三草山ハイク

3月の「三草山」は炭焼窯跡古道を下る。

P3041250

緊急事態宣言が解除され、山の会活動も少しずつ再開しようと山の会グループラインで私にとって月例の「三草山ハイク」への同行を呼び掛けた。

多くのメンバーが集まり天候にも恵まれ久しぶりに賑やかな楽しい一日となった。

18

今日のコースだが「三草山」はコースがわかりすぎていてスタートボタンを度々押し忘れる。

スタート地点はゴール地点と同じ三草登山口です。

三草登山口→三草コース→三草山→三草古道→炭焼窯跡古道→昭和池周回→三草登山口

活動距離 6.2㎞、累計高低差 380m、標準コースタイム 約3時間

P3041166

【10:00】三草登山口駐車場に集合する。

P3041169

【10:04】青空の下、出発準備を整えスタートする。

P3041171

【10:12】三草コースに分岐を左折する。

P3041175

よく整備された登山道を進む。

P3041177

【10:36】中間点を過ぎ、山頂が見えてきた。

P3041180

快調に歩を進める。

P2051187

【11:15】2回休んだが、皆さん元気に1時間10分ほどで標高423.9m「三草山」山頂に着く。

P3041194_20210304224602

今日のメンバーは有志9名、特筆すべきは女性7名!!

P3041199

スタンプカードも今年も3つ目です。

P3041207

アセビも咲き始めたようだ。

P3041211

【11:50】山頂で昼食を取り、三草古道を下山スタートする。

P3041213

ありがたい事だ。どなたかわからないがコース整備をしてくれている。

P3041220

昭和池に向け、快調に進む。

P3041223

【12:16】炭焼窯跡古道コースへ左折する。

P3041226

【12:19】大人の隠れ家で休憩とする。

P3041227

【12:23】分岐を昭和池周回コースへ右折する。

P3041229

テープを確認しながら沢を下る。

P3041236

【12:29】このコースを下るのは3度目だが一昨日の雨のためか沢に水が流れる。最初の徒渉だ。

P3041239

水が流れて初めて認識できたがなかなか良い滑床だ。

P3041247

徒渉を繰り返し進む。

P3041249

【12:43】スケールのでかい保存状況の良い炭焼窯跡を通過する。

P3041253

水量多く良い雰囲気だ。

P3041258

皆さん身軽に徒渉する!

P3041259

【12:55】分岐から30分ほど下り、昭和池に出て東周回コースに左折する。

P3041262

周回コースを進む。

P3041267

【12:59】昭和池の水量少ないので池底を歩くことにした。

P3041275

バックに三草山が見える。

P3041278

【13:08】傾斜が急な所に出て、やむなく池畔の林に戻る。

P3041280

しかしコースと離れていて藪漕ぎとなる。

P3041281

【13:19】藪漕ぎ10分!無事コースに戻る。

P3041283

【13:24】お馴染みの鹿野コースからのコースと合流する。

P3041285

池に沿って進む。

P3041288

【13:36】天気予報通り曇り空となってきた。

P3041290

駐車場への最後の下りだ。

P3041293

【13:43】スタート3時間40分ほど三草登山口駐車場に戻る。

あまり馴染みの無い炭焼窯跡古道を下った。予想外に水量多く迫力出て、三草山ベテランメンバーも初三草山のメンバーも楽しんでもらえたようだ。

春近し!暖かく快晴!2月の「三草山ハイク」

P2051177

立春過ぎて暖かい日が多く、春はもうそこまでやってきているのか?山の会活動も緊急事態宣言発出により活動自粛とした。月例ハイクも出来ないため新たに入会した新顔さんお二人連れて2月の月例「三草山ハイク」に向かった。

5_20210205222201

今日のコースは

三草登山口→三草コース→三草山→鹿野コース→権現山→朝光寺→鹿野登山口→昭和池巡回コース→三草登山口

距離 9.3km、累計高低差 520m、標準コースタイム 約3時間半

P2051166

【10:00】良く晴れた朝を迎え、いつもの三草登山口に集合する。

P2051169

【10:05】出発準備を整え、スタートする。

P2051171

【10:15】三草コースへ左折する。

P2051174

【10:39】途中、休憩ベンチでひと休み、中間点を越え山頂が見えてきた。

P2051180

順調に歩を進めるお二人さん!

P2051184

【11:05】残り0.4㎞ポイントで二回目の休憩を取る。

P2051193

【11:19】標高423.9m「三草山」山頂に着く。

P2051190

山頂で山の会M夫妻に出会う。年明けからはハイペースで登山されてる!一日おきでは!?

P2051188

今日のメンバー3人揃って記念の一枚撮ってもらい、昼食タイムとする。

P2051167_01

スタンプ新調されたスタンプ帳も2月分ゲットです。

P2051191

午前中の用事を済ませ追いかけてくれたAさん交えて再度一枚!

P2051195

【12:08】50分ほど休み、鹿野コースへ下山スタートする。

今日は良く晴れているがPM2.5?黄砂?春霞?見通しは良くない!

P2051197

【12:12】分岐を鹿野登山口に向かう。

P2051200

眺めの良い尾根道を快調に進む。

P2051201

【12:32】分岐を「朝光寺」に向かう。

P2051207

途中、池を左折する。

P2051204

【12:42】標高383m「権現山」山頂に着く。山頂標識を見るのは初めてだが最近YAMAPに良く掲載されているので確認にやってきた。

P2051205

山頂はフラットになっていて礎石らしき石も残る。かつて朝光寺が建っていた場所だが平安末期の1189年に現在の麓の場所に移されたそうだ。

P2051210

池まで戻り、「朝光寺」に向け下山する。

P2051212

【13:04】「朝光寺」前に下山する。

P2051220

国宝「朝光寺」を見学する。

P2051228

【13:14】続いて「つくばねの滝」にやってきた。年明けの3連休にはこの滝も氷瀑化したのかな?

P2051240

「鹿野登山口」に向け車道を歩く。

P2051246

サンロイヤルゴルフクラブ裏を歩いているとパラソルが!?何かと見ると猫がいるではないか?捨てられたのか?高そうな洋猫だ。誰かが餌や水は与えているようだがこのような人も車も滅多に通らぬ場所で可哀そう!!

P2051251

【13:58】鹿野登山口駐車場に到着する。ここにも工事中のため通行できないとの看板が立っている。不安を感じながら登山口に向かう。

P2051253

今まで気づかなかったが歴史を感じる道標あり。右 みくさ、左 やしろ か?

P2051255

【14:02】登山口側に回って見るが工事場所は見当たらず、登山道を進む。

P2051260

【14:07】舗装工事を終えたばかりか新しい林道が通っている。どこに通じる道かわからないが工事は終わっていて通行には何ら問題ない。工事期間は令和4年3月末となっていたがどういう事か?わからない!

P2051267

【14:10】全く問題無く山頂と昭和池の分岐に着き、左に進む。

P2051275

いつもながら気持ち良い昭和池畔を歩き、三草山山頂を望む。

4253

【14:42】スタートから4時間半あまり出発点の三草登山口に戻る。天候に恵まれ気持ち良い2月の月例「三草山ハイク」だった。

2021年のハイク2日目も「三草山」

P1061093

学友M君との3ヶ月に一度の「三草山」ハイクに山友を誘い出かけた。私には2021年新年ハイク2日目も「三草山」となった。

どうも「三草山」に登るときはコースがわかりすぎてYAMAPをオンするのを忘れてしまう!今日のコースは

三草登山口→三草コース→三草山→三草古道→炭焼窯跡古道→昭和池周回→三草登山口

P1061007

【10:40】いつもの「三草登山口」駐車場に集合する。

P1061011

【10:49】さあ!スタート!

P1061013

スタート早々、О夫妻と出会う!久しぶりだがお元気そう!4合目のベンチまで登られたそうだ!

P1061015

【11:03】分岐を三草コースに左折する。

P1061016

今日は暖かく汗が出る。

P1061019

三草山では初めて見るがマウンテンバイクが颯爽と通過!何分ぐらいで登ったのか?確認したかったが山頂には姿すでに無し!

P1061021

【11:26】中間点を過ぎ、山頂が見えてきた。

P1061025

三草山2回目のKさんも余裕が出てきたかな?

Dsc01201

【12;05】標高423.9m「三草山」に着く。

Dsc01197

快晴とは言えないが見通しは良く、明石大橋、淡路島など良く見える。

P1061037

3日、4日には切れていたと聞いていたスタンプ帳も補充されていた。

Dsc01206

メンバー4人揃って記念の一枚。

P1061041

【12:37】昼食後、三草古道へ下山スタートする。

P1061045

昭和池に向かって三草古道を進む。

P1061049

【13:05】時間も早いので炭焼窯跡古道から昭和池畔を通り下山することにした。

P1061051

【13:07】「大人の隠れ家」を通過する。

P1061054

【13:10】炭焼窯跡古道を昭和池に向かって右折する。

P1061057

このコースを歩く人は少ない!テープを確認しながら枯れた沢沿いに下る。

P1061062

炭焼窯跡3ヶ所残る。分岐上部側と合わせると炭焼窯跡は計5ヶ所か!?

P1061063

一部崩落個所もあり注意が必要だ。

P1061067

快調に歩を進める。

P1061069

【13:42】昭和池畔に出て、東周回コースに向かう。

P1061071

昭和池の水量は少なく、池底を歩く事にした。

P1061074

池底を進む。

P1061082

初めての体験だがなかなか快適だ。

P1061083

とは言うものの池畔が切り立ち、通れない所はヤブ漕ぎで進まねばならない。

P1061090

【14:13】本来のコースに出て、一安心!

P1061092

【14:17】いつもの鹿野コースからのルートに合流する。

P1061097

【14:31】昭和池畔から三草山山頂を望む。

P1061102

【14:38】スタートから約3時間50分、下山時間はちょうど2時間で三草登山口駐車場に戻る。

下山コースに炭焼窯跡古道や昭和池畔を通ったが、なかなか変化に富み、楽しめたかな?明日からは今シーズン最大の寒波襲来との予報だ。さてどうなるかな?

コロナ早期終息を祈り「三草山初日の出ハイク」

Dsc01141

2021年!新しい年を迎えたが先が全く読めない年の初めとなった。コロナ禍に寒波襲来と条件的には厳しいが今年も初ハイクは「三草山」へ出かけた。「三草山」への毎月ハイクを始めて10年目、初日の出ハイクは3年連続3回目となる。

P1010990

【6:10】初日の出ハイクは最短の畑コースを上っているが今日も畑駐車場に到着する。昨年より到着時間は遅くなったが、やはり駐車台数は少ないようだ。

P1010994

【6:15】畑登山口をスタートする。

P1011000

昨日の雪が少し残っている。

P1011001

東の空が明るくなってきた。初日の出は間違いなく見れそうだ。

P1011007

【6:41】山頂方向が見えてきた。月が美しい!

P1011012

【6:50】鹿野コースと合流する。

P1011018

【6:54】スタートから40分弱で標高423.9m「三草山」山頂に着く。

P1011024

日の出まで10分以上あるので、まずは今年のスタンプ帳をいただき、1月のスタンプを押す。スタンプは何年ぶりかで作り直したようだ。

Dsc01120

やはりコロナ感染防止のためか、昨年より人出は少ない気がする。気になるのは山頂は密になっているにも関わらず日の出を待つハイカーのマスクを付けている率は3割程度しかない!移動時はきついが待機時は付けてほしいものだ。

Dsc01128

【7:05】日の出は近い!

