsc06073

山頂も多くのハイカーで賑わう。

Pc020119

スタンプ帳も全て埋まり、これで7年連続して毎月登山を達成できた。

Pc020121

「三草山神社」に今年も元気に毎月登れた健康に感謝する。

Pc020125

【12:01】「三草古道」を下山スタートする。

Pc020130

「昭和池」目指して快調に進む。

Pc020135

12月と言うのにこの暖かさのためか?ミツバツツジの蕾が!

Pc020140

季節を間違ったのか?トンボや蝶まで飛んでいた。

Pc020145

【12:42】出発点の「三草登山口」に1時間50分で到着。

7年と言う事は7x12=84回、その他に積雪時など3回登っていて合計87回登ったことになる。来年中には100回は達成したいものだ。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック