関西百名山

見て良し!登って良し!の近江富士「三上山ハイク」

P7130223

はっきりしない梅雨空が続く。三連休初日、日中は何とか雨に降られることはないだろうと言う事で関西百名山55座目となる「三上山(みかみやま」にいつもの山仲間4人で向かった。

滋賀県南部、野洲市にあり、「近江富士」と呼ばれ、東海道新幹線で名神高速で通過時、その秀麗な姿が気になっていた山だ。

P7130051

JR東海道線に乗り、「野洲駅」に近づくと右手に近江富士「三上山」が見えてきた。

P7130058

【8:30】我が家を出発して2時間余、JR野洲駅に集合する。

P7130081

【8:47】登山口までは歩けば40分、バスは9時まで無い。雨が降り出す前に登ってしまいたいとタクシーで御上神社に向かう。

三上山は御上神社の神体山であり、神宿る山、御神山がその名の由来とのことだ。

P7130079

まずは「御上神社」の参拝からスタート。国宝や国の重要文化財も多く、静寂の中、長い歴史を感じさせる。

P7130083

【9:00】国道8号線を渡り、登山口に向かう。

P7130085

田んぼの中、スタートすると正面に近江富士「三上山」が見えてきた。

Map01

今日のコースは

御上神社→表登山道→三上山→妙光寺山(山頂は登らず)→磨崖仏→野洲駅

活動距離 5.4km、高低差 310m、活動時間 3時間20分

P7130091

案内に従って、表登山道に進む。

P7130093

【9:06】シカ除けガードを通り、表登山道に入る。

P7130100

自然林が茂り、雰囲気の良い、良く整備された登山道が続く。

P7130111

標識は整備され、程よい傾斜が続き、登山道と言うよりは参道と言った雰囲気だ。

P7130126

【9:25】「割岩」に着く。う回路もあるが「肥満度確認可能」とあるのでチェックも兼ねて「割岩」に向かう。

P7130134

大きな岩の隙間を進む!私も無事通過できました。

P7130141

割岩を過ぎると、コースは一変し、岩場が続く。

P7130146

手すりやロープなどが整備されていて慎重に進めば特に危険は無い。想定外に面白いコースだ。

P7130162   

最後の岩場に差し掛かる。

P7130171

山頂手前の展望台に着く。西から南側の展望が広がる。琵琶湖の向こう比叡山の上部は雲がかかっている。

P7130175

山頂手前、展望所先の御上神社奥宮

P7130179

【10:00】スタートからちょうど1時間で標高432m「三上山」山頂に到着する。

古代からも良く知られた山で大ムカデ退治の伝説や紫式部の和歌や松尾芭蕉の俳句が良く知られている。

P7130182

山頂は広場になって、ベンチも設置されているが、木々に囲まれ展望は良くない。曇天にも関わらず、人気の山らしく多くのハイカーで賑わっている。

Aimg_0685

メンバー4人で記念写真を撮り、早々に下山する。

P7130183

【10:07】東側ルートを「妙光寺山」に向けて下山スタートする。

P7130188

標識が良く整備され急な下り坂が続く。

P7130199

見事に育ったシダの中を進む。

P7130209

妙光寺山へはアップダウンを繰り返しながら縦走路を進む。低山だが面白いコースだ。しかし、ついにポツポツ雨が降ってきた。

P7130211

振り返れば「三上山」が美しい。

P7130226

鬼の架け橋を思い出すような岩場をくぐる。自然にできたのだろうな?

P7130231  

元気な女性軍は岩の上だ!

P7130234

大きな岩場が見えてきた。

P7130235

「三上山」はどこから見ても絵になる山だ。

P7130240

岩場で「三上山」をバックに記念の一枚。

P7130262

美しい近江富士「三上山」の雄姿。

P7130260

【11:30】「妙光寺山」山頂へと下山路の分岐点に着くが、山頂は展望もないとの事だし、小雨も降り出したこともあり下山を急ぐことにした。山頂へはコースタイム5分ほどではあったが!

P7130270

【11:39】妙光寺山磨崖仏には立ち寄ることにした。

P7130275

「妙光寺山磨崖仏」鎌倉時代の作だそうだ。

P7130277

気持ち良い下山路を進む。

P7130280

【11:51】磨崖仏入口ともなる登山口を出る。

P7130283

花に無縁のコースだったがノアザミを見つけた。

P7130291

静かな歴史を感じさせる道を歩き野洲駅を目指す。8年前にも歩いた「中山道」だった。

P1110546

当時の記録を見ると8年前にもこの地酒の造り酒屋さんで写真を撮っていた。

P7130297

【12:18】途中から小雨が降り続き、屋根付きの昼食場所を探している間に野洲駅手前に着いてしまった。

弁当は諦めて、洋食屋さんにゴー!わずか3時間20分で今日のハイクは終了です。

12294

雨の量は大したことなかったが、蒸し暑く汗びっしょりで喉はカラカラでまずは生中で乾杯です!!

今日の「三上山」だがいつ降られても良いように楽なコースでコース短縮も可能な山を選択しよう!「三上山」は標高も432mしかなく、その秀麗な山容から関西百名山に選定された見る山と決めつけて登ったが、とんでもない間違いだった。

コースは変化に富み、山頂からの展望も良く、コース整備も行き届いている。見て良し!登って良し!のお薦めコースでした。

変化に富んだ面白いコースだが・・「青葉山ハイク」

P7070143

心配された天気だが予報が好転し、予定通り相野駅山の会、7月の月例ハイクに出かけた。

今日の山は「青葉山」。福井県大飯郡高浜町と京都府舞鶴市にまたがり、東部側からはその山容から「若狭富士」と呼ばれ、「関西百名山」にも選定され人気の山だ。

P7070020

【9:20】いつものバスで相野駅7時、市島支所8時と回り、舞鶴道舞鶴東ICで降りて一般道を走って「松尾寺」駐車場に到着する。

出発準備を整える。

S__18071566

今日のコースは距離は短いが変化に富んだ中級コースです。

松尾寺→青葉山(西峰)→青葉山(東峰)→中山寺

活動距離 5.4km、高低差 610m

P7070028

新メンバーもいたことから山門を入り、境内で朝礼からスタートする。

P7070029

西国三十三ヶ所巡り第29番札所「松尾寺」石段を登る。

P7070030

西国札所巡りをしていた時以来何年ぶりか?昨夜からかなり雨が降ったようで雨に煙り良い雰囲気が漂う。

P7070031

【9:36】参拝を済ませ、裏から登山道に入る。

P7070047

天気予報ではもう少し良いはずだったが、雨は降ってはいないもののドンより曇り、昨夜からかなり降ったようで草木は濡れている。良く整備されたコースを進む。

P7070059

【10:09】良く整備されたコースだが徐々に傾斜はきつくなる。初ロープの激上り手前でひと休み!

P7070060

激上りに入る。しっかりと補助ロープが設置されていてロープに頼り過ぎず慎重に登れば問題ない。

P7070064

続いて長い階段が現われる。

P7070067

鬱蒼とした自然林が広がり、何とも言えぬ雰囲気だ。

P7070073

朽ちかけた石垣の上に石灯篭、小さな祠が立つ。

P7070083

【10:57】青葉山西峰の山頂下に建つ「青葉神社西権現」に到着する。

P7070090

山頂へは神社裏の岩場を登らねばならない。

P7070096

【11:04】標高692m「青葉山西峰」山頂に到着。狭い岩場の上が山頂だ。

P7070098

山頂からは北側の日本海側内浦湾の眺めを期待していたが深いガスの中で何も見えない。

P7070102

この花は青葉山だけに自生すると言われる天然記念物「オオキンレイカ」のようだ。

P7070113

【11:18】東峰に向けスタートする、

P7070122

大きな岩の裂け目の中を通る。

P7070127

東峰への上りに差し掛かるとハシゴやロープの連続となる。

P7070130

雨に濡れて滑りやすく慎重に歩を進める。

P7070132

馬の背のような岩の上を慎重に渡る。

P7070162

【12:02】標高693m「青葉山東峰」山頂に到着する。

「青葉山」は双耳峰で東峰が1m高く、こちらが山頂とされている。山頂は両峰とも福井県高浜町側となる。

Dsc07548

全員揃って記念写真。今日の参加は男性9名、女性8名で合計17名です。初参加のメンバーのお孫さんも参加し、年齢は8歳から85歳までとてもバリエーションに富む構成となった。

Dsc07550

山頂には青葉神社の祠と灯篭が建つ。信仰の山だったことが良くわかる。

Dsc07552

昼食とする。

Dsc07559

途中の岩場でも見た花々が周辺の岩場でも咲いていた。カワラナデシコ

Dsc07554  

イブキジャコウソウ

Dsc07562

ホタルブクロ

P7070168

【12:40】下山スタートです。

P7070173

同じ山かと思うくらいの快適な下山路だ。快調に下る。

P7070182

【13:06】金毘羅社に着き、一休みとする。

P7070188

【13:18】立派な展望台に着くが、相変わらず深いガスがかかり、何も見えない。

P7070194

【13:37】高野への分岐を中山寺に向け直進する。

P7070202

シャガの大群生の中を進む。

P7070207  

【13:54】中山口に着き、歩いてきたコースを振り返る。

P7070213

【14:13】中山寺境内に入る。

P7070218

「中山寺」は真言宗御室派の寺院で、「松尾寺」と同じく山号は「青葉山」だ。

P7070221

境内からは初めて若狭湾を見る事ができた。

P7070231

【14:20】中山寺駐車場で待っていてくれたバスに乗り、今日のハイクも無事終了だ。

P7070235

帰り道、西舞鶴の「たかお温泉 光の湯」で汗を流して帰路につく。

今日のコースは噂通り変化に富んだ面白いコースだった。雨に濡れていて滑りやすく細心の注意が必要だったが怪我無く無事終了し、ひと安心だ。

雨にはほとんど会わなかったが終始深いガスの中で楽しみにしていた北側若狭湾側の美しい展望が何も見れなかったのは残念だ。また若狭富士、丹後富士と呼ばれる美しい山容を望む事も出来なかった。

天気の良い日、秋か春に再度訪れよう!

梅雨の合間に京丹波の名峰「長老ヶ岳ハイク」

P7050229

梅雨に入りはっきりしない天候が続くが今日は雨の心配は無さそう!? 梅雨の合間の晴れ予報となり急きょ、山仲間を募り、京丹波の名峰、関西百名山「長老ヶ岳ハイク」に出かけた。

T君と途中のドライブインで待ち合わせし、京丹波町仏主(ほどす)の登山口に三田からは一般道を走って1時間半ほどで到着した。正面奥に見える山が「長老ヶ岳」か!?

P7050003

【8:52】京丹波町仏主(ほどす)のバス停から右手橋を渡った所に新設されたトイレと駐車場に車を置く。昨夏の台風でこの先の道路が崩壊し、通行止めが続いているための緊急措置だ。

P7050005

【9:05】出発準備を整えてスタートし、まず橋を渡る。正面がバスの終点、転回場所で、右横の建屋が農家民宿「長老の里」。

11897

今日のコースは

仏主バス停→長老山森林公園→ふれあいロード→長老ヶ岳→近畿自然歩道→七色の木→仏主バス停

活動距離 11.3km、高低差 645m

P7050015

川に沿って進むと登山口に立派な標識が立つ。

P7050021

昨夏の台風で崩壊した道路の復旧工事が続く。

P7050026

【9:17】工事現場を避けながら進み、左右分岐点に着き、右手「長老山森林公園」に向かって進む。

P7050037

タケニグサが咲き、大きく育った舗装路を進む。

P7050040

森林公園へのルートもまだまだ各所で崩れたままだ。

P7050050

仏主の集落を見下ろす事が出来るポイントを進む。

P7050052

【9:52】長老山森林公園に着く。

P7050057

広い駐車場が広がる「長老山森林公園」の管理棟、駐車場に着く。道路崩壊を知るまではここまで車で登ってくる予定だった。復旧はいつの日か?

P7050055

北側の展望が良い。

P7050060

「ふれあいロード」と呼ばれる自然林のプロムナードを進む。緩やかな良く整備されたコースだ。

P7050073

可愛い花が咲く。ママコナ

P7050078

イワカガミの大群生が現われだした。春にはピンクの花が咲き、見事であろう!

P7050080

【10:21】随所に立派な休憩舎が整備されている。

P7050085

【10:36】山頂まで2kmポイントの主稜に着く。

P7050086

稜線を100mほど右折し、東屋で一休みする。

P7050093

ほぼフラットな気持ち良い稜線を進む。

P7050108

ブナ林が続き、階段を進むと山頂が見えてきた。

P7050117

山頂周辺には電波塔が立ち並ぶ。

Dsc07539

【11:21】スタートから2時間15分ほどで標高916.9m「長老ヶ岳」山頂に着く。

京丹波町のシンボルで長老さん、長老山と親しまれ、「関西百名山」にも選定され、京都丹波高原国定公園に位置する。平安時代には密教寺院が百余ある霊山であったそうだ。

山頂は大きな木は無く、大きな岩が露出し、方位盤はかつての京都国体の聖火台を移設したのだとか?

Dsc07545

山頂からほぼ360度の展望が広がる。特に北側の大展望が素晴らしいが靄っていて良く見えない。青葉山や弥仙山が見えるはずだが良くわからない。

Dsc07541

南側の展望も広がる。

Dsc07542

一等三角点あり。

P7050119

山頂横の東屋で早めの昼食とする。

Ap1950996

出発前に3人揃って記念の一枚!

P7050121

【12:07】東方向に下山スタートする。

P7050131

イワカガミのじゅうたん道が続く。これほどの大群生は見た事が無い。来春は是非見たいものだ!

P7050141

東側に続く稜線を進む!今ハイクの中で一番ハイキングコースらしく快適だ。

P7050144

【12:22】15分ほどで電波塔管理道路の舗装路に出る。ここにも東屋が設置されている。

P7050166

このルートは近畿自然歩道にも選定されいる、

P7050181

いろいろ花を咲かせている。ノリウツギ

P7050147

コナスビ

P7050162

ガクアジサイ

P7050182

このコースも台風被害であちこちで崩落している。途中で関西電力の方に出会う。麓の道路工事は10月復旧を目指し、雪が降る前に山頂の電波塔への給電を終えるため調査を進めているそうだ。さてそう簡単にいくかな?

P7050189

【13:14】一般車両止めのゲートに着く。

P7050198

権現谷に立ち寄るため右の谷へ5分ほど進む。

P7050216

権現の滝と呼ばれるナメ滝を渡る。

P7050202

【13:25】町指定文化財(天然記念物)七色の木

一本のカツラの木に6種類の木(スギ、ケヤキ、イロハモミジ、フジ、カヤ、イタヤカエデ)が共生する不思議な木。

P7050226

【13:45】スタートから4時間40分で出発点の駐車場に到着する。

さすがに関西百名山に選定されているだけあって良く整備されたコースだった。山頂からは素晴らしい展望が広がる。またイワカガミの大群生は見事であり、他のメンバーも一緒に春満開期に再訪したい。それまで災害復旧工事が完了していれば最高だ。

P7050233

帰り道、回り道となったが「あやべ温泉 二王の湯」で汗を流し、舞鶴道・綾部ICから帰路につく。

 

日本最古の神社「大神神社」からご神体「三輪山登拝」

P6240432

【12:40】車を走らせること30分ほどで桜井市内「三輪明神 大神神社」の大鳥居した駐車場に到着し、出発準備を整える。

「関西百名山」本日二座目の「三輪山」は相野駅山の会の2014年初詣ハイク以来4年半ぶり2回目の登拝となる。

P6240435

【12:47】正面に見える「三輪山」に向かい、スタートする。

P6240438

【12:54】日本最古と言われる「大神神社(おおみわじんじゃ)」二の鳥居前を進む。

P6240440

参道を進む。

P6240449  

「大神神社」拝殿を健康・安全を祈願する。

P6240446

無病息災を祈り、「夏越し茅の輪」をくぐるFさん!

P6240450

「大神神社」参拝を終え「三輪山」登拝のために「狭井神社」に向かう。

P6240466

病気平癒の神様として信仰が篤い「狭井神社」

P6240456  

登拝料300円を支払、飲食禁止・写真撮影禁止など注意事項の説明を受ける。

P6240464

参拝証となる白襷を借り、首にかける。

P6240460

お祓いをして出発準備OKだ。

P6240467

【13:16】登拝口より入山し、良く整備された参道を進む。

【14:04】標高467m「三輪山」山頂で参拝し、下山する。

【14:36】登拝口に下山する。平日にも関わらず多くの人が登拝していて驚く。病気平癒を祈ってか?裸足で登る人も見られ、信仰の山であることを深く認識する。撮影禁止のため写真は無しです。

P6240470

帰り道、大美和の杜展望台から大和三山、大和葛城山、金剛山、二上山を眺める。

Ap1950137

祈祷殿前で皆さん揃って記念の一枚。

P6240476

三輪と言えば何と言っても「そうめん」だ。門前の「福神堂」に入る。

P6240479

ぶっかけそうめんを注文!のどこし、出汁と最高です!