Dsc01139

【7:07】2021年初日の出!今年も素晴らしいご来光だ。

Dsc01157

三草山神社で手を合わせ、コロナの早期終息と自身の健康を祈願する。

P1011034

【7:18】上りと同じ畑コースを下山スタートする。

P1011048

上りではあまり気にならなかったが、例年より気温が低く路面は凍結し、ツルツルだ。特に運動靴で登ってきた皆さんにはきつい!お尻で滑りながら下る。

P1011055

緩斜面になり、ほっと一息!

P1011057

【7:58】想定外に時間を要したが、畑登山口に下山する。

P1011063

帰り道、東条湖ランドから「三草山」を振り返る。

今年の初ハイクも「三草山」でスタートとなった。「三草山」の毎月ハイクを始めてちょうど10年目となった。どのような一年となるのか?コロナの早期終息と健康を祈り、元気に山に登り続けたいものだ。

好天の下、9年連続達成「三草山」毎月登山!

Pc020961

暖かい日が続くが、コロナコロナと騒いでいる内に12月に入った。何もできずに1年経過したような気がするが9年目となった「三草山」の月例ハイクは無事続けることができた。

山仲間と共にいつもの三草登山口に向かう。

35

今日のコースは

三草登山口→P193→三草コース→三草山→鹿野コース→昭和池周回コース→三草登山口

距離 6.3㎞、累計高低差 515m、標準コースタイム 約3時間

Pc020895

【10:40】いつもの三草登山口駐車場に集合し、出発準備を整える。

Pc020898

【10:50】前回同様に一般ルート右手のP193を経由して登山口に向かう。

Pc020902

右手に昭和池を眺めながら岩場を上る。

Pc020906

正面にこれから向かう稜線、山頂が見えてきた。

Pc020909

【11:15】三草コースと三草古道の分岐点の登山口に着き、左手、三草コースに進む。

Pc020911

12月に入ったとは思えない良い天気、汗が噴き出す。

Pc020914

モチツツジ(?)も狂い咲き?

Pc020918

【11:47】中間点を越え、山頂が見えてきた。

Pc020922

今日が登山2回目となるKさんも汗びっしょりで奮闘中です。

Pc020924

【12:14】残り400mガンバロー!

Pc020927

【12:30】標高423.9m「三草山」山頂に着き、昼食タイムとする。

Pc020933

「三草山」毎月登山を始めて9年目、2020年のスタンプカードもいっぱいとなった。来年は節目となる10年目だが、さて後何年続けられるかな?

Pc020937

南側には雄岡山・雌岡山から瀬戸大橋、淡路島が良く見え、瀬戸内海が明るく光る。

Pc020935 

今日のメンバーは5人!同級生M君も8回目の三草山となり、余裕です!!

Pc020941

【13:05】鹿野コースに向け、下山スタート!

Pc020947

鹿野コースへの尾根道を快調に下るが、今日は空気が澄んでいて山々がくっきりと見える。

Pc020950

【14:08】三草山神社の鳥居を過ぎ、すぐ右手に曲がる。

Pc020953

昭和池周回コースへのショートカット路、急坂を下る。

Pc020957

【14:20】昭和池畔に出て進む。

Pc020960

今日のコース全般を見渡す。左手の小山がスタートから最初に上ったP193の小山だ。

Pc020963

【14:40】スタートから3時間50分、三草登山口駐車場に戻る。

今日は12月に入ったとは思えないような好天だった。風もなく、空気も澄んでいて、雲一つなく、暖かい?いや暑いくらいだった!

これで9年目の三草山月例も無事終了だ。次は10年目のスタートは初日の出、ご来光はどうしようかな?3密を避けるべきか?悩ましい!

初ルートを通り、紅葉進む11月の「三草山」

Pb030795

秋深まり、日本晴れの朝、11月の月例「三草山ハイク」に向かった。

22 

今日のコースは

三草登山口→P193→分岐→三草古道→三草山→三草コース→三草登山口

距離 4.8km、累計高低差 442m、標準コースタイム 2時間半

Pb030751

【9:00】いつもの三草登山口駐車場に着く。駐車台数は10台ほど、思ったより少ない。

Pb030753

【9:08】以前より気になっていた東屋の奥、向かって右手から山に入り、一般ルート右手の岩場上の小山を経由して上ってみることにした。三草山月例ハイクを始めて9年目、通算114回目で初めてだ。

Pb030755

標識、テープは何も無いが踏み跡だけが続く。

Pb030760

岩場となる!それほどの急傾斜ではないが昨日の雨の影響で滑りやすく、注意が必要だ。

Pb030769

初めてテープ発見!心強い!

Pb030776

センブリか?イヌセンブリ?一輪発見!

Pb030781

振り返ると「昭和池」が美しい!このアングルで見るのは初めてで新鮮だ!

Pb030786_20201103200401

【9:22】15分ほどで標高193mのピークらしき場所に到着。道は左右に分かれているが、GPSで確認し、左に進む。右はどこに通ずるのか、またの機会に確認したい!

Pb030790

正面に「三草山」が見えてきた。見慣れた光景より雄大な気がする。

Pb030803

アングルが変われば新鮮な山と感じる。

Pb030804

山頂を望みながら下りに入る。

Pb030806

【9:33】いつもの三草コースと三草古道の分岐に出た、今日は右折、三草古道へ進む。

Pb030815

昭和池右手に今通ってきた小山(P193)を望む。

Pb030822

【9:53】炭焼窯跡コースとの分岐を左、三草古道に入る。

Pb030824

紅葉進む樹林帯を山頂目指す。

Pb030830

振り返り、昭和池を望む。

Pb030835

【10:22】鹿野コースに合流し、尾根道を左折する。

Dsc00733

【10:24】標高423.9m「三草山」山頂に着く。

Pb030842

多くのハイカーで賑わう山頂。

Pb030852

2020年も残り一ヶ月です!

Dsc00729

逆光で写真では良くわからないが明石大橋、淡路島がはっきりと見える。

Dsc00735

北側の山々ははっきりくっきりキレイに見える。

Pb030862

【10:43】グループのシャッター押したり、コース案内したり一休み後、三草コースを下山スタートする。

Pb030865

多くのハイカーとすれ違いながら下山する。

Pb030875

コロナ禍になって思うが、今までより夫婦連れで登る人が増えた気がする。

Pb030895

【11:33】三草登山口に下山する。駐車場はやはり満車状態だ!

一部、初めてのコースも歩き、100回以上登った山でも新鮮味を感じるものだ。日本晴れに紅葉も進み、快適な11月月例ハイクであった。

秋本番!日本晴れ!10月の「三草山ハイク」

Pa020673

秋本番となり日本晴れの気持ち良い朝を迎えた。午前中の用事を済ませ、三草登山口に向かうと稲刈り前の田んぼの向こうに「三草山」が見えてきた。

Photo_20201002205101

今日のコースはいつも通りです。

三草登山口→三草コース→三草山→三草古道→三草登山口

活動距離 約5km、累計高低差 約380m

Pa020558

【12:18】三草登山口をスタートする。

Pa020568

【12:45】三草コースを進む。中間点を越え、山頂が見えてきた。

Pa020577

ススキの穂も育ち、秋本番を感じながら歩を進める。

Pa020581

色づく葉もチラホラ!

Pa020591

【13:10】残り400mポイントを通過する。

Pa020595

【13:21】標高423.9m「三草山」山頂に着く。秋の七草・ハギの花も満開!