P6240485

【15:42】大鳥居下の駐車場に戻り、帰路につく。

一座あたりは5kmほどでも一日二座となると活動距離も11km越え、高低差も700m、累積標高も1000mを越えハードだ。

登るより眺める山だ!?大和富士「額井岳ハイク」

P6240430

梅雨入り前に急いで登ろう!といつもの山仲間で奈良の関西百名山二座に向かった。三田をいつもより早く6時半前にスタートし、西名阪道の針テラスに7時50分に集合し、一座目の「額井岳(ぬかいだけ)」に向かう。宇陀市榛原に入ると大和富士と呼ばれる美しい山容が見えてきた。

P6240230

【8:08】登山口の十八神社手前の路肩スペースに車を停め、出発準備を整える。3-4台は駐車可能だ。

190624_190625_0011

今日のコースは

十八神社→額井岳→戒場峠→戒場山→戒場寺→山部赤人墓→十八神社

活動距離 5.6km、高低差 340m

P6240235  

【8:17】スタートする。

P6240236

十八神社に立ち寄る。

P6240252

【8:23】十八神社前を進み、登山道に入る。

P6240258

標識はわかり安く整備され、コースもはっきりわかり安い。緩やかな上り坂が続く。

P6240269

単調な植林帯の中、日も届かず、斜面を黙々と登る。

P6240273

【8:50】南西尾根の峠に到着する。

P6240279

快適な尾根道かと思ったが、全く眺望の無い、急登が続く。

P6240282

【9:02】十八神社から40分ほどで標高816mの「額井岳(ぬかいだけ)」山頂に着く。その山容から「大和富士」とも呼ばれ、関西百名山にも選定されている。

P6240289

しかしながら尾根道だけでなく山頂からも眺望は全く見えない。かつては見えていたのか?周辺の山々の案内板はあるが、メンテナンスされておらず木々の成長で木々に囲まれ、全く見えない。

190624_190625_0036

長居は無用と集合記念写真を撮って、早々に下山する。

P6240291

【9:11】「戒場山」に向かって東方向に進む。

P6240296

アップダウンを繰り返しながら尾根道を進むが相変わらず展望は効かない。

P6240299

【9:31】反射板を過ぎる。

P6240309

【9:51】「戒場峠」を通過する。

P6240317

「戒場山」への最後の登りに差し掛かる。

P6240319

【10:07】標高738m「戒場山(かいばやま)」山頂に到着するが、ここも全く展望は無い。早々に下山する。

P6240329

【10:26】縦走路を東に進み、鞍部から南に下山する。

P6240343

【10:42】「戒場寺」に着く。「戒場神社」が併存し、樹齢何百年か?古木が立ち並ぶ静かな境内だ。

P6240339

ドクダミの花があちこちで満開だ。

P6240352

アジサイも満開!

P6240353

境内で時間は早いが昼食とする。

P6240360

【11:24】スタート地点に向け、静かな田園地帯を進む。

P6240371

正面に大和富士「額井岳」が見えてきた。

P6240365

いろいろなアジサイが満開だ。

P6240378

ホタルブクロも美しく咲いている。

P6240401

棚田の向こうに南側の展望が開け、室生火山群の山々を望むことが出来る。

P6240410

【11:49】万葉歌人「山部赤人墓」に着く。

P6240414

傍らにはササユリが可憐に咲いていた!癒される!!

P6240421

振り返れば、今下山してきた「戒場山」が美しい。

P6240427

【12:05】出発点の十八神社手前の駐車スペースに戻る。

今回の「額井岳」だがハイキングコースとしてはコース整備は行き届いているが、全く展望は効かず変化も無く推奨は出来ない。下山してきてからの榛原町の田園地帯は多くの山野草も花を咲かせ、展望も広がり救いだった。関西百名山には選定されているがやはり登るより眺める山かな?

続いて今日の2座目「三輪山」に向かう。

強風や雨にも負けずに鬼の棲み家「大江山ハイク」

P6160297

相野駅山の会の6月月例ハイクに出かけた。今回の山は鬼伝説が多く残る「大江山」、関西百名山にも選定される名峰だ。

近畿北部は天候の回復が遅れ、微妙な天気予報だが予定通りいつものバスで相野駅7時、市島支所8時に出発し、一般道で登山口に向かう。

_c__users_keime_appdata_local_packages_m_13

今日のコースは

鬼嶽稲荷神社→千丈ヶ嶽→鳩ヶ峰→鞍部・休憩舎(昼食)→鍋塚→分岐→大江山の家

活動距離 8.3km、高低差 586m

大江山を構成する3座を縦走する初級コースです。

P6160143

【9:10】山道を上り、「鬼嶽稲荷神社」に到着し、出発準備を整える。

P6160145

大江山の八合目・標高640mの斜面にへばりつくように建つ「鬼嶽稲荷神社」。鳥居が二重なのは何故?

P6160147

東側の展望が広がる。シーズンになると素晴らしい雲海が見れるそうだ。

P6160153

久しぶりのメンバーも居て、まずは朝礼でスタート。

P6160155

【9:34】神社裏の登山口をスタートする。山頂までは1.2km、標高差は200mほどだ。

P6160158

良く整備された急な階段を登る。

P6160162

気持ち良いブナ林の中を進む。

P6160174

【10:01】ひと汗かいた頃に尾根道に着く。

P6160182

気持ち良い尾根道を快調に進む。

P6160177

コース上には白い花びらがたくさん落ちている!何の花か?