Pa020610

三草山神社を参拝する。

Pa020607

月例参拝のスタンプカードも残り2ヶ月です。

Pa020614

六甲山系から明石大橋、淡路島と良く見える。

Pa020627

【13:48】はじけ掛けたシバグリのイガを眺めながら下山スタートする。

Pa020632

【13:50】三草古道へ右折する。

Pa020638

昭和池を眺めながら歩を進める。

Pa020644

【14:22】昭和池畔を進む。

Pa020655 

黄色く可愛い「ミヤコグサ」が満開!

Pa020658

「アレチハナガサ」?

Pa020645

【14:35】三草登山口にゴールする。日本晴れの快晴だったけど暑かった!汗びっしょり!

秋感じながらもクソ蒸し暑い「三草山ハイク」

P9240560

気づけば9月も下旬となり、学友Ⅿ君との3ケ月に一度の「三草山ハイク」に山友メンバーが付き合ってくれた。

当初は台風の接近で天気が心配だったが、幸いにも進路が東に大きく逸れ、雨の心配は無くなり決行だ!

Photo_20200924221301

今日のコースは

三草登山口→三草コース→三草山→三草古道→三草登山口

活動距離 約5km、累計高低差 378m、コースタイム 約2時間

P9240504

【10:40】いつもの三草登山口に着き、出発準備を整える。

P9240506

【10:50】三草登山口をスタートする。

鹿野コース工事中通行止めの案内がここにも掲示された。長期間だが具体的な場所は相変わらずわからない。

P9240507

アケビの実も旬になり大きく実っている。

P9240517

秋の七草、女郎花(オミナエシ)の黄色い花も満開近い!

P9240521

【11:00】三草コースに左折する。

P9240522

Ⅿ君の三草山ハイクも今日で7回目か!?上りも余裕の表情!?

P9240526

【11:13】曇っているがとにかく蒸し暑い!汗だくで中間地点手前のベンチで一休み!

P9240529

【11:24】中間地点を越え、山頂が見えてきた。

P9240531

ススキも目立ち始めた。

P9240534

【11:46】残り400mで2度目の休憩とする。

P9240537

【12:00】スタートから1時間10分、とにかく蒸し暑い!汗びっしょりで標高423.9m「三草山」山頂に着く。

P9240554

山頂のススキの穂も大きく成長!ドンより曇り六甲の山々はほとんど見えない!

P9240540

のんびり昼食タイムとする。

P9240550

秋の七草、ハギの花も咲き始めた。

P9240542

今日のメンバー5人で記念の一枚。

P9240558

【12:41】シバグリもたわわに実り、鹿野コースへ下山スタート!

P9240562

【12:44】三草古道に右折する。

P9240567

昭和池目指し、三草古道を下る。

P9240573

【13:20】水量の減った昭和池畔を進む。

P9240575

【13:34】雨に降られることなく、無事三草登山口に到着する。とにかく蒸し暑く、汗びっしょりとなった。さあ!ビールが美味しいだろう!

レッツゴー!!

まだまだ暑い!!9月の「三草山ハイク」

P9010478

今日から9月だと言うのにまだまだ暑く我が町三田市の最高気温は連日36℃の猛暑日が続く。先月8月は思いもかけない事があり、8月9日以来の3週間ぶりのハイクとなった。再開登山はやはり9月の月例「三草山ハイク」だ。