Dsc07448

【10:08】スタートから34分で大江山連峰の最高峰、標高832m「千丈ヶ嶽」に着く。

丹後半島の付け根に位置し、京都府与謝野町、福知山市、宮津市にまたがり、丹後天橋立大江山国定公園にも指定されている。

Dsc07450

心配された雨は降っていないが風が強い!急いで皆さん揃って記念写真です。

今日の参加は男性13名、女性5名、合計18名のいつも元気なメンバーです。

P6160193

山頂は広場になり、二等三角点がある。

P6160206

【10:19】今にも雨が降り出しそうな空模様で長居は無用と先を急ぐ。

P6160197

あの花びらの犯人はこれだ!エゴノキの花です。

P6160212

良く整備された縦走路を下る。

P6160214

【10:34】鞍部に出て、鳩ヶ峰まで500mポイントを過ぎ、上りに差し掛かる。

P6160221

縦走路からは雄大な眺望が広がる。

P6160227

アザミの花が疲れを癒してくれる。

P6160237

千丈ヶ嶽をバックに登りに差し掛かる。

P6160239

この白い花はイボタノキと言うそうだ。

P6160242

【10:49】第二峰、標高746m「鳩ヶ峰」山頂に到着する。

P6160252

山頂は強い風が吹き抜けるが360度の素晴らしい眺望が広がる。

P6160247

これから向かう「鍋塚」を望む。

P6160246

北側眼下には与謝野町が広がる。その先には若狭湾が見えるはずだが、今日は雲が立ち込め残念ながら見えない。

P6160254

急いで昼食予定の休憩舎に向かう。

P6160259

【11:15】鞍部の休憩舎に着く。小屋横にはトイレもあり、ここまで林道が続き、車で登って来れる。

P6160263

少し早いが昼食とする。

P6160265

【11:44】早々に「鍋塚」に向かってスタートする。

P6160277

「鍋塚」山頂が見えてきた。

P6160281

最後の登りだ。

P6160291

「千丈ヶ嶽」「鳩ヶ峰」とバックには雄大な眺望が広がる。

P6160286

【12:11】標高763m「鍋塚」山頂に到着する、360度の素晴らしい眺望が広がるが雨雲接近情報あり、急いで下山する。

P6160302

【12:31】来た道を引き返し、「大江山の家」への下山路との分岐で後続を待つ。

P6160309

ついに雨が降ってきた。

P6160316

雨が激しくなってきた。急いで下山し、バスを登山口まで連れて来ようと先を急ぐ。

P6160318

【13:18】「大江山の家」グランド横の登山口に着く。

P6160326

急いで下山していくと青鬼・赤鬼がお出迎えだ。

P6160330

【13:30】グリーンロッジ前に駐車のバスに着き、バスに乗って登山口に向かう。

P6160333

【13:55】登山口でメンバーを待つ。

P6160335

大江山グリーンロッジ内の「酒呑童子の湯」に入る予定だったが、宿泊者無くボイラー落としてしまったとの事で利用できず!

P6160350

帰路、みやげ物を見ようと京都丹後鉄道「大江駅」に立ち寄る。

P6160342

駅前には「大江山鬼瓦公園」があり、また「元伊勢三社」などゆっくりと再訪したい町だ。

P6160355

「酒呑童子の湯」に入れなかったので、ドライバーお薦めの「福知山温泉」に入る。初めてだが評判通りの良い日帰り温泉だ。

「大江山」さすがに関西百名山にも選定されているだけに良く整備され、ブナ林や大展望も魅力の良いコースだった。花の百名山にも選定されており、その時期にまた訪れたい山だ。

今日のハイクは強い風や昼からは雨に降られたが大した事はなく、早めの行動を取ったため予定より早く下山できた。しかしながら最後の下山中に隊列がばらけてしまい反省も残るハイクとなった。

ベニシャクに素晴らしい眺望に大満足!「学能堂山ハイク」

Dsc07422

いつもの山仲間で紅花芍薬(ベニシャク)で有名な関西百名山「学能堂山(がくのどうやま)」に登ろうとなった。

しかし例年より開花時期が遅れ、梅雨入り間近で天候も不順になり、なかなか行けずにいたのだが・・・!

今日の晴天を逃せば今シーズンはベニシャクに会えないであろう!?とJR尼崎駅に集合し、車で三重県津市美杉町杉平の登山口に向かった。

P6130121

【9:45】JR尼崎駅から阪神高速道、西名阪道を走り、針ICで出て、国道369号線・伊勢本街道を走り、杉平バス停から右折し、林道を進む。

平日ではあるが、好天に恵まれ、今日を逃してはと多くのハイカーがやってきていて路肩の駐車スペースはほぼ満車だ。通勤ラッシュと重なり、2時間半かかって到着だ。

_c__users_keime_appdata_local_packages_m_12

今日のコースは

杉平→学能堂山 を往復

活動距離 5.2km、高低差 570m

P6130133

【10:00】出発準備を整えて、林道をスタートする。

P6130134

【10:05】標識に従って林道と分かれ、山道に入る。

P6130149

良く整備された植林帯の中、緩やかな上り坂を進む。

P6130254

コースの両側にはフタリシズカが見た事が無いほど群生しているが残念ながら花は終わっていた。

P6130144  

ガクウツギも終わりかけだ。

P6130150

晴れてはいるが湿度は低く歩きやすい。快調に歩を進める。

P6130156

コアジサイが現われ、その可憐な姿が疲れを癒してくれる。

P6130250

【10:31】平行して進む林道の終点に出た。しかし見た感じでは荒れていてここまで車で来ることは無理であろう!

P6130163

ウツギの花がまだ満開だった。

P6130180

林道終点を過ぎると傾斜は急になり、汗が噴き出す。

P6130177

可憐なコアジサイの群生を見ながら歩を進める。

P6130181

植林帯の中、急登が続く。

P6130191  

標高が増すとまだまだフタリシズカの花は残っていた。しかし3本、4本それ以上もあるのだが・・・?

P6130197

【11:05】ようやく尾根に到着だ。

P6130201

緩やかなアップダウンが続き、気持ち良い尾根道を進む。

P6130209

自然林の新緑の中は快適だ。

P6130215

最後の急坂を上り樹林帯を抜けると山頂は間近だ。

Dsc07404

【11:26】スタートから1時間半足らずで標高1022m「学能堂山(がくのどうやま)」に到着。

学能堂山と変わった名前だが、もともとは学問の神様、文殊菩薩が山頂近くに祀られていたと言われ、学問の成就祈願に訪れる僧侶の山で、山名も「学ノ洞」であったそうだ。いつしかそれが現在の山名「学能堂山」になったそうだ。関西百名山にも選定されている。

20190613_190613_0010

今日のメンバー4人で記念の一枚です。

Dsc07407

山頂からは360度の素晴らしい眺望が広がる。

北側すぐには「大洞山」奥に「尼ヶ岳」が見える。いずれも関西百名山に選定されている。

Dsc07433

東側、三重県側遠くに尖がって見えるのは「局ヶ岳」。同様に関西百名山だ。

P6130222

南西側遠くに関西のマッターホルンと呼ばれる「高見山」の鋭鋒が見える。素晴らしい眺めだ。

Dsc07411

山頂での目的は360度の眺望を満喫することとベニシャクの見物だ。ベニシャクは山頂の少し先、南側で群生しているようだ。

Dsc07415

もっと密集してるかと思ったが株が点在している。特別何も保護されていないが大丈夫かな?

Dsc07418

「紅花芍薬(ベニバナシャクヤク)」はピンクの可愛い花だ。

満開時期は少し過ぎた感じだで週末の雨で散ってしまうだろう!?

Dsc07412

ピンクの花と周囲の山々が良くマッチする。

Dsc07436

周辺ではサワフタギが満開だ。

P6130230

【12:27】昼食も取り、1時間ほど休んで山頂を満喫して、上りと同じルートを下山スタートする。

P6130238

途中、可愛い花を見つけた。梅のような花びらだが、名前も「バイカウツギ」と言うそうだ。ウツギも色々な種類がありますね!?

P6130243

快調に下山進める。

P6130259

「大洞山」が近づいて来れば登山口は近い。

P6130264

【13:23】快調に下り、1時間足らずで駐車場所に下山。スタートからも3時間半足らずで予定より早く下山出来た。

P6130267

時間も早いので伊勢本街道「興津宿」跡に立ち寄った。「三峰山」に登った時以来4年ぶりだ。当時は運転休止中だったが名松線も復活していた。

P6130272

古い街並みを散策する。

P6130278

最後に「みつえ温泉 姫石の湯」に立ち寄って汗を流す。清潔で明るく良い日帰り温泉だ。

今日の「学能堂山ハイク」は天候に恵まれ、山頂からの素晴らしい眺望も満喫でき、念願の「ベニバナシャクヤク」も見る事ができて大満足のハイクだった。

新緑が美しい!!丹波の名峰「弥仙山ハイク」

P4280032_1

ゴールデンウイークに入り、新緑が美しい季節になった。いつもの山仲間で平成最後のハイクに出かけた。今日の山は「丹波槍」「丹波富士」と呼ばれ。修行の山としても知られる名峰「弥仙山(みせんさん)」。

P4280001

三田を7時半過ぎに出発し、最も近い舞鶴道・舞鶴西ICから登山口を目指したが途中の道路が通行止めになっており、やむなく京都縦貫道・綾部安国寺ICに迂回し、南側より登山口を目指すと「丹波槍」と呼ばれる「弥仙山」の鋭鋒が見えてきた。

P4280005

【9:15】30分ほどロスしたが綾部市於与岐町大又の登山口に到着する。

登山口には広い駐車場が整備されているが多くの車で驚く。「弥仙山」と所縁の深い「大本教」の神事の日と重なったようだ。出発準備を整える。

P4280011  

登山口には近畿自然歩道の立派な標識が整備されている。

P4280009

【9:30】「歓迎 大本弥仙山参拝団」と書かれた大きな垂れ幕の下をスタートする。

P4280015

小川に沿って進む。左手に「水分神社」が見えてきた。

P4280013

山野草が可愛い花を咲かせている。「ムラサキサギゴケ」

P4280023

【9:37】山道に入ると石標や石仏が残り、沢を渡り歩を進める。

P4280028

「マムシグサ」

P4280036

【10:01】沢沿いに進み「於成寺古跡」前を通過する。

P4280038

苔むす長い石段を登る。

P4280042

【10:05】「於成神社」に到着し、一休み。

P4280045

神社境内内に「大本開祖御出修之地」と書かれた石碑を見つけた。

P4280052

【10:08】神社裏には「ハシリドコロ」が群生していた。猛毒があるそうだ。

P4280056

急斜面を九十九折に登る。大本参拝団の皆さんが息を切らせながら登っている。

P4280058

登山口からの距離が書かれた石標が進捗を教えてくれる。

P4280069

「イカリソウ」

P4280074

「フデリンドウ」

P4280075

【10:32】尾根道に入り進むと山頂へと「改心の道」の分岐に着き、山頂へ向かう。

P4280080

【10:35】スタートから1時間5分ほど分岐からグルっと回り込むように山頂に到着する。山頂には「金峰神社」が建ち、多くの信者で賑わっている。

「金峰神社」は7世紀後半に役行者が修行し、行基が奥の院として開基したそうだ。

P4280085

「弥仙山(みせんさん)」は標高664m、「関西百名山」にも選定されている。

今日4月28日は開祖ゆかりの日でこれから神事が始まりそうだ。記念写真を撮って早々に後にする。

P4280087

【10:50】分岐に戻り、「君尾山」に続く修行の道「改心の道」へ右折する。

P4280094

P4280101

新緑が美しい自然林の中を程よいアップダウンを繰り返しながら「改心の道」を進む。日射しが無く寒い!

P4280103

【11:16】四等三角点「於与岐町」のあるP576.4に着き、少し早いが昼食とする。

P4280107

昼食後は毎度楽しみなM子さんお手製の美味しいケーキをいただく。

P4280109

【11:55】40分ほど休み、スタートすると日が射してきた。太陽は新緑の美しさを一層引き立たせてくれる。

P4280117

【12:14】「改心の道」と登山口に戻るルートの分岐に到着一休みし、もう少し「改心の道」を進むことにする。

P4280119

しばらく進むと、突然我がチームの植物博士Uさんが立ち止まる。「コシアブラ」と言い、上質の山菜で天ぷらやサラダに最適だとか?良い香りがする。

P4280125

良く整備されたコースだがさすがに分岐を越えて歩く人は少ないようだ。倒木が進路を遮る。

P4280129

【12:41】次の目的地「元権現跡展望所」に到着した。バックの樹木越しに「弥仙山」の鋭鋒が見える。

Dsc07048

このコース、唯一難点を言うと眺望が良くない事だが、ここからは間近に「長老ヶ岳」を見る事ができた。

_190429_0009_0

「長老ヶ岳」をバックに記念の一枚。

P4280138

【13:12】展望所からは来た道を引き返し、周回コース分岐から下山路へ進む。

P4280148

新緑の中、快調に下山する。

P4280159

【13:27】林道に出る。

P4280202

いつもは猛スピードで駆け抜ける単調な林道歩きだがこの道はたくさんの山野草が花を咲かせていてじっくり楽しみながら歩を進める事ができた。

P4280168

「ヤマルリソウ」

P4280175

「タチツボスミレ」

P4280180

「ヤエミヤマキンポウゲ」

P4280186

「ヤマブキ」

P4280197

「ムラサキケマン」

P4280204

「キランソウ」

P4280212

「キジムシロ」

P4280209

ゴール間近で林道が崩落していた!慎重に迂回し進む。

P4280215

【13:58】出発点の登山口駐車場に到着する。

コースタイムは4時間10分ほどだが、休憩し、お弁当食べ、花を見て4時間半で戻って来た。スタートは30分遅れたがゴールは計画よりちょうど1時間早い!健脚揃いの素晴らしいメンバーです。

P4280220

帰り道「京綾部みやび温泉 大家族の湯」に立ち寄り汗を流して帰路についた。

設備も揃い、清潔感のある良い日帰り温泉だが5月20日で閉館だとか!?もったいない!!

_c__users_keime_appdata_local_packages_m_7  

今日のコースは

於与岐登山口→於成神社→弥仙山(金峰神社)→P576.4→周回コース分岐→元権現跡展望所→周回コース分岐→林道→於与岐登山口

活動距離 8.1km、高低差 456m

新緑や花々も美しく、史跡も多く、危険個所も無く整備も行き届く良いコースだ。展望がイマイチな事が残念だ。これで「関西百名山」もちょうど50座となり、折り返しとなったが遠隔地が多く残り、まだまだ大変だなぁ!?

寒さに震えながら「日名倉山ハイク」

P4270623

「ふるさと兵庫100山」達成まで残り7座となり、早く達成してしまいたいとゴールデンウィーク初日、天気はイマイチだがピークハントで最短コースを歩くには問題ないだろう!?と94座目「日名倉山(ひなくらさん)」に向かった。

中国道を佐用JCTから鳥取道に入り、大原ICから国道429号線を走り、志引峠の手前を右折し、1時間半ほどで「ベルヒール自然公園」に到着する。分かりやすい、走りやすい道だ。

P4270622

【9:05】岡山県美作市側「ベルヒール自然公園」駐車場に着き、出発準備を整えていると突然暗くなり、雲行きが怪しくなってきた。

P4270628

視界はゼロ!突然の吹雪になり、車内で待機する事にする。

P4270626

車の車外温度は4℃を示している。寒いはずだ。出発前に放り込んだダウンを羽織り待機する。

P4270632

【9:25】雪も止んだので出発!日本一と言われる大きな鐘がある凱旋門に似た鐘楼に向かう。

Screenshot_20190427192515-1

今日のコースは最短コース

ベルヒール自然公園→日名倉山 を往復

活動距離 2.1km、高低差 204m

P4270648

良く整備された階段を登る。

P4270641

雪にまみれてスミレが咲いている。寒そう!

P4270660

程よい勾配の歩道が続くが足元に注意して進む。

Dsc07017

【9:50】25分ほどあっという間に標高1047.4m「日名倉山」山頂に到着する。

「関西百名山」「ふるさと兵庫100山」「宍粟50名山」に選定されている山で兵庫県宍粟市、佐用町、岡山県美作市にまたがり一等三角点もあり、3つのピークがあることから「三の丸」とも呼ばれているそうだ。

Dsc07016

傍らには小さな祠が祀られている。

Dsc07013

着いた時は深いガスの中だったが霧が晴れてきた。山頂からは素晴らしい展望が広がり北東側には三室山など兵庫県の名だたる山々を見る事ができる。

Dsc07018

南側は木々が育ち、眺望を邪魔しているのは残念だ。

Dsc07009

馬酔木が満開だ。

Dsc07027

山頂は寒く長居は無用!早々に下山していくとベルヒール公園の向こうに後山の集落が良く見える。

Dsc07028

【10:19】スタートから1時間足らずで駐車場に到着する。

Dsc07031

駐車場からは正面に後山が見えるのだが山頂周辺を覆う雲が晴れない。

新緑とヤマザクラの明るいコントラストが美しい。

ピークハントに徹して悪天の中、最短コースを登ったがやはり満足感は無い。好天の中、麓から登らないとダメですね。とりあえず94座目を踏破し、続いて95座目「空山」に向かう。

山野草を観察しながら「野坂岳ハイク」

P4170565

いつもの山仲間5人で福井県敦賀市の「野坂岳」に登った。「関西百名山」にも選定され、「敦賀三山」の一つで古くから地域で親しまれ、ブナ林や山頂からの展望が魅力の山だ。ちょうど山野草が花を付け、大いに楽しませてくれた。

P4170559

【9:25】三田を7時10分に出発し、舞鶴道「若狭美浜IC」を出て一般道を走り、「野坂いこいの森」キャンプ場の駐車場に車を置く。時間は2時間15分ほどだがほとんど高速道で心地よいドライブだ。桜は残念ながら少し遅く葉桜になりかけていた。

出発準備を整える。

P4170569

【9:42】登山口はキャンプ場のすぐ横だ。

P4170584

場内には「イカリソウ」が群生し、満開だ。

P4170573

スタート早々に山野草に詳しいメンバーが変わった花を見つけた。「ヒメカンアオイ」と言うそうだ。

P4170576

まずは遊歩道のゆるやかな上り坂を進む。

P4170590

「ミヤマカタバミ」が群生し、満開だ。

P4170594

沢沿いに何度か渡渉を繰り返し進む。

P4170605

沢沿いのコースも良く整備され、歩きやすい。

P4170597

「ニリンソウ」を見つけた。

P4170603

「エンゴサク」の可愛い花が疲れを癒してくれる。

P4170622

【10:16】「トチノキ地蔵」に到着。

P4170617

沢を渡渉し、階段を登り、ルートは沢と別れ斜面を九十九折に登る。

P4170624

「ミヤマカタバミ」の群生が続くが、先ほどより花びらが尖がっているようだ。

P4170626

振り返ると「敦賀湾」や「敦賀」の町が美しい。

P4170638

【10:36】残り2kmポイントを通過する。

P4170640

歩きやすい道が続く。

P4170655

【10:49】「行者岩」分岐に到着し。「行者岩」に向かう。

P4170663

【10:52】難路を登り、行者岩の上に立つと敦賀の町が眼下に広がる。

P4170668

コースに戻り、山頂を目指すと「エンレイソウ」を見つけた。

P4170675

【11:10】尾根筋に出て「一の岳」に到着する。

P4170679

「イワウチワ」が登場!

P4170687

快適な尾根歩きのスタートです。

P4170691

尾根筋は風強く、積雪も多いのであろう!?杉も根元で大きく曲がっている。

P4170706

【11:34】続いて「二の岳」を通過する。

P4170711

ブナの原生林の中を進む。

P4170718

自然が作った花瓶か?「ショウジョウバカマ」が可憐に咲く。

P4170721

【11:47】「三の岳」を通過すれば山頂は近い。

P4170730

「カタクリ」の保護地か?ロープが張ってある。

P4170725

楽しみにしていた「カタクリ」だが、まだ蕾だった。

P4170734

最後の上りに差し掛かる。

P4170737

山頂手前の避難小屋前を通過する。

Dsc06791

【11:55】スタートから2時間13分で標高914m「野坂岳」山頂に到着する。一等三角点がある。

Dsc06799

山頂は広場になっていて遮るものは無い。360度の展望が広がる、

Dsc06794  

今日の天候は曇り時々晴れだが黄砂の影響か?空は霞んでいて展望は残念ながら良くない!北側の敦賀湾、敦賀半島、敦賀市街地を望む。

_190418_0021

山頂は風強く寒い!昼食は避難小屋で取る事にして急いで記念写真をパチリ!

P4170748

山頂手前の避難小屋で昼食を食べ、毎度お愉しみのデザートをいただく。小屋内には権現社が祀られている。

P4170753

【12:45】山頂周辺で50分ほど休み、来た道を下山スタートする。

P4170757

ブナ林の中を快調に下る。

P4170766

快調に下って行くと「行者岩」の上に小屋で会った女性二人組が!

P4170771

満開のヤマザクラまで下りてくると登山口は近い。曇ってきたが心配した天気は持ちそうだ。

P4170773

【13:39】上り2時間13分かかった道を僅か54分で下山!高低差714m何んと言う健脚揃いか!?休憩時間も入れてスタートからちょうど4時間ほどでゴールだ。

P4170782

帰り道、振り返ると「野坂岳」の雄大な山容を見る事ができる。

P4170780

時間も早いので「越前蕎麦」をいただく事にして「千成そば」 に立ち寄り、「辛味大根おろしそば」をいただく。しかし期待したほど辛味無し!

P4170784

なかなか来れない場所なので若狭町「みかた温泉 きららの湯」で汗を流し、帰路につく。 

良く整備されたコースで危険個所も無く、迷う心配も無い。冬場は雪深くお勧めできないが、その他シーズンは山野草、ブナの新緑・紅葉と自然いっぱいの見どころ多く、また360度の展望も大きな魅力だ。誰もが楽しめる良いコースだ。

Screenshot_20190418052900-1

今日のコースは

野坂いこいの森登山口→行者岩→一の岳→二の岳→三の岳→野坂岳

同じルートを往復 活動距離 約6km、高低差 714m

最近のトラックバック