久しぶりのため暑さ対策を考慮し、7時半家を出て、いつもの三草登山口に向かう。

P9010433

【7:58】いつもの三草登山口をスタートする。駐車場には先行車は意外に2台だけだった。

2020_0701_194828aa_20200901181201

今日のコースは

三草登山口→三草古道→三草山→三草コース→三草登山口

活動距離 約5km、累計高低差 410m、コースタイム 約2時間

P9010436

登山道に入る。

P9010438

【8:07】分岐を三草古道に右折する。林間コースで暑さをしのげるため上りルートは古道とした。

P9010442

昭和池畔を進む。8月は猛暑続きでさすがに水量はかなり減っている。

P9010445

【8:27】炭焼窯跡コースとの分岐を左側、三草古道に進む。

P9010447

【8:33】NO.7標識を過ぎ、振り返る。

P9010451

山頂方向が見えてきた。

P9010456

【8:57】最後の上りでペースダウン!汗びっしょりで鹿野コースの縦走路に合流する。

P9010473

【8:59】標高423.9m「三草山」山頂に汗びっしょりで到着。

P9010465

スタンプ帳も残り3つとなった。

P9010458

いつも通り三草山神社を参拝する。

P9010470

良く晴れてはいるが霞がかかったように六甲の山々は良く見えない。

P9010460

鹿野コースは工事中のため下山出来ないとの看板あり。工事期間は8月から令和4年3月末とある。1年半以上先だが鹿野コースのどこを工事しているのか?もう少し詳細情報が欲しいなぁ!?

P9010483

山頂でM子さんに出会う!いつも元気な奥様です。

P9010485 

【9:31】三草コースを下山スタート!

P9010487

昭和池目指し歩を進める。

P9010493

【9:52】中間地点を通過する。

P9010500

【10:18】三草登山口に下山する。

7月は長雨、8月は酷暑、9月は?台風の発生が気になるが、まだまだ暑い9月1日でした。

梅雨が明け、蒸し暑い!!8月の「三草山ハイク」

P8040463

「梅雨明け10日」と言われ、昔から一番天候が安定している時期で例年なら信州のどこかの山を登っているのだが、今年は残念ながら家に居る。何年ぶりか?やむなく8月の月例「三草山ハイク」に出かけた。

5

今日のコースは

三草登山口→三草コース→三草コース→鹿野コース→昭和池巡回コース→三草登山口

活動距離 6.7km、累計高低差 490m、コースタイム 2時間半

P8040374

【8:22】暑さを考慮し、早めに自宅を出て、いつもの三草登山口に到着。平日のためか暑さのせいか意外と駐車場はガラガラだ。

出発準備を整え、スタートする。

P8040383

アプローチ路は四季を通じて色々な花が楽しませてくれる。ノギランが満開だ。

P8040379

この花は?

P8040387

【8:32】分岐を左折、「三草コース」へ進む。

P8040389

【8:48】曇っていて気温は思ったほど上がらず、ラッキーとスタートしたが大間違い!湿度高く蒸し暑い!汗を噴き出しながら中間点に着く。

P8040391

中間点を過ぎた所で山の会のYさんに出会う!初めて会ったが月に2-3度登られてるそうだ。

P8040395

曇天の中、山頂が見えてきた。

P8040403

【9:11】残り400mポイントを通過する。

P8040406

【9:21】汗びっしょりで標高423.9m「三草山」山頂に着く。先月から気になっていた日付看板がやはり見当たらない!どうしたのかな?

P8040412

スタンプカードも8つ目をゲット!!

P8040423

ドンより曇り、六甲の山並みは見えない。

P8040408

夏山対策3点セット

P8040426

ようやく梅雨が明け、真夏の到来だが栗の実は着実に大きくなっていた。秋はもう待機中か!?

P8040421

三草山神社を参拝し、下山スタートする。

P8040430

【9:38】鹿野コースを下山スタートする。

P8040434

鹿野コースの縦走路を進むが低木やシダ類が茂り、コースが塞がってきている所も多い。

P8040443

昭和池を目指し、歩を進める。

P8040446

あちこちで大きくなった栗の実が目立つ。

P8040448

【10:33】「三草山神社」の鳥居を過ぎて、すぐ右折しショートカット道を下る。

P8040458

【10:43】昭和池畔を進む。

P8040462

山頂方向が右手に見える。

P8040470

【11:00】スタート地点の三草登山口に戻る。

山頂の温度計は30℃ほどだったが、クソ蒸し暑かった。また山頂のノートには2日前の書き込みで炭焼き窯跡コースで大きなイノシシに遭遇した報告有り。今日はマムシは見なかったがいろいろ注意が必要な真夏の「三草山ハイク」だった。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック